月の大きさ size of the moon

今日の月

今日は満月なので、月を撮りにいくべく張り切ってみた。カメラを覗いている瞬間がとても好きだ。

当初予定していた山はやめて海へ。ノスタルジックなPCH/サンセットの交差点。

そういえば、その昔、月を撮った写真を昔ウエブにのっけたら、
「カリフォルニアの月って、小さいんですね」といわれた事がある。

5年くらい前、ウチへ来たエンジニアの人に「満月が上るときはとても大きくて、てっぺんへいったら小さくなるのは何故だろう」と聞いて、妙にウケたらしく、息を吸いながら笑って「雅代さん、それマジで言ってます?」と言われた。

本当は月と二次元的に横並びに対比するものとの関係によって大きさが変わる。
目の前の樹の間から月を見れば、月は木の葉より小さく、
遠くに浮かぶビルの影から出て来る月をみれば、月はビルよりも大きい。

本当は月の大きさが変わってはイケナイのだ。
そんなモン,変わっちゃったら、地球へエライ影響を及ぼされるのだ。
だけど、どう考えたってハーベストムーンとかブルームーンは大きく見える。とくに、出たばっかりの月はやたら大きいし。

今日は大きな月が撮れたよ。10分遅れだったけど。

これだと月が大きく見えます。来月の満月は、もっとドラマチックに撮りたいなあ。

のぼる月

==========
today, I took moon pics. love the moment of looking through the finder. too late for the mountain, so I went to the ocean, Sunset / PCH. sentimental energy spot. : )

Long time ago, I put some pics of moon, and somebody said “California moon is so tiny…”
the other time, the engineer guy was so surprised about my saying “Why the moon in the top of the sky is so small ? even when raising time was so big ?”
he was laughing, hardly breath and asked me “it’s kidding right ?”

the moon looks different size by the contrast.
through the tree in front of you, moon is smaller than the leaves.
but if moon was raising against the downtown building, it was huge.
just difference of the contrast. I learned. : )

size of the moon should not be changed. if changed, this planet will be effected so bad.
however, blue moon or harvest moon look bigger to me.

today, I took “big moon” pic. this was 10 min late though, looks pretty big eh?
next full moon, I want to take more dramatic moon.

マンダラの静寂ワークショップ Mandara Silent Retreat

週末、土日の二日間のサイレント・リトリートに参加した。
マンダラ・アーティストの鯉沼香帆さん(アメリカ育ち)のワークショップ。

以前から友人知人がこぞって彼女のWSに出て「奇麗でしょ〜、私が描いたのよ」というのを横目で見ているあまのじゃくな自分がいたが、今回はちょっとやってみることにした。
二日間、必要最低限しか話さない。
家に戻るが、家でも家族との会話はナシにして、パソコン、テレビもナシ、基本的にアイコンタクトもなし。とにかく、自分に向き合う事。
それじゃ家へ帰ってヒマかなー、と思うけれど、いやいや、宿題があるのでヒマでもない。根を詰めるので、疲れてすぐ眠くなるし。

瞑想、チャンティング、描画、質疑応答、瞑想、チャンティング、描画。
ストイックに自分を見つめる。

時々、ふっ、とマンダラが見える時がある。どこからそれがくるのかはわからないけれども、完全な静寂(思考のない、という意味)にどうやらそれらがやってくるようだ。

うーむ、おもしろかった。

しかし、香帆さんご本人がとても素敵な方。
彼女は祈り人。こころで絵を描く人。

お近くでWSがあったら、是非、受けてみる事をおすすめする。
http://www.kahokoinuma.com/SacredMandalas/JPEvents.html

==========
Kaho Koinuma (Japanese, raised in NY), she is a Mandara Artist. She was invited to some Event by Dr, Emoto who is famous person by the movie “what the blieap Do I know”.
she is drawing Mandra from her heart. she is a prayer. meditation is a part of her life. so, during this silent retreat, avoiding every INPUT as much as possible like PC, TV, chattering, even eye contact. silent means “no mind noise”.

at the retreat, we did meditation, chanting, drawing, and meditation, chanting, drawing,
looking at myself. what do I really want? what I don’t want?
I are looking for deeper and deeper.

when I totally got to the silent moment from the mind noise, suddenly some mandara image come up from somewhere. then, I draw that.

wow, it was really exciting.

if you are interested in, she open her event (or WS) like this retreat,
strongly recommended. she is totally bilingual.
http://www.kahokoinuma.com/SacredMandalas/Events.html

お掃除瞑想 Cleaning medtitation

単純な作業に集中しているときは思考がストップする。
実は考えている時というのは、妙に手がとまっているハズ。
身体を動かし、目を動かし、自分の身体と密かな音をからめながら(たとえば小さくハミングするとか、いわゆるヨガで言うウージャイ呼吸のように息の音を聞くとか、ほうきの音に集中するとか)動くと、不必要な思考は比較的止まりやすい。騙されたと思ってやってみて。

それらにあてはまるものは、ヨガだったり、いろは呼吸書法だったり、ジョギングやハイキングだったり、スキーだったり。。。

でも、掃除も同じ事だ。

今日は掃除と洗濯を4時間した。(ってか4時間もしないと片付かない家ってどうよ?)
まあ、クローゼットの中をひっくり返して掃除したのでそういう事になったのだけども。

思考が適当にとまると誰かが私に「ほら、今!そっちが先!」とか指図するような「気がする」。それは何故かわからないけれども、私は「心のオッサン」と呼んでいる。

そういや禅宗の坊さんは必ず掃除してる。あのときやっぱり瞑想状態なのだろうか?坊さんの頭の中でもオッサンが指図するのだろうか?

オッサンは「肋骨痛いのはクローゼットの埃をとれ!」とか言うわけで(笑)
はいはい、といいながらクローゼットを掃除したのだった。

こころなしか肋骨の痛みは消え、風邪はすでにどこかへ去りつつあり、片づけの練習をし、しかも瞑想になった。

すごくない?

============

The simple activity stop my mind.

if you use your body, eyes, and fill yourbody with some sounds from yourself (ex: humming / Uujayi breathing of Yoga or something like that ) and concentrate on that sound, it’s easy to stop your unnecessary thinking. try it!

it’s exacty Yoga, or IROHA Callygraphy bleathing meditation, Hiking, Skying statement… everything is a kind of meditation.
but more simple meditation is, the cleaning (with small humming).

today, I did it 4 hours. I did deep cleaning inside of the closet.

when my mind was stopped, I FEEL somebody says in my head “here! yo gatta this first!”. it’s not my idea. so, I call it “tiny old man in my consciousness”

Zen buddist monk is cleaning a lot. I am wondering if they feel same way? is there “tiny old man” in their consciousness and direct them?

today, my “tiny old man” said:
“Why don’t you clean up your closet for your ribcage pain?”
I answered “Yes sir!” and cleaned it. lol

I feel great now. my pain & flue are totally gone.
it was great practice of mending which I am not good at, and meditation at the same time.

isn’t it great ?

在米日本人の日本語 Language problem

アメリカかぶれの人の日本語はとてもハナについた。
郷ひ○みが「ジャペァ〜〜ン!」というのも奇妙で笑えた。
ルー大柴が英語を交えて話すのも「おもしろいよね」と笑えるようになるまでには嫌みでキザに聞こえた。そしてそんな人を批判していた。

こちらに住んで50年になる、養老院にすむおばあちゃん達はいまだに1セントの事を1銭(うまいっ!)と呼び、1ドルを1円と言ったりするのに驚いた事もある。

ところが。。。
最近は日本語の単語が上手く出て来ない時には、英語まじりのルー状態になっている。
ついに私もそうなってきたのか!!いかんいかん、日本語で話すように訓練しなきゃ!

________
上の文章を現在コチラで簡単に話しているように変換すると。。。

アメリカナイズされた人のジャパニーズはとてもアノイングだと思ってた。
ヒロミ・ゴーが「ジャペァ〜〜ン!」というのもウィアードで笑えた。
ルー大柴が英語をミックスして話すのも「シリー」と笑えるようになるまでにはサーカズムに聞こえた。そしてそんな人をジャッジしていた。

こちらに住んで50年になる、ナーシングホームにすむグランマ達はいまだに1セントの事を1銭(ワオ!)と呼び、1ドルを1円と言ったりするのってサプライジング!。

ところが。。。
最近は日本語のボキャが上手くカミングアップしてこない時には、英語とミックスで、カインドオブ ”ルー”になっている。
ついに私もそうなってきたのか!!ノーノーノ、日本語で話すようにディシップリンしなきゃ!
________

友達の子供は
「マミー、昨日のトレイニングでソアーになっちゃって、足がすっごくスエリングなの。今日はちょっとレストしたいよー。スクール行かなくても、ノープロブレムでしょ?(訳:母ちゃん、昨日の練習で筋肉痛。足腫れてるし。今日は休みたい。学校行かなくても大丈夫でしょ?)」と言うそうです。

それを変だと感じなくなったワタシもヤバい?

はい、気をつけまーーっす!

==========
When I was in Japan, I hated the people who speak mix language. I felt they shows themselves bigger like “I know the world”, smarter, and sarcasm. I was really judgmental about that.

now I am living in LA over 12 years, even my English is not so improved though, my Japanese is getting broken.
a lot of Japanese people who lives in U.S has a kind of same problem.

however, here I am! I am the one who speaks mixed language!!

I don’t know how to explain in English but …
oh! I have a good idea. I ll use fake Spanish instead of Japanese!

“Yo tengo SORE e PAIN, por que TRAINING. mi LEG esto SWELLING. necessito DAY OFF manyana. no vamos SCHOOL, No ploblema, IS’T IT ?”

or something like that.
I have to use my English brain and Japanese brain separately.
ha ha ha.

体が痛い時はエックハルト・トール:Body Aching ~ E.Tolle

先週は割とハイパーに動いていたので、体温が高く、寒いと感じる事もなく過ごした。そういう後の波というか、ぐったり倒れるクセがある。自分で作っているクセである事は間違いない。

一昨日は肝臓がシクシクしたかと思ったら、右の肋骨が痛くなり、肝臓がヤバかったらイヤだな、と思いっていたら、ゆっこ氏に「こんにゃくを煮て、タオルでくるんで肝臓の上にのっける!こんにゃく湿布のアッチッチがいいんだよ」とアドバイスをもらった。
こんにゃく湿布のついでに、マクロビ御用達のキャベツ湿布というのもある。熱があるとき、乳腺が張るとき、どこかが腫れたときには、おそろしく効くのだそうだ。キャベツのいいのは完全に冷やすのではなく、キャベツが毒素をとるのだそうで、寒くならず、的確に熱をとるのだとか。

体温をはかってみたら通常より低く、身体は寒い。が、芯が熱を持っている事はよーくわかっているので、やってみる事にした。

世にもマヌケな姿のダブルパンチ。
肝臓にこんにゃく、おでこにキャベツの、とても人様には見せられない格好で「ああ〜〜、なんだかシアワセ♪」と ぽわ〜〜〜ん、とした顔で笑っている自分。

さて、肝臓かな、と思っていたら、昨日からは肋骨どころか背中全体とか、足とか、体中の節々が痛くなったので、ヒーラーの友達に電話をかけてみたところ
「今、そのタイプの風邪が流行ってるんですよ、気をつけてくださいね」との事。

私は自分が休みたかったので風邪をひきよせた。
で、休みをひきよせたくせに、達成感のなさを嘆いていたワケだ。
・・・笑える。

前出のゆっこ氏。http://yukiko.vastill.com/ がんばって訳している。まわりまくっている。
オプラとエックハルト・トールの長モノウエブクラスを訳してる。139カ国以上に放映されたらしいが、日本が入ってなかった(笑)という事で日本語初公開。

オプラに「なんてクリアなメッセージ!」と言わしめた、そのビデオの中で響いた言葉を抜粋。

「それは ”思考という雑音” のない ”内なる静寂” に繋がった所から産まれてきました」
「私が本を書こうとしたのではなく”書いてもらいたがっている本があった”のです」
「(私が)何を望んでいるか?より、”人生が私に何を望んでいるか?”」

すごいわーーー。エックハルト・トール。
会いたいー。

この瞬間を生きる。
瞬間瞬間は身体の痛みもない。見ている時は特にそう!

よし、身体の痛みを感じたら、その時に身体に聞いてみよう。
それが、せっかく痛みを持って来てくれたんだからソレを利用して、と思いつつ

ちくしょーーー、いてーーーーー!(笑)

========
that was pretty manic week. I was hyper. body temperature was warm too! and this week, I am a kind of down like sick. this cycle is my bad habit.

the day before, I felt pain with my Liver, and my friend Yukiko said “put the KONNYAKU plaster!” which is Japanese food like Jero made by Yam potato starch. heat the KONYAKU cake in the boiling water, and wipe and wrap by the towel and put on my Liver. felt happy even it was really stink!

next morning, I felt aching all over my body, almost squeaking! I call my healer friend, and she said
“Oh, don’t worry, it shoud be the flue a lot of people got it this time”

I felt I had little fever. and I ve heard about Cabbage plaster which is very famous in the Macrobiotic industry. according to them, Ice or Ice pad is too much to cool down, but Cabbage, this great vegetable is just take the unnecessary heat out from your body especially good for swelling body parts or swelling for the breast feeding time. (hope my breast swell little bit)

I was lay down with KONNNYAKU plaster, and cabbage on my head, and my husband saw me and laughing a lot.
hey, this is holistic medication men!!

I pulled the rest forward to me. I always do. make myself sick and rest.
however I was struggled “I could not do anything these 1, 2 days!!”
such a funny story!

Yukiko, who recommended me KONNYAKU plaster, she translated “Eckhart Tolle with Opra” in Japanese.
this is great. English sound with Japanese sub

most impressive word from this video,
“it comes from the stillness with no mental noise”
“this is the book that wanted to be born rather than me wanted to write the book, there was a book that wanted to be written”
“New age ask the question WHAT DO YOU WANT? but more powerful question is WHAT THE LIFE WANTS ME TO DO?”
might be mishearing, check it out this video. really cool.

Living in the moment. actually I didn’t have any pain during watching this video. because so much into it.

however the aching coming back, I would love to ask my body what is the connection of this pain and my habit or emotion. why not take advantage of my pain.
I would accept and release.

but to tell the true, “OUCH!!! GO AWAY PLEEEEEASE!!”

見るもの皆、鏡

素晴らしい事も嫌な事も、そう感じるのは自分の心の状況。
「ただ、事が起こっただけ」

小林正観さん、もしくは(英語で言うところのand / or)斉藤一人さんは言いました。

「もし、ほっぺたをひっぱたかれたとするでしょ?で、普通怒るでしょ?でも、ほっぺたをひっぱたかれるたびに100万円もらえるとしたらどうですか? 笑いませんか?」

だから幸せも不幸せも、究極的には心の状況。

ヨガのブライアンも言う。
「ヨガでめっちゃくちゃ疲れてトクになる事は何だか知ってるか? それはヨガの後、もし道で誰かに当たられたとしても、疲れすぎてるから ”That’scool…:ふ〜ん(ま、別にいいけどね)”って思える事だ。世の中、この”ふ〜〜ん”で行けたら楽勝なんだ」
若干バラモン教チックなマゾ気味ではあるけれども、まあ言えていると思う。

ようは物事は「ただ起こる」。そこに善悪はない。善悪や喜怒哀楽をつけちゃうのは人間の心や感情。そしてそれをつけるのに絶対的な色はなく、感情が織りなす色や模様は、その時々の自分自身の鏡であると思う。そう考えると、全ては自分の責任。

「いや、うちの主人がね、こういうモンだから」というのは自分がそういう事実にフォーカスしてるって事だ。ちなみにそういう人たちが大ッキライだ、と思う事実も、自分の中にその要素があるからだ。まさに鏡。
実際のところ、主人が、子供が、世間がどういったって自分がやりたきゃヤレばいいんだ。やれていない自分に言い聞かせている。

とにかく、全ての現象は自分の鏡。よくもわるくも。歪んで見えても痩せて見えても。鏡。
ないものは映さない。
すべて自分へのサイン。

でも、振り返る必要はナイと思う。
そういう事を手放しちゃえばいいんだ。

=======
The Happiness or Sadness, everything is just your mirror.
the matter of fact, “it’s just happened”

Japanese one of the spiritual leader Seikan KOBAYSHI and Hitori SAITO said
“if somebody slap your face, you must get angry. but if somebody said “hey, how about I ll pay you $10,000 per slap ?” I think you would smiling for every slaps”.

so, happniness or sadness is just your stuation of mentality.

my Yoga teacher Bryan Kest said
“do you know the biggest benefit of Yoga ? after this hard class, if sombody hit you, you might think “that’s cool” you know ? this is amazing mental condition. if you can live like “that’s cool” for everything, your life is amazing, isn’t it ?”

anyway, things are just happened.
thing itself does not have good or bad, happy or sad, right or wrong.
just happend. but we always coloring.
it means, everything is just MY mirror. it means happiness or sadness and more, everything is under MY responsibility.

“you know waht ? because my husband says bra bra bra”
I hate those excuse. I always answer “how about you?”
but to tell the true, I did same kind of excuse and I react because I have same habit.

everything is mirror.

but I don’t think we have to regret about that.
everything, let go. and surrender!
this would be my mirror.

チャクラを科学するリチャード先生のセッション

<a href="“>チャクラを科学するリチャード博士、ウチにフラワーリーディングのセッションもしに来て下さった博士ですが、今回、日本、初上陸です。

親友の由紀子ちゃんがプランニングし、スピ系御用達雑誌トリニティさんが援護に回って下さいました。間接的に繋いでくれたイルちゃん、サンちゃんのおかげです。ありがとう。

リチャード先生、かなり好きです。
まず、アヤシくなく知的。
そのハートが暖かく地についていて、尊敬できる方。左脳の人に説明できる理論性にもかかわらずシンプル。この方のエネルギーは男性もホっとすると思う。

以下、由紀子ちゃんからのコピペですが、興味がおありになる場合、連絡いただければ由紀子ちゃんにフォワードいたします。 もしくは、この日記の右側リンクの「由紀子ちゃん」
http://yukiko.vastill.com/
こちらから彼女にリーチして下さいね。

==================

☆リチャード・ジェルシッチ博士〜個人セッション☆
3月も半ばになり、リチャード博士の初来日も近づいてきました。

関西方面在住の方には是非、大阪癒しフェアでのワークショップに参加していただけたら嬉しく思っています。

3/27, 28 (土、日)

会場: ATCホール(アジア太平洋トレードセンター)

〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10

27日(土)は 12:00〜13:30   28日(日)は 15:00〜17:00 にワークショップを開催します。

もちろん、個人セッション(29日30日)も予約受付中ですので、直接Trinityへ または 私へでも構いませんのでご連絡ください。

関東在住の方は

4/1〜5 の5日間、個人セッションを受け付けています。

場所:ヒーリングサロンマザー http://www.h-mother.co.jp/
東京都千代田区平河町2-16-5 クレール平河町3F
0120-011-055/携帯電話から 03-5212-5580
東京メトロ半蔵門線・南北線・有楽町線永田町駅から徒歩3分

それから、待望のFlower Readingsですが、4/4(日) 18:00〜21:00 開催します。

場所:テイク・イット・イージー2号店 エスパス・ドゥ店
新宿区早稲田鶴巻町506 エスパス・ドゥ3階
03-3202-7889
東京メトロ東西線早稲田駅から徒歩3分
http://www.takeit-easy.net/es/index.html
料金:5,000円/12名限定。参加者は花を1本持参

となっています。こちらもお早めにご予約の方をお願いします。定員が12名限定なのです。

ではでは!

life changing reading! 人生を好展開させるリーディングをお見逃しのないように〜☆☆☆

by yukiko

ディクシャ・ギバーになったワシ I am a Deeksha giver

それは突然やってくる。自分の癖をひきつれてやってくる。
それ、とはディクシャのワークショップであり、自分の癖とは、忙しい時に物を詰め込む癖である。

最も忙しい週末だったはずの13、14日。
数日前に友人から電話がかかってきて「人が集まりすぎてワークショップの会場を変更しなくちゃならないの。雅代んち、貸して!」と。
うちは写真を撮るためのリビングが広いのでとりあえず詰めれば入れる。が、土日、私は仕事だし、とクライアントに連絡をつけてみたら、なんとズラしてもいいと言うではないか。
こういう時ってそういうサインがあるのだ。それはヤレ、というサインなのだ。

で、やった。

さて、インドのカルキ・バカバン師がはじめたエネルギー伝授(ワンネスの喜びのエネルギー)”ディクシャ”との出会いは、4〜5年前。初めて受けたときは体中がジリジリして、暗い場所だったのに眩しかった。
一緒に行ったまゆちゃんは「またワケわらかないモノを探して来て。。。まさよさん、そんなん効くんですか?」と言っていたクセに「やば、アタシ、何で泣いてんの?」といいながら滝のような涙と鼻水を流していた。

そんなこんなでディクシャを受けるのは大好きだった。が、インドに21日間行かないとギバー(与える人)になれないと聞いていたので選択肢はとおの昔に消えていたのだが、人の意識が上がって来た昨今、2012年に向けても、21日とか言うてる場合やナイ、と、一般に大量にギバーを作って、よりよい地球にしましょう、ってコトらしい。

まったく別なルートで別の友人がディクシャにハマり、ギバーさんになるワークショップをオーガナイズしたのだった。
先生は全米のトップギバーであるゲイルさん。

まるまる二日、内観をして、マントラを唱えて、スピのみに時間を費やした(夜は仕事の残りをしなくてはならなかったけれども、ハリウッドへ飛ばす車の中も、ディクシャの曲を聞いていた)
結果、この、荒井注なワタクシは、晴れてディクシャ・ギバーとなったのであった。

いやー、パワフルだわ。
離れの二階にいたトムが
「おい、10時01分。いったい何がはじまったんだ?」と聞いた。
それは第一回のディクシャがきっかり始まった時間だった。

「最初、ラリってんのかと思ったら、その後、地平線が見えたんだ」と。
あはははは、バイブレーションをキャッチしてやんの〜。
それまでは、実は「またオマエはアヤシイものを」と言っていたのだが、それ以降、とても協力してくれたのだった。

そうそう、ディクシャに使っている音楽「Sacret Chant of Shiva」大好きなアルバムなのだが、これ、ラビ・シャンカール(ガイヤシンフォニー6に出演)だったのねえ〜〜〜!4年も聞き続けながら知らなかった。

=============

Accidentally, I hosted “Oneness Blessing DEEKSHA” work shop to becoming a giver. it was really busy week though, my client let me move the schedule it means “go for it”.

I ve got the DEEKSHA 4 – 5 years ago, and loved it. it was night time with candle light I remember it was sooooo bright and could not open my eyes. my friend Mayu, she asked in the beginning “Does it really work ?” and at the end “How come I am crying so much!!”.
at that time, however I loved it, to be a Deeksha giver, it took 21 days in India only. and cost so much. but these days, for preparing 2012, Mr Bhagavan allow to make a tons of giver in brief time WS and initiation. so I hosted.

whole 2 days, seeing inside of myself, meditation, meditation, mditation with 20 people. and I kind of realized everything is MYSELF. that I knew already in my head but this time in my HEART.

so, now I am officially, Deeksha Giver!!

I realized that my favorite album “Sacred Chant of Shiva” which is official album for Deeksha, it was made by Ravi Shanckar who is on the documentary movie “Gaia Symphony”. I didn’t know even I ve listening that album for over 4 years!

by the way, my husband didn’t join this, but he was upstair and said
“what did you guys do exactly at 10:01 ? I felt very stoned and saw the holizon for a long time”
it was our first Deeksha time.

無邪気

私は時々左脳を無理矢理働かせて、カシコそうに振る舞ったりする。私のエゴは、「私はちょっと違うのよ」とか「アタシ、エライでしょ、ステキでしょ」と、他との対比の中で特化する、選民意識を働かせるクセがなかなか抜けない。それはワンネスからかけ離れている事らしい。

人は地球の細胞の一つとして生まれ、人との対比の中で、いかに特化した細胞になろうと(離れる)努力をして、人と違う事を喜び、年をとるごとにワンネスに戻りソレを喜ぶ。最近そんな気がしている。

ま、実のところ、そんな事も、もうどうだっていい。どうせ私はカシコぶっているだけなのだ。

さて本題。
日本人スピ界では知る人ぞ知る”影のドン”(笑)I代さん。日本のスピ本を手がけるY川ご夫妻を始め、I市さん、E本さんなどをはじめ、有名な方がアメリカに来る事になると彼女に相談される。昨今では四分の一の奇跡の上映をシャスタ市長とかけあったり、ガイヤシンフォニーのミュージシャンのアメリカ奉納のご縁をつないだり。。。曼荼羅アーティスト、Kさんのお母様でもある。
また国際的な直観医療の第一人者、キャロラインメイス氏などとも一緒に旅行へ行ったりしておられる。とにかく、スピ界に偉大なるご縁がある方。

I代さんは天然。無邪気とはこのような事を言うのだ。周りから見た評価を気にする事なく、自分自身の世界を泳ぐ方。
とらわれがないから羽根のように軽い。
年長ながら童女のよう。

先日、うちに来られた時、迷って迷って1時間以上遅れた。夕方から用事があるのでちょっとしか居られない、と謝られた。
私はみちくん達と満月ハイキングへ行くはずだったので、残念ですね、と言うと
「あら、満月!本当は7時から用事があったんですが、こちらを優先させます!ブルームーンの満月ですもの、こちらの方が大事でしょ?」
 ーー決心、はやっ!(笑)

見晴し台から見える月の出はすごい。
「うっわーー、うっわーーー、すごいわーーーー、すごいわぁーーーー。キレイー!遅れてこなかったら6時に帰ってたわぁ〜。やっぱり、遅れてよかったわぁ〜。全てに意味があるのねえ」
 ーーポジティブシンキングー!(笑)

「まあっ!こんな美しい場所があるのね!電話電話。もしもし、あ、お母さんだけど、今、月見てる?あら、そこから見えないの?どうして?」
 ーーどうして、って。。。(笑)

「私、カメラがこわれてるから、ほら、あの大きな月!撮って!撮って!、ほら、こっちも、撮って!撮って!ほら、ここからも撮って、撮って!」
 ーーアングルにうるさいI代さんであった。

「あら見て!たまゆらが映ってる!たまゆらよ、キレイー!今度、どんなカメラを買えばいいかしら?いいカメラはたまゆらが写らないんですってね」
「そうです。写真的には本来たまゆらやレンズフレアはNGなので、いいカメラはリダクション(防止機能)がついてるから、写りにくいと思いますよ」
「そうなんですってねえ、でも、そんなの困るわぁ~、たまゆらが写る機種はドレかしら?」
 ーーたまゆらが写る機種って。。。(苦笑)友人が「たまゆらが写ります!カメラ」をどこかのメーカーから販売すればスピ系に売れるといっていた。

「ここ、昔ネイティブ・インディアンが住んでましたねえ。セレモニーをしてた場所よ。エネルギーがすごいわぁ」
ー「え?I代さん、見えるんですか?」
「あら、見えないわよー」

うまく解釈したり、頭で考える事を優先していて忘れてた。無邪気でいいんだ。
無邪気に楽しむという事を教えていただいた。
いや、教わるというより、伝染。
無邪気さは伝染。サイコー!イエ〜〜〜イ!

=======
I sometimes try to show myself much more cleaver or something special. that is getting far from “ONENESS”. people born from oneness, and getting to be a special, and going back to oneness, that could be aging, could be awaking.

Mrs. K, she has 3 grand children. she has strong relationship with whom world wide famous spritual people like Dr. EMOTO or Dr.Caroline Myss. actually a lot of Japanese spritual people asked her to help when they come to U.S.
she is totally far from ego, and she is very innocent and has precious heart.

she said
“I had appointment from 7 pm but I canceled it. because Moon rise is priority”
“Look! on my picture, there are some AUBE! so beautiful!!. I want to get new camera, but good camera doesn’t catch AUBE, is it true ? which model can get AUBE ?”
and all the time she scream like Japanese school girl.

we went to hiking together. she says so many cute things. it was so funny.
I realized “logic or cleaver things, intelligence which I sometimes insist, does not mean any”
don’t need think with your left brain. just feel it.
her innocent heart influenced me. just have a fun! Yay!!

ブルームーンの3月

3月1日は満月。

月は、新月の時には朝日とほぼ同じ時間にのぼる。
毎日1時間10分くらいごとに月の出は遅くなり、満月の頃は、ちょうど日が沈む頃に月が出始める。
昼間に見える月は必ず上弦の月。

こんな事に気を向けるようになったのも、ロスに引越して来てからだ。今日はとりわけ夕日が奇麗だったとか、虹雲が出た、など、会話の中に出る。そんなLAが大好き。

とにかく、サンセットの頃、高台に上ると、海に向かって右手にサンセット、左手に月の出が同時に見える、一粒で二度美味しいのだ。満月の時はサンセット&ムーンライズのハイキングに行く事もある。

というわけで、この日はプチハイクに行って来た。

まさに雄大に、美空ひばりが奈落から「柔」とともに、羽根背負ってセリ上がってくるような雄大な月の出。
山の上から見ると、雨上がりでスモッグを一掃したセンチュリーシティあたりの街の上に、真っ赤に静かに燃えながら月は昇り始めた。大きく、それは大きく。。。
霞か雲か、淡い縞になって。。。

一緒にいった人たちは、気がつけば全員、空を見るのが大好きだった加奈子ちゃんのご縁。
そういえば加奈ちゃんともサンセットムーンライズのハイキングに行った。
今回行った場所は、闘病中につきハイクへ行けない彼女のために、よく来て電話で空模様を中継をした場所。

加奈ちゃんは満月の日に全て終えて旅立った。
あの満月からもう3回目の満月だよ。

3月もブルームーン(ひと月に2度ある満月。最初をファーストムーン、2回目をブルームーンと言うらしい)の月。

夜は操ちゃん(シャスタの歩き方、著者)に教えてもらったグリーンタラのマントラを歌いながらラクシュミダンスを一人で踊って、お財布を振って。
スピ系、占い系、バカバカしい、などと鼻で笑っておきながら、しっかり、一応、押さえるところは押さえといた。

=======
this March, we have 2 times full moon, it calls “Blue Moon (first moon and full moon)”.
we went to “Sunset moon rise” hike. around full moon time, moon rise is almost same time. I learned this fact after I started to live in LA. after moving to LA, a lot of people talk about SUNSET or something like that. that is the one of the reason I love in LA so much.

anyway, tranquil red moon was rising above Century city, it was huge, so huge…. like queen is coming up on the stage.

the place I went, that was the place I always call my friend KANAKO who passed away last December by cancer, she really loved sky watching, so I reported for her often.
and she complete her life on the full moon day. after that this is the 3rd full moon.

coincidence or not, this time I was watching with 3 people, all of them are KANAKO’s friend.

after the midnight, I sang Green Tara’s mantra, and did Lakshmi dance with shaking my wallet. this is one of the lucky activity, which my friend thought. I usually make fun of this kind of stuff though, I would do anything good for money right now. ha ha ha.