ニューメキシコ:ナンベプエブロ Nambe Pueblo

スライドショーには JavaScript が必要です。

サンタフェ終わりで、タオスへ向かう前にナンベプエブロへ。

ナンベプエブロのガバナーさん(知事さん?)に合わせていただけると言う。アパッチ族のエライ人。

なんでそうなったのか、今となっては記憶が確かじゃない。確かに滝へ行くとギル隊長のスケジュール表には書いてあった。が、もう写真撮影もイラナイから行かなくていいと言う話になったのに、ガバナーさんの先導のもと、滝へ。

その辺に滝があるのかと思いきや、滝、山の上だしーーー。サンダルだしーーー。長老とかエライ人に会うときはスカートと言われてるからスカートだしーーー(笑)イルちゃんは高いクツだし、英月ちゃんのロングスカートはスリット入ってるし(笑)

けっこうなハイキングだった。

滝はゴウゴウと流れていたが、上に行くよりむしろ、下の激流近辺で水遊びをするほうが楽しいかもしれない。不法滞在のメキシカンが多く遊びにくる場所だが、日本からも是非来てほしい、との事。かなり通な旅になる事間違いナシ。

その後、貯水池へ行き、さらに、ガバナーのお宅へ伺い、モデルしてもらっている女性僧侶の英月ちゃんが、野点(お茶ですね)をしてくれる事に。

とても静かで落ち着いた空気が流れた。シャンとした澄み切った空気の仲、神妙にガバナーさんとギル隊長がお茶をいただく図は不思議ではあったものの、国境を越え、通じる空気と言うものを感じた。セレモニーにおける世界共通の「空気のホールド」のようなもの。「心で会話する」とか「通じ合う感謝」とか、そんなものたち。それがとても美しい夕方の光の中で行われるものだから、本当に不思議な空間にトリップした感覚。

そして、前出のダブルレインボ=。

これはすごかったなあ。。。

ありえない光の状態で、ありえない空間の中に居た。。。あんな橙ピンクの空気の中の虹なんて、産まれて始めてだった。

虹の女神、高原操マジックに加え、セドナのイルちゃんもよくダブルレインボーに遭遇する。鹿の肉を食べた僧侶、英月ちゃんも何やらアヤシイし、ギル隊長も気合い入ってるし、ガバナーさんの住んだ目の奥を見ていると魔法をゆうに使えそうな気もする。全員がいたから見せてもらえた虹だったのだと思う。私はとてもオトクで贅沢な場所に居させていただいたのだ。ありがとう。

「こんな事、しょっちゅう起こるんですか?こんな素晴らしい色の空気、しょっちゅうあるんですか?」と聞くとガバナーさんは「まあ、時々はあるけれども、けっこう珍しいですよ」と。

そして

「僕たちもまだ学び続けています。今日も素晴らしい体験をさせていただき、あなた方からも学びましたよ。ありがとう」と言って下さった。そのように年下の私たちに言えるという人間性に頭が下がりっぱなし。

後になって、もし誰か地元の人にその事を聞いた時、「え?そんなガバナーさんなど、いませんよ。あそこには誰も住んでませんよ」等と言われてもおかしくないほど、幽玄の世界だった。

あれは本当だったんだろうか?それとも幻だったんだろうか。。。

________

—Sorry about my Typo. (also text itself). I am trying to correct right now. if still, forgive me. I don’t mean it.  let me know please)

After the Santa Fe, and before Taos, we went to the small village named Nambe Pueblo.

We saw the Governor of Numbe Pueblo. he is Tewa-Pueblo Elder and Governor.(cprrected)

I remember our leader Gil’s schedule said “photo shooting at the waterfall” but we didn’t expected that water fall was on the mountain.

we are warned that when we saw elder, we must ware long skirt. not pants. so climb the pretty rough cliff with skirt and flipflap. especially Eriko’s long skirt has sexy slit, so funny and strange hiking.

this waterfall is full of the illegal Mexican people. beautiful camp ground and full of water stream. also you never can see asian people. if you want to have exotic feeling, you must go. it is beautiful though.

after the hiking, we went to a reservoir, and then visited to the Mr. Governor’s house. at there, Eriko who is Japanese woman monk, hold tea ceremony as our appreciation.

it was beautiful time. love this special silent tension. serve some tea to Mr. Governor and Elder Gil, I felt same feeling like everybody put up an antenna toward to the God or Great spirit or Bhuda or fatever great things. I realize that is the reason that any kind of the nationality, every people has some ceremony.

and it was really trippy.

and amazing double rainbow.

that was just amazing.

unbelievable  lighting, unbelievable setting, unbelievable occasion with unbelievable people.

I ve never seen such a fantasic Rainbow in Orange Pink sky. especially with lightning!!

our member Misao famous as Shasta guide, she is called “Goddess of the rainbow”. she saw rainbow so often. not only her but also Iru from Sedona, has seen double rainbow a lot. she has strongest will power when she believe in something. also Eriko the monk, she is such a charactor as known as dear meat eater. and Elder Gil has special power we believe, and can not forget Mr. Governor. He is almost wizard. his eyes are so deep, however somebody said “he is over 200 years old” or “Did you see him ? oh no! he passed away 5 years ago” or something like that, everything we could believe.

anyway, every strong power call upon that rainbow! I am tha luckyest person to be there. and magical color evening. it was yellow, and orangeish pink. whole world  looked like orange-pink.

I asked Mr. Governor “Is it happen so often ?” he answered “Yes, it’s happen once in a while but really rare”

and he continued

“We also still learning. even today, we had great experience. we learned from you. thank you”

I really respect his way to live.  if it was in Japan, older male never said to younger female that they learned from girls.

such a magical moment.

was it true or just my dream ?

広告

ニューメキシコ:ナンベプエブロ Nambe Pueblo」への2件のフィードバック

  1. や~~、写真の中に温度を感じるね~~~。それなのに虹か、、、。凄すぎる。
    こういう写真を見ているとお花なんかとるのはつまらなくなってくるね、綺麗で当たり前だもんね、そんな事を考えたりしてすっかり今年のお花のシーズンはカメラを構えずに終わりました。それでも6月にまたシャスタに行ったので良かったらフリッカー覗いてみてね。
    7月4日は店が休みなんでジョシュアツリーに一人キャンプしようかと思ってます。何が撮れるかね。(^^)

    1. みきさんが言っていた「おおおお!来た〜〜!私でいいんっすか〜〜〜!」って言うのを思い出しながら虹を撮ってましたよ。
      私は単に 人が好き。でも、お花は奥が深いと思う。お花はかなりエロいとも思う。最近、雲フェチです(笑)みきさんのフリッカーの雲、すげえわ。いい雲してたー。なんじゃありゃーーーって雲がドシドシ出て来た。どうやって露出決めるの?って感じ!さすがですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中