嫌い?好き?嫌い?

対人、対物、対状況にむける感情の、「好き」〜「嫌い」の中に

1 考えただけでドキドキする。愛しまくってる。大好き。
2 好き。すき。まあまあ好き。気に入っている。
3 ふつう。どちらでもない。別に。
4 あんまり好きじゃない。好きじゃない。
5 嫌い。無理。ありえない。

などがあるとする。

恋してるときは基本1で、ちょっと冷たくされると5へ行く。
間がなくて1と5を行ったり来たり。

ところが、これが対物、対現象、しいては対”人生”となると、
骨董品やサーフィンなどという超趣味は別として、1と5は案外ない。人生の選択肢ともなると、ほとんどが2〜4の中で行われる。

よく「好きなほうを選べば?ピンとくる方を選べば?」と言われるが、心が広くなる(フリをして生きている)と、案外色んなものを受け入れた結果、自分の好みが薄まって来る事に気付いた。

その上、どっちを選択すっかなー、って言うときに必ず出て来る魔物が「欲」とか「損得勘定」これらにさいなまれると、判断が鈍る。

そんな時は、何が好きかを漠然と考えてエネルギーを使うより、「嫌い」にポイントをあててみるといいような気がする。「嫌い」のほうが明確で、ピンポイントを突いてくる。「嫌い」って、全然悪い事じゃない。なかなか判断しにくい自分の「好き」をフルイにかけてくれる大切な感情だと思えばいいんだ。

欲をくすぐる事があっても、それが「ピンと来るかどうか」。一緒にやる人が「嫌な感情を呼び起こさせないかどうか」。
その辺を大切にしたっていいんだ。

ピンとくる事が武者震いすればゴー。1はそれくらい強くていい。
だが、2〜4の間で自分の気が重ければ、「嫌い」を疑ってみればいい。

自分の「嫌い。嫌だ。感じ悪い」を信じようと思う。
「嫌だ」というシャープな感情にウソをつくという事は、自分の「好き」にも正面から向かい合えなくなるかもしれないからね。

そう思ったら、ストンと腑に落ちた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中