北カリKIMONO旅行

週末、サンフランシスコ近辺へ。

この1〜2年、サンフランシスコの(シャスタで有名な)操ちゃんの、KINUのお洋服から始まって、着物までの写真を撮らせていただいていた。
彼女が10月末でボストンへ引っ越すので、ベイエリア生活10数年の集大成として、着物のイベントショーが10/24日に開催された。

西海岸最後のパーティーなので写真を撮りに、という予定をしていたら、モデル出演を要請されウホウホにて快諾。金網のキモノを着るために出発!(私の金網キモノの写真提供はエディさん)

■■■【アツミさん、ケイジさんありがとう!】■■■
ちょうどシアトルからサニーベール地方に引越して来たばかりののアツミさんのお家へ行く事に。Facebook(アカウントmasayo benoist フレンドリクエストお待ちしてます)に書くと、8年程あっていないケイジさん@ILMからメッセージ!
にわかにSF旅行が盛りだくさんになり、ケイジさんにアッシーになっていただき、迎えに来てもらって、アツミさんの新居へお邪魔し、手作りビルマ風ヌードルのディナーをごちそうになった。美味しかった。
お二人とも、ありがとうございました。

■■■【イベント 4つめの「高」】■■■
満腹のハラを抱え操ちゃん宅へ。満腹のハラのまま衣装合わせ。もう今更何をいっても遅い。黒ジーンズと綿のビスチェでごまかそうと思ったら操センセイからNG。ダウンタウンで5ドルだったがゆえに買って持って来てしまったボンレスハムの網タイツを履く事に。。。(恥)

本番の翌日、あいにくの豪雨の中、リハと着付けのため、朝9時に出て準備。
着付けをしてくれるのは、5年前、始めてシャスタへ行ったときに一緒に泊まったご縁のノブヨさん。

主催者で進行のひろこちゃんは「高野」、今回の主役の操ちゃんは「高原」、ゲストモデルは「高津」で、この3人が「収穫、虹、嵐」の三人女神さまのハンドルネームを持っているらしい。
そこへ乱入させていただく私は「高井」。
この「高」は、きっと「ハイパー」という意味だろう。さて、私は何の女神になろうかな。金網の女神? 意味不明だし。

■■■【8年目にしてフジコちゃん!】■■■
着物のモデルは15歳のコニーちゃん、実年齢よりゲロ若く見えるアフリカンのヘザー、顔ヨガの高津文美子ちゃんと義理母のジョイス、さなえちゃん、きよみちゃんの美しいお二人。雑誌社のケントくん、そしてそして、前髪赤色パッツンのNちゃん!

Nちゃんは最初見た時から妖しいと思っていた。
エロ尼僧の英里子ちゃんを知っているかと聞いたら知っていると言う。
チェンマイの有香ちゃんを知ってるか?と聞いたら知っていると答えるので、ますます妖しい。したらーー、SF和製ロックバンド「FUJIKO CHAN」のボーカル「猫娘」さんだった!!

あの頃HPやブログをしてるヤツは少なかった。そんなこんなで有香ちゃんともつきあいが長い。
「すっげえおもしれえサイトがあるから要チェック」と有香ちゃんに教えてもらったのが、この猫娘さんの、完全脱力型ブログ「今日のわし」
かれこれ8年ほど前の事なので、小学生の時の宝物を空けた感覚(いえ。8年前は小学生と言う意味ではなく・・・)で、あのときサイトを見て笑った事が走馬灯のように廻った。

■■■【肝心のイベント〜停電?】■■■
イベントは、来る人も和テイストが条件という事で、羽織袴のアメリカ人さんや、綺麗に着付けをされた方々もたくさん!
ミュージシャンは和太鼓ジャズ。

主催者側はてんてこまいにつき、ヘアーを2〜3人、手伝う。
写真をとれるだけとろうと思うも、外は雨。客入れ以降は控え室以外ムリ。結局3人撮っただけで、新作の着物を撮りこぼしている。

で、いよいよ開演、というときに、豪雨により、停電。
昼間のイベントなので、とりあえずキャンドルに切り替え、見える事は見えるが、着物ショーの時の音がナイ。
お客さんに待っていただいている間、場持たせで、何故か私がへったくそなピアノを弾く事に。。。
そんでもってショーに出た。

しかし、操ちゃんの行動力と、コネクションには頭が下がる。そして、どんな事があっても舞い上がらず、あくまで冷静で的確な判断力を持っているところが彼女の大きな魅力だと思う。
ここからがスタートだね。ずっと応援してます!

■■■【SFジャパンタウン】■■■
翌日、操ちゃんはSFの裏ドン、「SFイスキア」というハンドルネームを持っておられる、ゆうこさんの針へ。

ゆうこさんはイベントにも来て下さったが、とにかく白衣がとても似合う。前日の着物もステキだったが、白衣のときは別格。観音様のように輝く。その針の診療所が入っているSFのジャパンタウンをうろうろと徘徊し、少し余った時間は「eじゃん」というSFのフリー雑誌を見て操ちゃんを待った。やたらお店などの宣伝が多い雑誌なので、営業さん、すごいなあ、と思って見ていた。

■■■【SF行くならSKOOLで食え】■■■
その後、操ちゃんが、魚を主に扱ったレストラン、ポトレルヒル近くの倉庫街にある魚介類レストラン、SKOOLへ連れていってくれた。
ビジネスオーナーがアメリカ人。共同オーナーで、シェフのご夫妻が日本人。入った途端、感動的にセンスがイイ。インテリアが最高に素敵で、コレはオシャレに美味しく飲める場所だなあと座ったらすぐに日本人の営業さんが来て、オーナーに交渉はじめたのが、さっき私が見ていた「eじゃん」の営業さんだった。さすが!

さて、ここのお味は?
・・・絶品! 感動的なの。
「日本人独特の繊細さとダイナミックな冒険心が見事な調和を醸し出している」の。

ロスにも凝った和食レストランがあるけれども、それは、ちょっとやりすぎだったり、ちょっとこび過ぎだったりする事も多く、和製フュージョンはオサレなお刺身といえばポン酢、カルパッチョといえばガーリック醤油にオリーブ油で出してくる(それも美味しいが)よっぽどじゃないと感動には至らないんだが(みきちゃんのフュージョン寿司は別格ね。とくにHug meは最高よ!)、SKOOLのシェフはフレンチのベースがあるんじゃないかと思った。
「本当に美味しいです」と言ったら「心とエネルギー、注ぎ込んでます」とシェフ。

ラスクにつけて食べる「ウニのフラン(プリン)」は最高!目を閉じて食べないともったいない。サラダも、お刺身も、最高。スパゲティも常識を覆された。
もう、めっちゃ繊細!そしてキレイ。感性を刺激される味。
デザートのエスプレッソのプリンも劇ヤバ。

スライドショーには JavaScript が必要です。

寿司などの「気」、和食一般の「爽快感」、ベジタリアンなどの「健康志向」だけではない、美味しいもの、贅沢なものへの「ゆとり」があった。

操ちゃん、連れていってくれてありがとうーー!

■■■【ファンキーなエアライン】■■■
行きも帰りも、Virgin Americaは1時間半以上遅れた。
遅れたアナウンスに引き続き「待ってる時間を利用して、お詫びのフリードリンクをかけたクイズをはじめまーす」だって。明るいなあ〜。

行きは天候場の都合だが、帰りが遅れた理由は「スチュワーデスが到着せず乗務員人員が定員に達しない」。
結局、NY行きのスチュワーデスが一人、コチラに回ってくれることになり無事出発できる事になった。彼女が現れたとき、地上係員が「イエーーイ、グッドニュース!これで出発できます。彼女に拍手〜〜〜!」

イエイじゃねえよー、拍手じゃねえよー、キムタクのGOOD LUCKを昨今見ていた私としたら、そんなスチュワーデス、すぐに堤真一の監査官にクビにされちゃうよ。と一瞬思ったが、私もアメリカナイズされてきたので一緒にイエーイといいながら拍手した。

とはいえ、バージンアメリカは私のお気に入り。
だって、全てのシートにコンセントがついており、7ドル払えば空の上でネットが出来、紫のネオンの中、安全走行のためのビデオだって可愛いんだもんー。

広告

北カリKIMONO旅行」への5件のフィードバック

  1. 短い間に盛りだくさんの楽しいことがあったんだね~。
    私も着物ショー行きたかったです。
    色んなとこで日本人が活躍してるんだね。私も頑張らなきゃ!

    魚介類レストラン、是非トライしてみたいです。メチャ美味しそう!

    1. 楽しかったよー。あつみさんのビルマのヌードル、美味しかったなあ〜。また色々と教えて下さい。
      ケイジさんに、親戚の人みたいに接してくれてありがとう(笑)すごく喜んでました。ああやってみると、年齢関係なく、オトコの人のほうが子供だよね。
      SKOOLオススメです。是非いってみて!

  2. すっげ~~金色着物、どんなのかと思ってたんだけど想像を超えていた。
    しかし停電とは、、、。写真は撮れなくって仕方ないよね。
    夜のイベントで停電だったらどうなっていたのだろう。
    ハーローウィンにはちょと早いし、、。
    新作着物も見たいわ~~。早いとこUPしてね。

    1. みきちゃん、イチバンの新作、とれなかったのよー。
      廃墟風猫娘サンと、トリックオアトリートだけ撮れたの。月下美人を撮りたかったんだけど、場所ナシ、灯りなし、雨!(笑)
      操ちゃんがアップしたら、私もアップすることにしまーす。
      いちおう、今までのはアタイのサイトにはアップしてるの。
      http://creativerain.cc/
      まあ、どうにでもなる、というか、どうにでもする、
      これが人生哲学っつーコトで♪

  3. そうか、月下美人は夜咲く花だから暗くても良かったかもしれないけど
    やっぱ一筋の光くらいは入って欲しいよね。
    でもやっぱ夜の外満月の光で撮るのがいいかも。
    ハローウィンも夜でも良さそうだしで、良しじゃないけ?
    着物のサイトはもう見つけ出して見ちゃってたもんね!
    かっくいいいいいい~~~~~。
    撮られた方も撮ってる方も!
    ここまで来たら着物置いていってもらって又撮ったら~~。
    ワシもシャスタの写真UPしたよ。
    見る?
    http://www.flickr.com/photos/fusionart/?
    夏は靄がかかって撮りづらかったけどいい雲出してくれたよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中