ハリウッド、KATANA

ミチくんたちが「KATANAへ食べにいってきちゃったぁ〜」というのを聞き、「なによ、ナマイキな!」と思っていた高級和食レストラン、KATANA.
夫の誕生日に、目新しい所へ行きたいという理由で行って来た。

そもそも、オシャレでけっこう値段も気位も高いという評判なので「あんなところで食べるのは観光客と味を知らないモノだけよ」と言い訳がらみで引いていた。

秘密の扉は開き、ついにアコガレのKATANAへ。

おおお!客がエラそうだーー!!!
なんか、着てるものが違うぞー。ユニクロとかノーメークで来てるヤツなんて誰もいないー。

二人だけだし、時間も早かったので、予約なしで入れたが、入り口の待ち合い場所から、食べるエリアに入った途端に
「ルアッシャイ マッセーーイ(いらっしゃいませ)」と巻き舌で大合唱。

ひよえ〜〜〜!カツヤだけじゃなく、KATANAもコレかいっ!!
しかも、奇麗な女優バリのウエイトレスさんたちまで一斉に。

まあ、そこそこ美味しかった。
一品づつの量が日本並みに少ないのはしょうがないが、お寿司のシャリがつま米だった。(多分、この日だけだと思う。そんな日に私に来られて、ブログでチクられるなんて、不憫な店!)
先に気付いたのはトムだった。
ウエイトレスに言えば?と言うとトムは「可哀想で言えないよ」と。

可哀想とあまり思わない私は、追加の注文の時に、お願いするようにこう言った。
「お寿司のごはんがね、少し硬いの。悪いお魚だと気にならないんだけど、お魚がいいから、バランスがおかしく感じるのよ。今度にぎるときは、新しいご飯で握ってくれるように頼んでくれない?」と。

すると、ウエイトレス
「あらーー、そんな事気付く人がいるなんて!ハジメテよ!」
「うん、日本人だからーー」

だけど、ウエイトレス女史は「スシシェフが可哀想だから言えなかったわー」と、あいかわらず硬いシャリのご飯を運んできた。
やっぱりなー、そこらへんのメンタリティはアメリカ人だと言うの可哀想、って受け取るんだなー。
日本だったらシバかれるけれども、まあ、アメリカ人ターゲットの店だし。。。

以前、別な店では「お米が変だ」と言ったら「俺のせいじゃない。米を炊いたのはメキシカンのやつらだ」と言った日系アメリカ人板さんがいたので、ぶちキレた事もあったが、可愛いウエイトレスが言うのと、私も温厚になったので。。。

ま、それ以外は、本当に、そこそこ、美味しかったよ。
お魚だってよかったし、備長炭で焼いた炉端だってタレに若干の不満は残るものの、悪くはなかった。

アメリカでこれだけお寿司がポピュラーになると、日本人がマジメにやる寿司屋は、ひっそりと味を守るのだろう。
こうやって、一発カマシ系のインテリアで、雰囲気で食べるところが、そのマーケットを拡大して行くのかもしれないなあ。。。

「ね、寿司ライスも含めて、お寿司はムラカミの寿司が、やっぱり一番美味しいよね」
と、トム。

味がわかるようになった夫をホコリに思うのだった。

包む楽しみ、開ける楽しみ

年々物欲が減って来て,欲しいもの=必要なものに変わってくる。
必要なものも、よーく考えると、なくてもガマンできたり、採算を考えるとやめたり。。。

今年は、何が欲しいのか、考えてみたがあんまり浮かばなかった。
夫に聞いても同じ答えだった。

必要だと思っていたものでさえ考えてみたら本当に必要じゃなかったりして、結局のところ、80ドルほどの小ちゃいデジカメを、遊びに行くとき用に重い一眼を持って行かなくてもいいように、買ってもらった。

それ以外は、日本でのお正月向けの準備とほぼ同じになった。
新しい靴下とか、下着とか、ベーシックなシャツとか、新しい歯ブラシとか、数がかけた食器や、新しいシーツとか、引っ越しで無くしたチリトリとか。。。
あとはワインやクリスマスっぽいチョコレートとか、キキのおやつとか、そんなものを添えて、1年ぶんの必要なものの買い出し。

結構な量にはなったが、日本のお正月準備と違うのは、それらを、ぜ〜〜んぶラッピングした。安上がりなクリスマスね。あは♪

エコ的に紙は?
コチラの紙は絵柄はいっぱいあって可愛いが、日本のラッピングペーパーとは大違い、めちゃ薄い安モン。ここまで薄く作れるんなら何故もっと他のモノを繊細に製造できないのかは謎。で質はチャチい。これで楽しくなるんならエコは他で。
買って来たモノを全部ラッピング。夫のものには緑のリボン、私のものには赤のリボンをかけた。2時間くらいかかった。
楽しかったが、ラッピング屋さんで働くのはむいてない、と思った。

多くのアメリカの家庭では、クリスマスツリーの下にプレゼントを置いておいて、25日の朝にプレゼントを開けるのが伝統らしい。
(一部、以前雑誌に取材したところによると、アメリカ在住スペイン語圏の家庭では日本と同じように24日がメインなところも多いようだが)

ウチも毎年、かれこれ12年これをやっている。25日の朝は、パジャマのまま、プレゼントをビリビリに引き裂きながら開ける。
渡米当初は驚いた。何故キチンと開けて使い回さないのかと思ったが、安もんの紙は使い回し無理なのと、ビリビリするのは「わ〜!うれしい!待てない!」の表現らしい。

国によっての違いを知らないと誤解する。西洋では食後のゲップは失礼にあたるが中国では美味しい印なのと似てる。

包んであるのと、最近記憶力が低下してきたので、開ける時に「あら、これは何だろう?」と案外ワクワクしてしまうダブル効果。

たとえ中身がただの歯ブラシであっても、そういうたわいもない事でちょっと楽しいのって、スキ。楽しいと思う時の、心の動きがスキなんだと思う。

そして、25〜6日が過ぎると、皆の挨拶は「メリークリスマス」や「ハッピーホリデーズ」から、まだ年が開けてなくても「ハッピーニューイヤー!」に変わるのだ。

メリークリスマスで、歌ってみました。

ガレージバンドを使って、ハモりを入れて、歌ってみました。
エコーばりばりにしてごまかしています。
でも、気持ちなので、メリークリスマス。

写真はロスの、ベニスにあるキャナル。3年前のお宝でスマン。
T子ちゃんとEちゃんが写ってます。

時差もあり、日本の方には遅いと思うんですが、アメリカは25日が本番。
家族で過ごす日。
26日でも、まだメリークリスマス、って言い合います。

ハッピーホリデイズ!よいお年を!!

てんつくマン、そして昨日の虹

LAは一週間、大雨が降り続いていた。
こんな事はめずらしいらしいので、やっぱり地球が悲鳴をあげているのかもしれない。

そんな雨の中、てんつくマンのLA 上映会&トークライブがあった。
思えば、今回の主催者でもある陽子さんに誘っていただき、セドナへもてんつくツアー運転手として付いて行かせてもらい、パート1を見て感動した朋子ちゃんに誘われて、内モンゴル植林へも一緒に行った。

さて、このドキュメンタリー映画。泣き疲れたほど、泣いた。
トイレでも皆、泣き疲れたと言っていた。
ある意味、リリース(笑)
見てない人、プリーズ(陰を踏んでみた)! http://maketheheaven.com/

上映会後のトークライブでは、アメリカ人から感想が出た。
「まずはこの映画を作ってくれた事に感謝をします。これはアメリカ人も見たほうがいい。いや、僕は1000人とか、1万人の単位で言っているのではない、何億人も、何億人もがこれを見たほうがいいと思う」
「こんな素晴らしいものを、より多くの人に見てもらうために、ネットフレックスとかで配信しないのか?」

てんつくマンの言葉で感動したモノをいくつか。。。

「この映画を有名にしたいとか、人気を出したい、というのではないんですよ。この映画を見てくれた人が、どう行動に移すか。そこがポイントなんですよ」

「僕は何か事を起こす時に、一人から1億円の寄付をもらうんではなく、1億人から1円もらいたいんです。そのほうが広がりがある」

「僕は、人と人とのつながりを大切にしたい。だから、ネットではなく、人づたえで、皆で集まって見て欲しいんです」

「僕がイエスキリストの生まれ変わりだとしたら、この時期には絶対生まれて来ないと思います。だって、皆が頼るでしょう?頼られるイエスやブッダのような一人が何かをするんではなく、皆がそれぞれで立ち上がって、何かをしなくてはならないと思うから。もし、イエスキリストとして生まれ変わるとしたら、あなたが何かをする、あと少し力が欲しいなあ、と思う時に、そのあなたの中にスっと入って、背中を押す。そんな風なんじゃないかなー、と思います」

やっぱりヤツは新しい。
その後、てんつくマンを宿泊先まで 送る。帰って来たら夜中の3時(笑)。

そして、昨日の夕方、虹が出た。大きかった。
一週間続いた雨の最後っ屁のように、どかんと。
ああ、美しきこの世のキャンバスに描いた七色の半円。
思わず雄叫びをあげて屋上へ登った。
今日は今から、てんつくのお手伝いをした人チームの、打ち上げへ行って来る。

チャンシー箱乗り映像、保存版。

書く事いっぱいあるんですが、こういう時にかぎって、他のものから先にしてしまう私のクセ(笑)

昨今、何故か、3年前に大往生にて天国へいったチャンシー(犬)の話題が出ていたところ、チャンシーの映像に癒されてました、という嬉しいメッセージをいただき、昔のちいちゃなサイズのクイックタイムをアップする事にしました。
わーいわーい、大好きなチャンシーがまた戻って来た気分です。
かわいいなあ〜〜!
この子をきっかけに、犬が大好きになりました。現在のキキの父ちゃん兼、じいちゃんです。

白黒のワーゲンに、白黒の犬が箱乗りする姿は、それはそれはウケました。

5 rhythms ファイブ・リズムというダンス

ネイティブアメリカンの事ばかり先に書いてしまいましたが、実は、エサレンで、エライものに出逢ってしまった。

それは5リズム(ファイブ・リズム)というダンスのメソッド。

とにかく、かっこいい。
心友が訳してくれたのがあるので、まずはコレを見て。

説明つきで心友のサイトを見るのはコチラ

5リズムとは、、、

ガブリエラ・ロスが開発した(実際にはチャネリングで降ろして来たものらしい)セラピー用のダンスのレッスンの総称。
「人は身体を動かす環境においてあげたら、後は身体が勝手に治すもの」とはガブリエラの言葉。

それはセラピーダンスの枠にとどまらず、まさに「動く瞑想」。しかもやたらめったらかっこいい&コア。これぞエクスタシー!
その人の持っている極限まで身体を動かさせるので、急に泣き出したりする人も多いが、ま、それはソレ。これはコレ。

何が面白いかというと、5つのリズムの音楽によって、5つのエレメントと、その性格と、身体の部位と、重心の置き方を学び、それらのエネルギーを感じながら、ビートと呼吸に身体をのせていく。実に演劇的でもある。

エサレンでの通訳のメインのひとつは、実は、ファイブリズムだった。ガブリエラの義理の娘、ルシア先生と、尊敬するエレン先生のコラボのワークショップ6日間。その哲学とダンスのかっこよさに、震えながら通訳をさせてもらった。エネルギーそのもの。魂そのもの。

現在、ガブリエラの本を読んでいるが、そこにも書かれている5つのステップを箇条書きにすると

最初は
1 フローイング  大地  女性性 
2 スタッカート  火  男性性 
3 ケオス     水   男性性と女性性のミックス
4 リリカル    空気  魂
5 スティルネス  エーテル 霊的

まあ、もっともっとあるが、後は直接、実践で学ぶしかない。こんな事は机上で頭に入れる事ではないのだ。

「ダンスが上手とか下手とか関係ない。振り付けがあって踊りのほうに自分を持って行くのではなく、自分自身が踊りそのものになる」といったルシアの言葉が印象的だった。

踊った後、ごっつー覚醒する感がタマラナイ。何かが目覚める。
(動き回るルシア先生を追い掛けながらの通訳のため、通訳もも踊る)

私は体験派なので、身体を使う事を信じる。身体の言う事を信じる。

もう一度言うが、ファイブリズムというダンス、動く瞑想というには、あまりにも具体的。そしてあまりにもカッコイイ。元ダンサーが言うんだから、間違いナイ。

LAにもあるという事で、先日LA のクラスにもいってきた。
やっぱり、イイわあ〜〜〜。

これ、日本へ持って行きます。
もちろん日本にもあるんですが、ルシアが日本へ行く時にのっけてもらって、東京でワークショップやってもらおうと企て中。

瞑想フェチ、スピ好き、ヨガの人たちのみならず、いろんな方に受けていただきたい。

大阪では6月にあるよ。
エサレンでの通訳に使って下さった横井先生が主催です。
近くになったらお知らせいたします。

===========
スペシャルサンクス TKN心理サロン 横井先生