バイロン・ケイティ「3つの領域」

バイロン・ケイティの事を心友から聞き、その本を買った。
「The Work」

バシャールも、エクハルトも、多分ブッダも、ヨガの人たちも、小林静観さんも斉藤一人さんも、みーーーんな同じ事を言っている。
「あなたの目に写る世界は、すべてあなたの心象風景なんだ」

私がダンナのグチを言っていても、それはそういうダンナを選んだ私の世界。
アタマが痛いのも、「ああ、こんな悲劇、可哀想に」とソコにフォーカスするのも、「今日はなんて素敵な日!」と思うのも、全て、私が感じる私の世界。

そして、私の世界は、私にとって全てなのであって、あなたの世界と私の世界がイコールで測れるものではナイ。

ようするに、自分が見てる自分の世界の責任は、全て自分で取れ,って事。
もっとハッキリいうと、テメエのケツはテメエで拭きな、って事。
人の文句を言うという事は、そんな風に人の事を見えてしまっている自分がいる、という事だから、それをふまえて自分で責任とりなさいよ、って事だ。

実際によく言われるのは、「仲間が変わって来る」
まさに、結界を張ったとしか思えない程、以前のオトモダチが寄って来なくなる事があったりしたら、それはその人を自分の見ている「自分の世界」に入れない。単的に言えば、波動が変わったのだと言われる。

バイロンケイティは「まわりの人を批判しなさい」と言う。
批判するシートを書いて行き、それをじっくりじくり吟味して、
最後には「置き換え」をする。
するとほら。全部自分の責任。

そもそも、人間の悩みというものは、自分の領域じゃない事でああだこうだと思うから、なんだそうだ。(こちらがメインなのに前置きが長かった)

世界には三つの領域がある。

「私の領域、あなたの領域、神の領域」

あなたが私をどう思うとか(あなたの領域)、寒くて暑くて地球はどうなっちゃうのかしらとか(神の領域)、そういう、自分にどうにもならない事に心を燃焼しちゃってるとき、人はむなしいらしい。

そのとおり。

だから、私は わたしの領域だけを 一生懸命する事にした。

したら、トムにハラもたたない。
したら、人にやさしくなれた。
したら、あせらなくなった。

バイロン・ケイティ。万歳!

広告

バイロン・ケイティ「3つの領域」」への4件のフィードバック

  1. どこかでいつか聞いていたけど、生活の中で忘れていた学びをあらためて目覚めさせてくれてありがとう。バイロンケティ。ぜひ読んでみます。

    1. 直子さん
      すっごーーーーくシンプルで理論的で、とてもよかったです。起こる事みな全ては心象風景。バイロンケイティ、らぶ♪です。是非是非読んでね。

  2. まさよさん、ものすんごい、おもしろい日記でした!
    ありがとうございます。
    まさにその通りで、ついつい生きていると自分のケツを拭き忘れていることがあります。。反省。
    周りはいつも自分の鏡。ですね。。
    肝に銘じて発言しようとおもいます。

    1. 全部、自分のケツふきなんですよねー、きっと。そのあたりがしっかり出来ると、とても男前になっていくような(笑)全部が自分の鏡だ、と、自分が笑ってないのに鏡の中(世間)が笑うか、とわかっていても、日々精進ですけれども。。。ゆかりさん、読んでくれてありがとう☆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中