恐怖はどこから来るんだろう?

ここの所、怖かった。何かしらないけれども、とてつもなく怖く、ビクビクしていた。
私の事だから、それを見せない事くらいは出来る。
が、内心ドキドキな毎日だったんだ。

何がドキドキか。

別に何でもない。

確かにキッカケはあった。
多少チャレンジングな事にも挑戦した。
その時の、舞台前の緊張感のようなものが発端といえば発端だったかもしれない。

だけど、その後も
今までなら楽しく撮影できたことも
「うまくできるかな」と心配になり、
今までならオキラクにできた料理も
「なんでここに塩がないのよっ!」と思うだけでストレスが一気に爆発し
まるで舞台前の緊張感みたいなものが消え去らなかった。

なぜに料理で舞台前の緊張感。。。
塩が戻してないなら、ただ普通に夫に怒鳴ればいいだけなのに(←それもどうかと思う)

これは外に原因などない事が一目瞭然。
こころのステイタスがドキドキなのであって、置かれた状況がドキドキさせているワケではない事がよくわかる。
そうなると、もう何もかもがドキドキで、一種のパニック症候群系になってしまっていた。

絶望と希望をいったりきたりして、何のために人は生きるのか。などと哲学的な事を考えたりして。

今まで何百本と見たスピ系ユーチューブも、しったかぶりの本からの知識も
受けたセミナーも、この場に及んでは

ぜーーーーんぜん 役に立たなかった。

そう、自分の中にある恐怖とか、そういったものに向かいあうしかナイ。

キャシーアルトマンの言う「ネガティブとは、白いキャンバスの中のたったひとつの点」。
なまじっか洗っちゃったばかりに 薄い灰色になって、キャンバスを中途半端に汚した状態(笑)

それがインクか果汁か、泥か石油か、
まず知らない事には落とせない、っていうのが今のステイタスかもしれない。

そんな話を友達にしたら、
「あら、今、皆そうよ。2012年に向かって、逃げられないところにきてるから」

さあ、私の恐怖は、どこから来ているんだろう?

 評価されたいというエゴ?
 失敗してはいけないという強迫観念?
 うまくやらなきゃと思うキモチ?
 恥をかきたくないと思うココロ?
 他人の評価をどこかでは気にしている?

ああ、文字で書くと、なんと子供っぽい。
可愛いじゃないか。。

今は、今だけは 自分の持つ恐怖に蓋をする事をしたくない。
「ポジティブに!」と思うことや、ネガティビティを無視する事は、
今の私にとっては、ある意味逃げる事と等しい。

それよりも、しっかり感じて、向かい合って、
怖さとリリース、光と影、陰と陽を、しっかりと楽しむ事にしたいと思う。

って、私、昔から言ってない?

成長してねぇーーーー!!

(うそうそ、絶対成長してます。ものごとは螺旋状に上昇するので、時々自分のクセのポイント上に来るのだ。そう思う事にしよう)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中