家のエネルギーをクリアにする

友人が数人、この時期に引っ越しをする。
引っ越しとは最大の断捨利だと思う。

私たちもこのコンドミニアムに引っ越して来る前は、オフィス分もふくめて、荷物を持ちに持っていた。
ガレージセールを3回し、Good willやサルベーションアーミー(救世軍系)への寄付に10回以上通い、ゴミを数えきれない袋ぶん出した。

その後も欠けたお皿やカップは使わない事に決めて捨て、不便になるまで買わずに、あるものだけでやって行く。
CDもデータにあげ、よほど思い入れのあるもの以外は処分した。本は、手持ちは10冊未満。あとは全て売ったり寄付したり。
「持っている」という満足感だけで所有するのを完璧にやめた。その時に必要なエネルギーや知識はもう、いただき終わっているという考え。また必要になったときは、また必要になったときに、その時の方法で採ればいい。

洋服も、今、流行の「こんまり」さんの、トキメキのなんとか、に乗っ取って、夏冬全部ハンガーにかけて1メートルまで減らした。
本当に気に入ったものが解り、それらを一旦持ってしまえば、それ以外のものは一旦着てみるものの、やっぱりピンとこなくて着なくなる事に気がついた。

たくさんのものと暮らすと、持っている事も知らずに「固形ーカタマリ」となってしまっている「開かずの場所」がある。
少ないものと暮らすと、全てを見る事が出来るから、結局のところ、持っているものすべてを把握できるし、大事にする。この違いは大きい。

さて、そこまでしたら、毎日の部屋のエネルギーも気になる所。

掃除が大嫌いだった私が、一週間に2回以上掃除機をかけ、窓を毎日あけ、家具をずらして、セージを焚き、チベタンベルを鳴らし、エネルギーが淀まないようにしている。

大好きなお客様が来てくれた後も、数時間、楽しいエネルギーが存在しているけれども、次の空間にアジャストするために、全てを片付け、掃除をする。

非日常は、掃除をするきっかけをくれる。
だから、お客様は大好き。
だから、旅行も大好き。
そのたびに、新しいエネルギーをもらって、不必要なものをクリアリングをする。

それが自分の瞑想になるなんて、ああ,5年前の私には想像もつかなかったコトだわ。。。
「これは必要か これは必要でないか」
「これは好きか これはトキメかないか」
それを感じて、好きなエネルギーだけにかこまれていられる。

たえず動いている空気。
絶えず動いている空間。
透き通っている空間。

とにかく、エネルギーをクリアリングする。
窓あけて、掃除して、セージ焚いて、
空気はよどまないほうがいい。

今日はセージの後に、コパールでも焚こうかな。

なんて言ってみる私の昔は、、、
それはそれはヒドいもの、、、

子供の頃はおばあちゃんが私の後をついて片付けてまわり、お風呂へ行くまでに二階から歩きながら服を脱ぎ散らかし、10代の後半の一人暮らしでは、部屋は足の踏み場もなく、掃除せず、洗濯ものをたたむのが何より嫌いだった。
一人暮らしの小さな冷蔵庫の中は化学実験の場となり開けるのも怖くなり、冷蔵庫を中身ごと、粗大ゴミに出した事がある。
片づけをしなきゃならないなんて、結婚とは墓場!と思いながら、冬ははんてん着てこたつムリとなり、出前の器にハエがたかってもハエのせいで憂鬱、くらいに思い、40才すぎてから、妹からジャージでの生活をやめるように提案された、、、
そんな人間がこんな事を言っている。

ね、人って変われるんだね。(笑)

広告

家のエネルギーをクリアにする」への1件のフィードバック

  1. 雅代ちゃん、元気~~~? 
    ちょっとここから声かけてみた。  最近さぶいね~~ ブルブル
    もうすぐB-Dayね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中