それぞれの愛のカタチ 2)

アンの家はオリンピア郊外。
自分の息子デイビッドは10月に21歳になったのを期に、一人暮らしをすると、1ブロック先に引っ越して行った。

25歳のマイカはここから仕事へ通い、26歳のチェイニーは数ブロック先の、彼女の家に住んでいるのだという。

猫が二匹。年寄りの黒猫は、椅子とたわむれている。
まだ2歳になったばかりのシャム猫は、火事で家がなくなった人の子猫で、誰もひきとってくれなければシェルターに入って処分されるとこだったのを、兄、チェイニーの彼女がもらってきて、アンに見せた。
彼女は動物病院で働いているのでそう言う事は多々あるが、特にその猫をみた時には、他の人ではない、この猫はアンの猫だ、と思ったらしい。アンは見た途端にとても気に入り、ひきとった。

やんちゃな子猫はある日手のひらをハチにさされたが、アンはすぐにチェイニーの彼女に電話して、どうしたらいいか聞いた。彼女の適切な処置で、大事に至らずに済んだの、と言った。

チェイニーの彼女は、とても頼りにされているんだなあ、と思った。年齢に関係なく、アンはチェイニーの彼女をとても頼っているように思えた。

 ***

テッドが煎れてくれたコーヒーを飲みながらキッチンのカウンターで猫と遊ぶ。

天井が高く、天窓がある。リビングも広く、キッチンもダイニングも広く、裏庭がある夢のような3ベッドルームの平屋。しかも、華美でなくすっきりしていて、機能的な大きなキャビンがモダンになったような家だ。

「こんな素敵な家、どうやってみつけたの?」
「それはね、チェイニーの彼女がこの近くに住んでいて、たまたま”レント;貸します”という看板をみて、すぐに電話してきてくれたのよ」

「あら!またチェイニーの彼女!すると、彼女はこの家のラッキーガールなのね!」
と言うと

「ほんとにそうね。ただひとつ。二人の男性とつきあってるのさえ除けば。。。」

・・・ え ゞ ? ? ?

・・・ は ? ? ?

  ***

「それぞれの愛のカタチがあるんだと思うの。だからジャッジする事じゃないと思うのよ。
チェイニーが彼女と初めて出逢ったとき、彼女は他のボーイフレンドとつきあってたんだけど、チェイニーの事が気に入っちゃったのね。まるで私とテッドみたい。で、そのボーイフレンドに『チェイニーを好きになっちゃった』って告げたらしいの。そしたらボーイフレンドが『じゃあ、僕の他に、チェイニーともつきあえばいいじゃないか』と言ったのよ」

う、うひょ〜〜〜〜〜っ!?

すすんでるんだ、インディゴチルドレンの世代は、、、

いや、もしかしたら、インディゴ云々より、ヒッピーの継母のほうがすすんでいるのか?

「前はね、彼女はその彼氏と週に5日居て、週末、彼がでかけた時にだけチェイニーが訪ねて行ってたの。だけど、その彼、別な恋人に夢中になってきて、家から出ていっちゃったの。まだ彼は彼女とも付き合いは続いてるんだけど、とにかく私たちはチェイニーに ”ほら、今度はあなたの番よ!さっさと彼女の家に転がり込みなさい”ってハッパかけちゃったのよ」

すすんだ親だと思う。

「その彼も二人の女性とつきあってるんだね。どういう人なんだろうね?」と言ったら
「あら、彼のもう一人の恋人は、男性よ」

「は?」

「彼はバイセクシャルだから」

朝の10時すぎにコーヒー飲みながらこういう話をするのは、案外シュールだった。
自分の予想を超えた答えが来ると、心臓が案外バクバクするものだと言う事を知った。

今後、男性、女性、というくくりは少なくなって行くのだろう。そして「〜〜でなくてはならない」事は少なくなって行き、流れのままに動くと、こういう事も多くなるのかもしれない、と思った。

折しも、私が参加したワークショップは
「God, Sex and The Body」

カラダというカタチには男と女があるけれども、
”神である自分=自分の神性”は、
性別を超えたところにある。
「男」というカテゴリーも「女」というカテゴリーも、単なるアーキタイプだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中