Manic ニューヨーク

まる8日間のニューヨークから戻った。
音楽撮りの通訳とアテンド。
いろんな事をしすぎだ、っちゅーの(笑)

譜面が読めて音間違いが指摘出来て、映像と振り付けが解って、
現場を仕切れる通訳という事で、
以前は音楽付きの映像を作る仕事の統括もしていたので、勝手はわかる。
この中では、英語が一番ダメくらいのノリで、私にとっては写真以上にラクなジャンル。

NYでのダンスのクラスを受けたいがゆえに、引き受けたけど、コレもいいなあ〜。

NYでは実はずっとスタジオに缶詰。
それでもNY。もうエナジーがNY。

一応カメラを持って行ったので、ちょこっとは撮った。
NYはフォトジェニック。どこへ出かけなくても、どこを撮ってもサマになる。

ホテルではなく、キッチンつきのアパートメントを借り、
スタジオへはキャブを拾い、または地下鉄に乗って移動。
LAでは車がないとどこへもいけず、明るい太陽の下、明るい引きこもりになるしかないが、
NYの移動はLAに比べて快適で便利。

東京とニューヨークのエナジーは似ている。

マンハッタンは24時間眠らずに動いている。
イーストビレッジは渋谷のようだし、SOHO、NOHOは代官山。
チャイナタウンは前世界共通だし、
アッパーイーストは、青山裏通りみたいだし、
五番街はブランドづくめの、さしずめ銀座?
全てが手のとどくところにある街。

ホームレスもビジネスマンも富豪もごちゃまぜに居る。
眼光が皆、やや鋭めにギラっと光っている。キラ、じゃなく、ギラ。

日本のお医者さんもいるし、日本の食べ物も適当に手に入る。
しっかり動き方さえ把握すれば、こんなに便利な街はないかもしれないと思う。

が、しかし、

LAで一日に一個モノをこなしたら優秀、というリズムに慣れていると、
とてつもなく忙しく回り、自分のエネルギーの回転数が早く感じ、
優秀になった気がする。

LAは休息。
NYは覚醒。

そんな感じでLAに戻ったらManicになっていて、頭の回転が止まらない。

それでも日本のクライアントさんは「NYはのんびりしてますねえ〜」と言う。
彼らがLA来たらどうなるんだ?
「休暇じゃねえんだ!」とキレるかも。

とにかく、楽しいお仕事を、ありがとうございました〜〜♪

というわけで、今日からはLA.
キッズミュージカルの撮影にいってきまーーす!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中