父とダンスと私とハグ

父と私は仲良しだ。
よく話もする。それも世間話に留まらず、父の幼い頃の話(多分、他の誰も知らない話)、さらに宗教的な話、魂系の話、そして、最近は趣味も同じダンスなので、ダンスの話などもする。

父親とは産まれて最初の「外側の人」すなわち、自分にとってのワールド。父親の事を大好きだと言う「ワールド」を持てている事をとても光栄に、ありがたく思う。

父が社交ダンスを始めたのは68歳だった。
お父さん、いつまで続くんだろう?
私たち姉妹は、クスクス笑ったものだった。

踊りを踊った事のない60台の男性が、西洋のステップを踏むのだ。しかもディスコもクラブもなく、リズムにのって体を動かすという事そのものがなかった時代の男性にとって、社交ダンスはきっと大きな挑戦だったと思う。

何が父をつき動かしたのかは知らない。
多分「ああ、近所の誰々さんも習ういうたさかい、つきあいで」
みたいな事かもしれない。

実家へ帰るたびに、決まった曜日にはダンス用のシャツを着、デオドラントの心配をし、シャキっとした格好で嬉しそうにダンスにでかける父を見るのが大好きだ。

父は、どのように踊るのか、帰るたびに少しづつ見せてくれる。
最初は大笑いしたダンスだったが、数年経つと上手になってきて驚いた。

===

2005年頃、一度LAに遊びにきた事がある。その時、両親をクイーンエリザベス号に連れていった。
「社交ダンス場もある」と言う情報を仕入れるや否や、「どこやろ?どこやろ?」と言う父と見つけた、豪華船内の「Ballroom(社交ダンス場)」

立ち入り禁止にはなっていなかったが、営業をしてはいなかったようで、電気も消えていた。
「うわぁー、ホンモノや!すごいなあ。ホンモノの社交ダンス場や」
と感激しまくるので
「お父さん、踊ってみせてよ」というと
「ええんかな?ほんまかな?パートナーおらんけど、ええか?うわあ、ワシ、光栄やなあ〜」

そういうと、恥ずかしさなどはまったくなく、ただ無邪気に「やってみたい」という子供のように、ホールの中でステップをふみはじめた。
それが驚くほど上手になっていて、背筋もしっかりのびていて、父はキラキラと輝いていた。

母もトムも私も、凄く嬉しくなった。その昔、笑いのネタだったお父さんのダンスは、一瞬のうちに自慢のダンスへと変わった。

===

私は、小さい時からバレエなどを習わせてもらい、18歳から後、プロとしては上手ではなかったけれども、断続的にずっと踊っていた。体を壊して左足の神経がマヒしてから、10年は、一切踊っていなかった。もう一生ぶん踊ったし、淋しさもなかったので、もうダンスは充分だと思っていた。

が、3年前、ファイブリズムという感情リリースのダンスと出会い,もう一度踊り始め、それを父に話した。

「お父さん、私ねえ、この年になってもう一度踊るなんて思わなかったよ」

「何を言うとんや。いくつになっても遅いと言うことはあらへん。お父さんはな、68歳から始めたんやぞ。もう12年のベテランや。ベテランにしては上達は遅いけど、そんでも上手になったぞ〜」

そんなこんなで、電話でもダンスの話題になる。
「今はチャチャチャを習うとるんや」
自転車の修理をしながら、CDラジカセでサンバなどのラテンの曲をかけている。

1月に帰ったときも、
「習ってるやつ、踊ってみせてよ」
というと、テレもせずに、よっしゃ。靴下やさかい、ちょっとすべるけど、などと言いながらステップを踏んでみせてくれた。

私が目の前で覚えて、じゃあ、一緒に踊ろうか、と、父と一緒に手をつないでペアダンスを居間のテレビの前で踊った。
「お前はさすがに若いだけあって、覚えるの、早いなあ」
「若くはないけど、そりゃ昔は仕事でやってたから、これくらい覚えられるがな」
などと言いながら、二人で10分ほど、踊った。
キッチンで夕飯を作っている母親の顔が嬉しそうにほころんでいた。

私はダンスを踊れてよかった、と思う。
父がダンスを習ってくれてよかった、と思う。
こうやって80を過ぎた父と、一緒に踊れるなんて。。。
ダンスやハグをはじめとしたスキンシップは、きっと人間を元気にする。

===

話はそれるが、私が実家へもどると、「アメリカ式〜」といいながら親をハグする。
最初は戸惑いながら逃げ腰だったのが、今は楽しんでしっかりと抱きしめ返してくれる。これが恒例行事になった。
思えば、娘を抱きしめるなどという行為は、日本ではティーンになった頃から後は、ぜんぜんないと思う。
今は、嬉しそうに嬉しそうに、きつく抱きしめてくれる両親や叔母。
これだけでも、アメリカで住んでてよかったな、と思う。

===

現在81歳の父。
以前よりもキュートになり、以前よりも杉良太郎系セクシーな流し目の目線などをするようになり、その奔放さと、人間の無限の可能性に、おどろかされている。

広告

父とダンスと私とハグ」への4件のフィードバック

  1. 読んでて穏やかで、幸せな光景が目に浮かぶよ~。素敵な関係ですね~。私も乳とは距離近いけど~はグはありえないかなぁ~まだまだアメリカンじゃないな–;

    1. 直子さん、ありがとうございます。
      ほんとに幸せな関係です。
      ハグ、冗談でしてあげてくださいよー。最初は冗談でも、そのうち、きっと喜ばれると思う。ふふふ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中