感情の裏側にあるもの

実質2つのワークショップでしかお会いした事がないが、憧れ以上、
私を含む、多くの人の人生を変えた「5リズム」の創始者のガブリエルが、
新月とともに、天へと羽ばたいた。

知らせの会った直後、木曜日の5リズムのLAクラスで泣いているのは私一人だった。
もっと辛いであろう人や、もっとガブリエルに近しい先生が、
涙の選択じゃなく、愛の選択をしていた。

永遠の旅立ちは、頭ではサイクルだと解っている。
だけど、旅立ちを、愛を持って祝福をする感覚にはまだなれない。
混乱が悲しいという感情に蓋をする。
スーっと心が閉まるのがわかった。

日曜日のクラスは世界中で、ガブリエルの旅立ちを祈るダンスをするはずなのに。
私は蓋を取ると胸が張り裂けそうで、繕うのも嫌で、行かない理由をみつけた。

閉ざした蓋を反映するように、何を見ても「けっ」と思う一日だった。
NYへ行けなかった事への怒り(行こうと思えば行けたかもしれない)
フェイスブックのお祈りページに何も書けてない事への怒り(書いては消した)
今日、ダンスへ行けなかった事への怒り(本当は行けた)

だけど、よく考えてみたら、それは、私自身に怒っているのだった。
私の周りに投影するような事がいっぱい起こった。

「あなたの中の、どんなエゴが今、反映してるのかしらね?」
ガブリエルがそう言ってるように思えた。

こういう、ショックな事があると、
・誰よりも先に完璧にそれを対処するか、
・遅れをとった言い訳をするのが嫌で、何もしないか、
このどちらかになる自分の癖を見た。

そして、前者では自分を誇り、自分の事は好きになるが、進歩がないまま。
後者では、自分を否定し、自己批判の雪だるまに埋もれて鬱へと入る。
これが私のパターンだ。

そうだ。今回は後者で、やらなかった事によって「自分はダメだ」と思う自己否定。
「達成出来なかった」と言う後悔。
それがこんな時にまだ出て来る。

ー 悲しんだって いいんだ。
ー 泣いてたって いいんだ。
ー 他の人と同じでなくても、自分の方法、自分のペースでいいんだ。

そう思った時、
私の中のガブリエルが にっこり微笑んでくれた気がした。

「あなた自身でいなさい。be yourself 」

+ + +

ガブリエル。
導いてくれてありがとう。
今更ながら、すごい人と会えたんだ、と実感しています。
あなたの生きざまを尊敬しています。
素晴らしいクリエイションと、
大いなる愛をありがとう。

新しい空は心地いいですか?

I Love You!!

広告

感情の裏側にあるもの」への3件のフィードバック

  1. FBでガブリエルがただならぬ状況にある空気は感じていたのですが、そういうことだったんですね。
    ガブリエルの旅立ちに祈りを捧げます。

    1. mahoさん、ありがとう〜〜。
      ガブリエル曰く、「ダンスは祈り。クラスだけじゃなく、トイレでもキッチンでも、自分の波を身体に感じて揺するだけでもいい。自分の場所を見つけて、日々、踊り続けて」
      Yes… Let’s Dance!

  2. 人込みを歩くときは踊っているつもりでしたが、まだまだですね~
    クリエイティブにダンスしていきます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中