やけどにまつわる話

実は、今晩、なべの中にうどんをいれようと思ってうどんを茹でていた。

出来上がったうどんをガス台からシンクまで運ぶ間に、なぜか鍋を落とした。
100均で買ったシリコンのなべつかみが滑った。
こんな事があるんだ。
しかも、何かにひっかかったらしく、鍋が落ちる前に、顔に熱湯を浴びた。

ありえん。。。

あまりの音にトムがびっくらこいてやってきて、事の成り行きをみて
「うどーん!モッタイナイー」
と言った。やっぱり空気を読めない夫は空気を読まないんだ(笑)

「あたし、顔に熱湯がかかったんだけど」と言うと
「えっ!熱いの?」
「そりゃ熱いに決まってるでしょ。たった今まで煮えてたんだから」
「オーノー!!」

そんな会話をしてふと気付いた。

あ、あたし、あんまり熱いと思ってなかった。
かかった瞬間になぜか「熱くない!」と念じた気がする。

ディーパックチョプラ氏が、著書、Ageless body, timeless mind(確かこの本だったと思う)の中で、「たとえ熱湯をかぶっても、その時、脳が「水だ」と指示すれば、やけどはしない」というような事を書いていた。

熱湯がかかった時に、「あんまり熱くない」と思った自分に感謝だ。

しかし、同情をしないトムから同情を買おうと「熱いに決まってるでしょ!煮えてたんだから!」と言ったと同時に
「しまった。言わなきゃよかった。これでケロイドになったら困る」と思い直し、バスルームへいって鏡に自分の顔を映したら、、、

あらららら

お湯のかかったところが真っ赤になってる!!

先週、トム夫がスチームで腕を少しやけどした時は、パニック状態で大騒ぎだったが
やはり女と男は違う生き物。
私はタンタンと、

水で冷やす。水で冷やす。
そしてその次は、、、

「そうだ。ラベンダーオイルを塗ろう」

===

ヤングリビングのオイルを、かれこれもう7年以上使っている。
アロマテラピーどうのこうのと言われるちょっと前な気がする。
そもそも、アロマオイル(精油)をセラピー的に使う事をアメリカに紹介した、そのハシリだと思うんだよね。

ヤングの社長、ゲイリーヤング氏は、薬としてオイルを使えるように、自分の身体を使って人体実験をいっぱいした人。

何かで読んだ逸話で、ラベンダーオイルがやけどに効くのを実証するために、自分の腕かどこかをわざわざやけどさせて、オイルを垂らして実証したのだそうで。。。
パッションと狂気の持ち主。
私はこういう狂気が好きだ。
まさにパイオニア魂なんだな。

その話を思い出したので、迷わずラベンダーオイルを顔に。

すると、、、

うひゃーーーーー しみるーーーーーー!!!

でも、乾くまもなく、10分おきにオイルを塗る。

顔を洗ったときはやけどの箇所が赤くなってたのに

あれから小二時間。

「熱湯だ」「熱い」と思わなかった事と、
ヤングのラベンダー。
2つの要因が重なって、
どうやらケロイド、まぬがれそうだ。。。。

  ・

いや、しかし、
今更ながら再度驚くわ。
すごいわーーー、ヤングのラベンダー!!

購入は会員制で、紹介者番号が必要となります。
私の番号でよければお使い下さい。(913288)

いやーー、マジでびっくりしたわーー。

よかった。
女優 須磨子の顔は無事です。

*カラオケで英語の曲を入れたら、何度入れても「女優 須磨子」という知らない曲が出て来て以来、友達の間ではそう呼ばれている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中