見た目とやってるつもり

ダンスして、自分がのめりこんでいると、自分の身体はすごく動いているように思う。
ヨガでも、自分のポーズはヨガジャーナルにのっているみたいにキレイに出来ていると頭では思っている。

一度ビデオテープにとってみたら、世間に謝りたくなった。
こんなダンスをお見せしていたのか。
たとえパフォーマンスでないにせよ、私が「やっているつもり」のダンスは、思っている身体の部位は全然動いていなくて、驚いた。
平に、平に、謝りたい(笑 しかも、誰に?)

イマジネーションの中での「最高の自分」と、他人を比べて「あの人はハートのあたりが動いてないわ」などと密かにジャッジしてたりする。
だけど、自分の胸近辺なんて、鋼鉄のように動いてなくて、笑ってしまった。

それをワークショップで動かした。
すげーーー、今まで一度も動いた事のないような場所が動いて、身体がまるで「ズッポリ通った」感覚。

いやーー、やっぱ身体は大事だわ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中