世界中で女性が立ち上がるOne Billion Rising

10億人で立ち上がろう、女性のためのムーブメント

世の中からレイプはなかなか消えない。
昨今、インドでもバスで何人にもレイプされ、殺され、放り出されたりとか、中近東では政府が黙認するなど、さまざまなニュースがある。

スピ的に「私の見える世界が私の選んだ世界」と見ない事も可能だが、立ち上がるというのも一つのポジティブな選択である。身体をもらってこの地球に来たので、こういう選択はしっくり来る。

One Billion Rising は今年のバレンタインで15周年らしいが、元々、レイプや家庭内暴力に立ち上がるための、女性の運動であったと言う(と今日ラジオで聞いた)。
かつて性的な事で悩んだ女性が舞台でそれを一人語りする「バジャイナ・モノローグ」(女性器は語る)という、アメリカのムーブメントとも関連している。

ラビ・シャンカールの娘でノーラジョーンズの異母姉妹、アヌシュカー・シャンタールも賛同者の1人として運動しており、同じラジオで彼女のコメントを聞いた。

「私は両親の信頼している使用人から性的なハラスメントを受けた事があります。世の中の、実に3人に1人は、痴漢や強姦、セクシャルハラスメントの危機に遭遇した事があります。これはおかしい。世の中を変えて行くためにも、私達は大きく声を上げて立ち上がる事。そのためにダンスを選んでいます。ダンスは最も早く癒せる物理的、精神的なヒーリングだからです」

おおお〜〜、だからダンス〜〜!

私の通っている5Rのクラスでも、そのためのファンドレイジングを今日やる。
サンタモニカでも、ベニスビーチでも、ニューポートビーチでも、フラッシュモブ(いきなり街で団体で踊り出すアレです)がある。

10億人の女性が、踊りを通じて、世界中つながっている、と思えるエネルギー空間を作り出す。このために、今日は皆、踊る。160カ国以上でこのムーブメントがあるんだそうな。

黒と赤のツートンカラーで来て下さい、との先生からのお達しがあったので、私も黒と赤を来て、今日2回目のダンスに今から行って来る。

追記:
サンタモニカのスタジオでは、赤と黒を着た人がいっぱい。
そしてスタジオへ行くまでに、私の赤と黒の洋服を見た車が数台、窓をあけて「I LOVE YOU!!!」と叫んでくれた。
すごいーー。多くの人がこのムーブメントを知り、立ち上がろうとしてるんだなと実感。しかも闘うのではなく、ダンスという方法で。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中