愛しのベティさん

老人ホームで車いすのおばあちゃんたちにダンスを教え始めてからはや1年になった。
毎週金曜日の朝、10時から、ロサンゼルスにいるときは必ず行く。曲がりなりに1年続いた。飽き性で怠けモノの私が「ちっ、やだなー、やっぱり行くの〜?」と思いながら8時に起きて(遅いですよね、すみません、世の中の方)渋滞の中ダウンタウンはずれのホームまでいくと、おばあちゃんたちの笑顔に「やっぱり来てよかった」と毎回思う。だけど、行く前はいつも「ちっ、まったくなー、サボれる理由ないのかなーーー」な自分。

行ったら行ったで、いつも嬉しくなって帰ってくるのだ。
それは、それぞれのおばあちゃん達のキャラクターで、特に何人か仲良くなった人がいるわけで、といっても、個人的な話をするわけでもなく、何となく、目が合って、笑い合って、じゃあまた来週ね!とお話するだけなのだが、そう言う人たちが何人かいるわけだ。

認知症のほうのクラスには身体は元気だけども覚えられない人たちがたくさんいる。
このクラスはものすごくワガママで、ものすごくありのままで、ものすごく人間臭いので、私はとても気に入っている。

この前も「こんなにご老人をダンスで動かして大丈夫ですか?」と聞いたら
ヘルパーさんたちは
「大丈夫大丈夫、身体動かしてもらわないと、ヒマでヒマでケンカばっかりしてるから。ケンカするエネルギーをダンスで発散してもらわないとね」

ティーンエイジャーじゃないんだから、とクスっと笑った。

認知症のクラスは40〜50人いらっしゃるのだけれど、その中でいつも一番前を陣取ってかなり濃いキャラクターをしているのがベティさん、マチコさん、ふさえさん、岩(動かないのでそう呼んでいる)プラス7〜8人。

特にベティさんは96歳なのに、立ち上がって踊ろうとしたり、大変な元気なので、ヘルパーさんがいつも「ベティさん!座って!座って!」と言うのだった。

ベティさんは日本人で、日本語をしっかり聞き取れるが、答えるのは英語。
長くコチラに住んでいると、英語名を持つ方も少なくない。
多分、第二次大戦の時くらいにはコチラにいて、ものすごく頑張られた一世なんじゃないかと思う。

96歳のベティさんの身体能力は恐ろしいほどにすごく、足なんてガンガンあげるし、ジャンプするがごとく跳ねる。
北カリフォルニアでアンナハルプリン93歳のダンスのクラスを受けているが、ことディスコダンス系に関してだけいえば、アンナハルプリンよりベティさんのほうが上なんじゃないかというほどの身体能力。

オカッパの頭にサングラスをして、とにかく「昔、悪かったんです系」の目つきをしていた。

夏頃、ダンスのインストラクション中にマイクを通して「ベティさん、すごいですねえ」といったら、彼女はルームメートのマチコさんに「オーマイゴッド、シー ノウ マイネーム!」と言った。(とknowsじゃなくShe know my name! というあたりが、移民ぽくっていい)

私は「こんなダンスの上手な方、名前くらい覚えますよ」と返すと嬉しそうにちょっと笑いながら、フン、と横を向いた。あまのじゃくで、それはそれは元気なベティさんだった。

今年に入っても彼女は元気だった。私が何かすると笑い、一緒に歌を歌った。
1月の終わりのクラスでは白い服を着ていたが、なんとなく顔を合わせなかったので、どうしたのかな、今日はゴキゲンが悪いのかな、と思っていた。

2月14日。
クラスへ行くとベティさんの顔がなかった。
時々、風邪を引いた人などはうつすといけないという理由から別棟に移される事があったので、風邪でもひいたのかな、と思っていた。

クラスが終わった後に「今日はベティさん見かけませんでしたね」と言ったら
「ああ、ベティさんね、実は二週間前に亡くなったのよ。肝臓がんだったの。ものすごく我慢強いから微塵も見せなかったけれども。。。」

え。。。

こういう風にね、老人ホームへ来ているという事は、いずれそういう人に遭遇する事もわかっていた。が、ベティさんが、その一人目なの?

14日、その事を聞いた当日は大丈夫だった。
が、帰って来て一日経った今日、
私は悲しくて悲しくてやりきれなかった。

人は誰も死ぬ。そんな事はわかっているけれど、
ベティさんが亡くなるなんて。。。

アタッチしてはいけない。だれかに感情移入をしてはいけない。
そう言い聞かせながらも、
お年寄りたちは存在そのもので私にたくさんの事を教えてくれている。
96歳でガンガンに踊るベティさんは、私の未来の理想の姿だったんだよね。

私のやっているクラスでは、
自分の身体に感謝できるように、自分を許せるように、自分に許可をする瞑想なども取り入れている。お年寄りはソレが好きで、いつも私の話を聞きながら胸に手をあててうなづきながら、時に涙してくれる人もいる。

いずれ亡くなっていくであろうときに、少しでも自分を愛してくれたらいいな、と思い、「送る役割を少しさせてもらっている」と自負していたのだが、本当に私にそんな事が出来たんだろうか?ベティさんは私とあって、ほんの少しだけでも、そんな気持ちになってくれたのだろうか?

間違いなく、エネルギーが通い合った人。
人との付き合いは、覚えていようと覚えていまいと、
エネルギーの交換になる。

ベティさんのエネルギーは私は大好きで、
彼女からどれくらい元気をいただいた事か。

愛しのベティさん。
どうか、おもい存分ソチラで踊って下さい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中