バシャール:それぞれに響くポイントが違う理由

ご縁あって、またまたバシャールの個人セッションを傍聴させていただいた。
バシャール、アゲイン。

個人セッションはその方の個人的なものなので、お伝えしないが、インテリで心の暖かいその方の質問はとても興味深かった。(しかも英語がすばらしく堪能!)
私が感じた、「ビタっと来たポイント」だけ、ここではお伝えさせていただく事にする。

  全ては私たちの中にすでにある。
  それを「思い起こさせているだけである」

これが私に響いたキーワード。

「すでに自分の持っているものから思い出すだけなので、バシャールという媒体を通して、”自分が響くポイント”をメッセージとしてそれぞれに受け入れているのだ。何もバシャールがあなたの知らない事を教えているわけではない」と言う意味合いの事を何度か言っていた。

現に、傍聴させていただいたその個人セッションのHさんと帰りに車の中で話をしたが、受け取り方が違うというか、響いているポイントが違い、Hさんの持っているものと私の持っているものとの違いが浮き彫りにされたように感じた。Hさんが響いているポイントから察するに、Hさんはとても優しい。

バシャールはセッション中に「ヒントをくれませんか?」と訪ねられても「いやいや、言わない」と答えた場合もあって「頭で考えるな。すでにあるものを再発見しなさい」とも言っていた。

私には、バシャールは、とても自立を促しているように聞こえた。

というよりも、、、、、

多分、私がダンスの先生になり「教えたい教えたい、もっと教えたい」と思っている気持ち(エゴ)があり、それをどこかで「違うんじゃないか?」と思っている自分もいて、
「教えるのではなく、皆が自分で発見出来るような、自立を促す事を学びなさい」と、バシャールを媒体にして自分自身に響かせているんだなあと、強く思ったのだった。

そう、答えは全て自分の中にある。

5リズムの創始者、ガブリエルロスも言っている
Body Knows (身体はすでに知っている)

Yes!!!

広告

バシャール:それぞれに響くポイントが違う理由」への1件のフィードバック

  1. 本当にLAではありがとうございました! LAにいる間、masayoさんと一緒に時間を過ごせたおかげで、LAでの体験が(短い滞在でしたが)、より豊かで、かつ、咀嚼しやすいものになった気がしています。「自分の中にある答え」を、みつける(感じる)ひとつのメソッドが、5リズムのような、身体から、答えを感じるメソッドなんかな、と(雅代さんとお話ししてて)思いました。自分は、「夢」というメソッドを活用しようとしているわけですが。ホント、感謝!です。日本でもお会いしましょう!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中