自信と正直さの関係

私は自信タップリな人に見えるらしい。

けどそんな私も、時々、自分に大きく自信がなくなる。

それはまるで昔あった漫画の「白鳥レイ子」みたいで、普段高飛車に自信タップリなくせに、一旦その自信を失うと、奴隷みたいになってしまう、両極端で真ん中がないキャラクターとカブるところが多くある。

ブイブイのときはよくても、レイ子落ち込み状態になると、世の中が全部真っ暗で、ロビンウィリアムズが死んだ気持ちなんてすごくよくわかって、身体が動かないような、そんな気分にさえなってしまう。

同じティーチャーズトレイニングの仲間、美しいサマンサにその話をした。

「その気持ちは私もよくわかる。だけど本当の自分の気持ちに正直になったら何が大事かがよくわかるようになる。自分の気持ちに嘘をついていると自分が嫌になって、自分に自信がなくなっていくのよ。たとえ損をしてもどうなっても、自分のフィーリングに正直にいる事。そうしたらちゃんと自信が持てる。」

そういって、彼女の彼の事を例に出して言った。サマンサの彼はとても正直で、絶対に嘘をつかない人。嫌な事は嫌だ、と、それがたとえ大先生であっても、同意出来ないときには「申し訳ないけれども、自分の気持ちはそれにそぐわない」と、戦わず、まっすぐに優しい目で言える人。

サマンサの言葉は身体に染みた。

「うん、実は、義理で無理してやってる時は身体が居心地悪い」と言ったら

「ほら、そうやって身体が反応してるじゃない?身体は嘘つかないわよ」とサマンサ。

「でも、それ、相手には言えない」といい格好したがりの自分。

「正直なディテールは言わなくていいのよ。それは相手を傷つけるかもしれないから。そうでなくて、自分ベースで、”自分にはとても困難だった、自分の身体に嘘はつけない、ごめんなさいね”とだけ言えばいいんじゃない?」

そうだ、ものごとはそれくらいシンプルなのだ。

 

そう言えば。。。

自信のカタマリみたいな友人がいるが、彼女はいつも、自分に100%正直だ。たとえそれが毎回言う事が変わるので、アイツは信用できない、と言われようと、言われまいと、彼女は瞬時瞬時の自分の感覚にとても正直だ。それがたとえ世の中的に正解であろうと間違っていようと。。。

そうか、そうだったか。

何をいまさら。。。いやいや、物事を納得するのに「遅い早い」はない。

これが私のプロセスなのだ。

うん、もっと自分に正直になろう。

信じる力?

信じる力は凄い。引き寄せの法則とか言われて久しいし、思考が現実化すると言うのは正しいと思ってる。その力を侮ってはいけない。それくらい強い。

だけど、信じる時は、バランスと責任もって信じないとダメだ。

周りにはかなりサイキックと呼ばれるような力を持つ方(チャネラーさんだったり、ヒーラーさんだったり)が多く、共通して、ものすごく信じる力が強い。そして、そのパワーに反して、世間ズレしてないウブな方が多いのも事実だ。その昔、パソコンを買いに行って「白いの下さい。白よ!絶対白なんだから!」ともの凄い形相で言った某チャネラーも居て、一緒に大笑いしたものだ。

私には呪文に見えてしょうがない時がある。現実、ちょっと冷めてみれば、おいおい危ないでしょ?という事も、それは誰が見ても黒だよね?と言う所を希望的に白と言ったりとか。呪文は正しく使わないといけない。でないとコントロール/洗脳、または固執だと思う。

しわ寄せて「ありがたいありがたい」を繰り返して、本当にハッピーで問題が少なくなり、順調に店を切り盛りしている友人がいる。それはそれで素晴らしい。やり遂げると言う事はもの凄いパワーだ。

どんな時も「愛と感謝」で、ホントかよ!と思ったけど、貫き通していかれた方もいる。それはとてもカッコいい。

だけど、どう考えてもソレはNGだよね?という所に、信じるパワーを持ってきて、「信じてたのに」と後で泣きを見た友人に「いや、ソコは信じちゃイケナかったと思うよ」としか言えなかった、という例もあった。具現化させない方がいい事だってある。

また、最近の成功哲学メソッドのアプローチ法を見てると共通してるのは「覚悟と作り替え」。それはおおむね同意するものの、どう見たってモデルになれない人に「覚悟」を即すよりも、ソレ無理だから、という現実を見る力を鍛える事も即したほうがいいと思うんだよね。痩せられるだろうし、ちょっとのプロポーションは変われるけど、足だけ20センチ伸びるのは骨に異常をきたす。そういう意味で、成功哲学の誰にでも当てはまる系の精神論にはちょっと首を傾げる事多い昨今。マーケティングとコントロールの紙一重。

こんな事を書いている私だって、自分の鋭い感覚を「信じて」、あ、ソレ違う!と思ってるわけだから「信じる人」なのだけど。もっと動物である事の特性も生かせばいいのに、と思う。オシイな、と。

動物は腹をすかせたライオンが視界に入ったのを見て、それを「ライオンじゃない、ライオンじゃない」とごまかして信じたりはしない。素早く逃げる。目の前までライオンが来て、もうどうにもならない時にだけ「私は死んでいる。私は死んでいる。だから食べても美味しくないですよ」と信じるのだ。この違い。

そう思うと、動物って現実的だよなあ。。。

動物はアタマで考えない。身体で感じる。身体で動く。

動く瞑想「5リズム」クラス

【8月のクラスのお知らせです】

8/17(日曜日)朝10〜12時 Gaia’s place
(お申し込みの方に住所を送らせていただきます)

8/29(金曜日)夜8:30〜10時  Harmony Yoga Studio,

901 N Pacific Coast Hwy, Redondo Beach, CA

レドンドビーチエリア、PCHと Herondo Stの角です。角には「REDONDO BEACH」と大きく書かれたアーチが見えます。駐車場は後ろ(すぐ後ろ&裏の地下)にたくさんあります。

クラスは一回、15ドルです。
14歳以上なら、老若男女、健康/不健康は問いません。
未成年$5
極端に貧乏だけど絶対参加したいという熱意のある方も、$5
また、セッティングや受けつけのお手伝いとエクスチェンジしたい方は、お気軽にお申し出下さい。

裸足で動きます。をかきますので、着替えと飲み水はご用意下さい。

redondo