コンティニウム 1

最近、5リズムのために、コンティニウムのクラスを受けている。

コンティニウム(コンティニュアムとも表記 continuum)は、エミリー・コンラッド(故人)が体系化した、身体の中を動かすムーブメントのメソッド。

瞑想してる時の、エクスタティックダンス(5リズムも含めた)を踊っている時の、ヨガのサバアサナのときの「トリップ感」。
あれにアプローチするのがコンティニウムなんじゃないかと想像している。

5リズムではスティルネスの時にトリップ感に大きく気づく。ソウルモーションもしかり。この時、「内側がすごく動いている」と感じる。マイクロ・ムーブメント(微小な動き)は外側に見えるのはほんの指先一つでも、中では大きく動いている。細胞が動いている。

コンティニュウムはパフォーマンスじゃない、
いわゆるダンスでもない、
結果的には瞑想だけど、いわゆる典型的な瞑想でもない、

大きく動くのではなく、内筋、インナーマッスルを、流れるように、水のように動かす。
身体は水。身体の中を液体性を動かす。

「身体を液体のように動かす」事は、5リズムでも同様。
その液体を身体の中でスムーズに流す。コンセプトは同じだが方法が違うだけ。
5リズムが「外へ」の動きなら、コンティニュウムは「中へ」の動き。

===

人はふつう大雑把に動いているため、自分の内部、細部の感覚に鈍感である。
怪我でもしなかったら気づかない感覚がいっぱいある。

例えば普段は7色くらいで動いてるとする。(TAW、一色真宇氏の表現をお借りする)
自分の身体と繋がり始めると、その7色が12色になり、24色になる。

いわゆる自分の身体の中を100色でスケッチできるようになったら、どんなに素敵だろう。。。☆

やった事がない時は、色が数色で、スケッチに例えるとすれば、身体の面取りも粗いから細部まで感じられない。

細かな感覚というのは、感じられないとつまらない。
ここを感じないと、身体があたたかくすらならないのだ。

慣れてる人はすごく内部が動くから、外から見た目には何も動いてなくても、外の動きと同じくらい身体の中が大きく動く。だから、あんまり動いてないにもかかわらず、汗だくだったり。また、実際に動いたのと同じ暗い体力を消耗する。

身体は宇宙。自分の宇宙の中に入る。

その宇宙を旅し、その宇宙を動かすのだ。

水のように、流れるように。

この感覚を5リズムの時の全てに使えたら、さらに5リズムにも深みが出ると思う。

わくわく☆

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中