怠けモノの化粧水

LAに来て この10年、化粧水を買った事がない。

使っているのは、ベジタブル・グリセリン ベースの手作りの化粧水。
ベジタブル・グリセリンに、肌にいい精油を入れ、水で薄めるだけ。
それに時々フルボ酸を入れる。もしくはフルボ酸は後で塗る。

怠け者なので基本的にはノーメーク。
メークをするのはハロウィンくらい。
肌を甘やかし(いいものを塗る)も酷使(化粧して毎日落とす)もしてない。プラスマイナスがゼロなので、それでも案外大丈夫なのだ。

化学物質があまり好きじゃないので、基本、口にしても安全なモノにしている。
米ぬか、オリーブオイル、アボカド油、ココナッツ油、ハチミツ、ヨーグルトなど、食品スーパーには肌にいいものがいっぱい。
選べるならオーガニック。

▶ ココナッツオイル
洗顔、またはお風呂の後、軽くタオルドライし、湿っている状態で速攻ココナッツオイルを塗る。通常は固形だが、確か30度近辺で溶け、肌にはスーっとしみ込む。風呂上がり用タッパーに入れておくと便利。
髪の毛の整髪料代わりにも使えるが、どことなくタイ料理な香りが漂う。

▶ オリーブオイル
お風呂上がりの濡れたままの身体にオリーブオイル(肌にいい精油を数滴たらしたものをあらかじめ作っておいてもいい)をつけて、タオル地のバスローブを身にまとう。肌の乾燥を防げる。
その昔、市販のベビーオイルでやっていたが、コチラに慣れると、より安全な感じがする。

▶ ごま油
アーユルヴェーダではごま油は有名だが、本来使用するのはローストしてない特別なものらしい。私はカドヤのごま油を寝る前に使ってしまったので、主人曰く「一晩中せんべい臭かった」と使用禁止例が出た。

▶ 秘技、エコ的ミルクバス
あまった牛乳、または空に近い牛乳パックを洗う時に、バスタブで洗い、牛乳分を肌にしみ込ませる。

▶ きゅうりと乳酸飲料
すりおろしたきゅうりを顔に塗ってパック。
その後、ヤクルト系乳酸飲料で顔を洗う。これ、近所のコリアンタウンのアカスリの後、やってくれる。
ご家庭でやる時は排水に流さないように注意。

基本、潤いと栄養を与えて、オイルでカバーをする。
これが基本なんじゃないか、と。

多分、輝く時は中から輝くんじゃないか、と。 または気合い。

思うに

肌も髪も、食べ物も、お顔のお直し(整形など)も、、
ケアしない派なら、完全に自然派で行くか
するならめっちゃ高いケア(何度も)するか。

どちらかが、結果がいいと思う。

ただ、あまり固執する場合、
双方ともに、その正確の厳格さが肌(食、顔など)に出て、
かえってヨロシクないような気もする。

いい加減でいいみたい。

▶ 私の化粧水のレシピ(150ccくらいのボトルの分量)

 ベジタブルグリセリン ボトルに10ぶんの1
 精油 フランキンセンス 5〜10滴
 精油 ベチパー     5〜10滴
 精油 ローズマリー   5〜10滴

これを振って混ぜ、そのあと水を入れるだけ。
塗る前に よく振ってから塗る。

身体にもドバドバ塗れる。
保存料が入ってないので、ドバドバ使って早めに使い切る。

お好きな精油(エッセンシャルオイルともアロマオイルとも呼ばれる。セラピー等級でヨロシク)を入れたらいいけれど、柑橘類系だけは肌につけるものに入れるのは禁忌。日に当たるとシミを促進する。業界の常識らしい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中