夫、初めての5リズム

10年前の私の誕生日に、夫に「私が行っているヨガのクラスを受けてくれ」と頼んだ。

「ヨガなんて女とかゲイのする事だ」
とオトコぶっていた彼が、はじめてヨガのクラスに参加した。

ちょうどその頃タバコをやめた事もあって、辛い事には辛い事をぶつける、という作戦が効いたようで
クラスが終わった直後
「これはいい!俺には必要だった。明日も行く!」
と、なった。

「あれ?ヨガは女とかゲイのする事じゃないの?」
と言うと
「悪かった。そんな事言ってイジめるなよ」
とハマった。

彼はそれからずっとヨガを続けている。
私はといえば、5リズムをやるようになって、すっかりパワーヨガから足が遠のいてしまってる今
「時々はブライアンのパワーヨガもやったほうがいいよ」
とたしなめられる始末。

クンダリーニヨガは時々やってるんですけど。。。

===

私が5リズムの認定講師となった初めての私の誕生日。
是非とも私のクラスを受けてくれ、と頼んだ。

そして、しぶしぶ(ヨガの時と同じように)
クラスに来てくれた。

トムがよく知っているHちゃんやKちゃんもいてくれたおかげで、
とても楽しめた模様。

そして、終わった後
「すごく楽しかった!君はいい先生だ」

と。

「踊れないって言ってたけど、踊れなくても大丈夫だったでしょ?」
「うん、ぜんぜん大丈夫だった。」
「汗かいた?」
「めっちゃ かいた。足にマメが出来そうなくらい踊ったよ」

そして、クラスに使う選曲も褒められた。
「君がくるみ割り人形のダブステップを聞いてるとき、何をするんだろうと思ってたけど、クラスで使うんだったんだね。それ以外の曲もよかったねー!」

家に帰った後、シャワーじゃなくバスタブに浸かりたい、とお湯を張りながら
「全身、もう筋肉痛だよ!すごく動かされたけど、どこも痛くない。今度君のクラスと比較するために、君の先生の、ケイトのクラスで思い切り踊ってみてもいいな。英語なんか気にしないで、君はもっといっぱいクラスをやったほうがいいと思う。いい先生になると思う。ほら、サンタモニカのパワーヨガ・イーストだっていいじゃないか。聞いてあげるよ!」

私が5年間、何に打ち込んでいたかを、ちゃんとわかってもらえたようで、とても嬉しい。

最高のバースデーギフト。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中