コリアンスパで朝食を

「人に自分をケアしなさい、という職業をしてるのに、自分たちをケアしないとダメ」という理由から、コリアンスパへせっせと通っている。一週間のうちに2回も行ったので、身体が喜んでいる。一回は同じく心配のダンスの先生フローレンスと、もう一回は、顔ヨガの高津文美子さんと。(高津さん、大喜び!)

実家の小浜へ帰ると必ず濱の湯へいき、東京のワークショップでは必ず浅草のスーパー銭湯まつり湯へ行き、大阪では鶴橋のスーパー銭湯。大きな湯船はこころのふるさと。

さて、コリアンタウン。
10年前はどこへいってもコリアンのオバチャンしかいなかった。
暖かいオバちゃんたちは「ほれ、こうやって、こうやって」と教えてくれたり、背中を流してくれようとしたり。人情味あふれる昔の日本の銭湯みたいで、その中に時々アメリカ人がいると、ほう、アメリカだなあ、と思ったものだが。。。

いやいやこの数年はビックリするのだ。

だって、7割が西洋人になって来てるのだから。

コリアンのおばちゃんたちをみかけなくなった。
ってか、こんだけ西洋人に浸食されたら、おばちゃんたち別なとこ行っちゃうなあ、きっと。

去年はハンコックスパ(お水が石で浄化されてるのが特徴)に夢中だったが、今年に入って、オリンピックスパに浮気。
だって、新しくなったオリンピックスパは中も奇麗だし、酸素のお部屋があるし、レストランもあるんだもん。

さて、どれくらい西洋人がコリアンスパにいるかと言うと、、、
フローレンスといったときも、よもぎ湯のバスタブの中に黒人が2人、白人が1人、メキシカンのフローレンス、私。
そして、帰ろうとして上がったら、なんと別なダンスの先生、ローリーと、マーガレットも!!!

そして、高津さんと一緒に来た2日後は、ミストバスの中、黒人が2人、白人が2人、そして私たち日本人が2人。
ロッカーで知った顔と出会ったと思ったら、新年会でカナちゃん宅であったパシオが!!! 

OMG!(オーマイゴッド) 
朝の9時にスパへ来てるのに、そんなのコリアンの人の特許みたいな時間だったのに、この人種のるつぼ。。。

けっこうウケるのが、アジアもの慣れした白人と、意識の高さを自負する黒人が多い。
「私はデトックスしている」と主張する黒人の女性に2回の入浴で4人もあった。
「ここのレストランのわかめスープがヴィーガンで素晴らしく美味しい!」と教えてくれたのもブラックの女の人だった。
そして、高津さんの手作り化粧水の香りに誘われて、真剣に聞いていたのもブラックの女の子たちで、風呂場のロッカーで、急遽作り方教室になった。
「肌には食べられるようなものを塗らないといけない!本当だわ!」と真剣そのものだった。

なんだかコリアンスパには、面白い人間模様、ニューウイブ到来の予感!
これは続けて来たら、何人かと必ずあって、友達になるに違いない。
お風呂でミートアップ(待ち合わせ)とかしちゃったりなんかして。

おもしろいなあ〜〜♪

で、せっせと9時前に入って、遅い朝食をスパで食べて、お昼前に帰るのだ。

ああ、至福の時間!

コリアンスパで朝食を。

http://hankooksaunaspa.com/
ハンコックスパ(アカスリ等しなければ$15)

http://olympicspala.com/   
オリンピックスパ(アカスリ等しなければ$20)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中