写真を撮られるという事

写真を撮られるという事は、ハートオープニングな発見だ。

ここのところ、ヘッドショットを続けて撮らせていただいている。

私があまりビジネスマインドではないので、モデルリリースもとらず、写真をウエブにのっけさせていただく事もあまりしてないのだが、私の写真をたくさんの人がFacebookなどのプロフィールに使ってくれていたり、オーディションに使って下さったりしている。

人の顔の美しい部分を発見するのが好きで、それらが一番その人らしくキラっと輝くアングルと心の持ちようがそろった時に、カメラのファインダーの中がキラっと光る。
これが出ると、その人は美しく写る。

サクラメントへワークショップにいったときも、カメラと機材を全部持って行き、友人であり、顔ヨガの師匠、高津文美子ちゃん宅のリビングをスタジオにし、文美子ちゃんのお仕事用のショットを含め、ダンスの友人も含め、6人も撮らせていただいた。いったいドッチがメインだかわからないような感じだけども、そのスタイルが最近は気に入っている。

文美子ちゃんの友人のヒーラーさんたちを撮らせていただいた時、
「うわっ、楽しい!これは病み付きになる!」とおっしゃっていた。
「ヘッドショット撮るのなんて、本当にイヤだと思っていたのに、こんなに楽にしてくれてありがとう!」と言っても下さった。

5歳の男の子はぜんぜんじっとしていなかった。
5歳の女の子は、撮られ方を知っていて、とても面白かった。

人は、撮られているシリから奇麗になる。

人は、見られなければ生きて行けない。
だから、私は自分が撮る時間は、完全にその人に自分の人生を捧げる。
その人の中に一番美しいその人を見る。
それが自分の役目なんじゃないか、と思う最近。

===

先ほど、一週間前にヘッドショットを撮った、サンタモニカカレッジに通う、役者志望の子からメールがあった。
彼女が選んだ写真に名前を入れ、印刷できるようにして送ったら丁寧なお返事をもらった。

「写真選考が通るように、念を入れておきました。リラックスしてあなたの一番いいところがいっぱい出ますように」と返事をしたら
「優しさに泣きそうです」というお返事をもらって、私のほうがもらい泣きしそうになった。

物事は波動だから。
そういう波動が入っている事がとても大事。

私が撮った人は、皆幸せになって欲しい。
皆、夢を叶えて欲しい。

心から そう、思います。

あなたたちは、可能性そのもの。

可能性に羽をつけて、羽ばたいて下さい☆

私も一緒に 羽ばたきます!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中