「空(くう)」を踊る

マウンテンビューに、アンドレアジュハンのワークショップに来ている。
1年に1度の、4日間ワークショップ、全5回シリーズ。これで5年目である。
アメリカ全土から来る参加人数60人のうち、5年全部受けた人は、私をいれて6人。
最初は悩んだが、このシリーズ全部をちゃんと終わりにするように受けて、本当によかった。

アンドレアは心理学士で、実に様々なゲシュタルト心理学のアプローチでワークショップを展開している。
様々なボディワーク、ソーマティックメソッドを、心理学的な立場から検証をとって来た人。

教え方も素晴らしければ、理論も素晴らしい。
なるほど、やっぱりアンドレアだ。
教えるようになってから、よけいに先生方の偉大さがわかる。

空を踊る。
スペースを見る。

ここのところの自分のテーマとどんぴしゃだった。

空間をどう見るか、
空間をどうとらえるか、
空間を外に、
空間を中に、

全体と部分。ゲシュタルト。

ミクロとマクロだ。

相対も、フラクタルも、全部、ここなのだろう。

今後、これに行き着くんじゃないかと思う。

そう考えると、仏教って早いなー、イケてるなー。

ダンスを使った手法でコレを学ぶというのは、頭じゃなく、身体で理解できるから。
英語で言うエンボディメント(体現)
「空」この感覚、すごいなあ。。。

あいかわらず人のおうちにお世話になりながら、ゴハンをつくって、皆で食べて
楽しい居候暮らしの4日間。

今回はスタッフとして参加なのもあり、
様々な準備から、楽しく、いつもとひと味違ったワークショップのとりくみかたも体験している。

「教え始めたなら、なおさらもっと習え」

私の先生がそう言った。

納得。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中