祭壇を創るアレッサンドロのモノローグ

エサレンでの、ルシア・ホランによる5リズムの一週間ワークショップの通訳が終わって、今一息ついているところ。

通訳の私以外にも、アシスタントとして、チェルシー、マリア、アレッサンドロがワークに参加。
アシスタントをしながら一緒に動いて踊るというのは、大変だけど、とてもいい経験。

クラスはもちろん、大感動なのだが、6日目の最後の朝の、ワークショップの終わりのシェアリング。
一番最後にシェアをした、同じ先生仲間のアレッサンドロの言葉にとても感動した。
アレッサンドロはオルター(祭壇)担当だった。

5リズムでは、宗教はないが、オルター(祭壇)を創るのが習わしとなっている。
1960年代、創始者ガブリエルロスへの敬意として、マーサがはじめた花一輪から始まったのだそうだ。
それはテーマを表す為でもあり、空間を安全に保つためでもあり、オルターが1つの皆のコミットメント(宣誓)でもある、とするからだ。

アレッサンドロは今回のテーマ「ハートビート」のとおり、ハートをモチーフにしたアートを創った。

1日目は、シンプルな赤い「ハート」
2日目は、花が咲いてるのに外に出られない「縄で縛られたハート」
3日目は、鉄のトビラをドラゴンがぶち破った「怒ったハート」
4日目は、クギが打たれた水色の「悲しいハート」
5日目は、白い羽がいっぱい生えた「喜びのハート」
6日目は、ベールがとられた「本当のハート」

美しく、そして時間がかかるであろうアートだった。
時には溶接を使ったり、鉄を切ったり、羽を接着剤で張ったり、時には生の花を使ったり。
一体、いつ、何時間これに費やしてくれたんだろう?
時々花畑で見かけた風景で、ゴツいアレッサンドロが自分で一本づつ、畑から花を選んでいる姿は微笑ましかった。

さて、終わりのシェアリングの最後を飾るアレッサンドロの言葉は、
映像的で、ショートムービーにしたいような、そんなセリフ達で、
書き留めずにはいられなかったので、ここに残す事にする。

===
===

俺は毎晩、全員のダンスが終わった後、真夜中にここへ来て、
1人でこのダンスフロアの真ん中に立って考えるんだ。
明日このモチーフをどのように変化させようかな、って。
どうしたら、皆がこれを見て喜んでくれるだろうか?
どうしたら、心を、より響かせてくれるだろうか?って。

そして、おもしろい事に気づいたんだ。
真夜中に1人で立っているのに、不思議とみんなが側にいる感じがするんだ。
一人一人、全員の顔が浮かぶんだ。
この人の笑顔、この人の泣いた顔、この人の困った顔、落ち込んだ顔、喜んだ顔、
そして、皆が俺の側で踊ってるんだ。
喜びのダンス。悲しみのダンス。強いダンス。弱いダンス。

今ここで、あの女の子が踊っているのが見える、
今ここで、あのジイさんが踊っているのが見える、
それぞれが皆、自分の人生の喜びとか悲しみとかを背負いながら
ここで踊ってるんだ。

びっくりして周りを見回してみる。
実際には誰もいないんだけど、どう考えても、皆が一緒にいるんだ。

そして、ああそっか、繋がってるんだ。
俺は一人じゃないんだ!って、嬉しくなったんだ。
そうか。そういう事だったのか。。。
って。

そして新しい祭壇に作り替えるんだ。

「俺が祭壇を創っているのではない」

いわば

「俺はただの『管』なんだ」

この祭壇は皆の祭壇で、
俺という腕を使って作り替えられるだけで、
本当はみんなのエネルギーが、みんなのエッセンスが
俺の腕を通して祭壇を作り替えている

そんな事を体験させてもらっている。

それはとても幸せな、不思議な、満たされた気持ちなんだ。

そして、そんな暖かい気持ちで、
毎晩、祭壇を作り替えたんだ。

皆は一つに繋がってるんだな、って本当に肌で教えてもらった。
大変だったけど、最高の事を学ばせてもらったよ。

この祭壇は、皆なんだ。
皆そのものなんだ。

ありがとう、ありがとう、ありがとう。。。

======

とてもあたたかな言葉だった。
アレッサンドロの言葉。

「悩み」とは分離感から始まる。
そして優しさに触れたとき、人は本来の繋がりを思い出すのだろう。
アレッサンドロの話はまさに「繋がり」「ワンネス」の体験。
その優しさと、繋がりに、
涙が止まらなかった。

IMG_1773

IMG_1770

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中