自分が輝くという事 2

=== 1から続きます。

犬臭い車の中で、何をしゃべったらいいのかわからなくて、あんまり喋らなかった。
もちろん、会話はするけど、あんまり、喋らなかった。

こういう人にはウソがバレる。
だから、ちゃんと心で話さないと単なる時間の無駄、自分の無駄。
なので、トピックを拾うのはやめて、自分の思っている事だけを話す事にした。

「アダムって、お坊さんみたい。」

「ああ、大学時代からずっとそう言われてきた。」

「前世があるとしたら、絶対にお坊さんだと思う」

「今がお坊さんだよ。踊るお坊さん」

二人は一緒に笑った。

===

その辺りから、なんとなく二人の関係というか空気感がつかめてきて、会話も弾んできた。

「一つ、教えて欲しいんですが。私は教え始めて、クラスの出来、不出来で自分がまだまだ一喜一憂してしまうんだけど、それって、、、」

と言い始めた途端、アダムは私の言葉を遮り、真剣な顔で。

「何を言ってるんだ。僕もまだ一喜一憂するよ。だって、本気でやってるんだから!いい加減じゃないんだ!」

It’s really big matter to me! because I CARE about it so much

と言った。

あ!
そうだ!
そうだった!

いつまでたっても、自分にできることを自分らしく、
一喜一憂するくらい一生懸命になって。。。

私はこの4月は「何のために5リズムを教えるんだろう?私は何をしたいんだろう?」と思っていた。
深くやればやるほど5リズムそのものがわからなくなり、いわゆる自分内ゲシュタルト崩壊の時期だったのもあったので、もうひとつ質問させてもらう事にした。

「アダム?なんのために5リズムをやっているのですか?」

いくつもの意味を含んだ質問を、心の底から、した。

彼は ゆっくりとこう答えた。

「5リズムをやる事によって、
自分の存在を輝せていく事が大事なんだ。
そんな自分で街に出る事が大事なんだ。
コーヒーショップで、輝いた君がいる。
君が輝く事によって人が気づく。
人が目覚める。

”身体”や”存在”が語る事は、どんな教えよりも大きい。
だから、君の質問への答えは、”輝く人間づくりのために”」

======

怖さも、弱さも隠さない。彼は彼の存在そのもの。

だからアダムは、
全てであり無であり、
光であり闇であり、
存在であり空であり、
どこまでも透き通った瞳をしているのだ、

と スコンと落ちた瞬間だった。

3in1BS
20160419-20160419-IMG_7187
20160419-20160419-IMG_724920160419-20160419-IMG_7412

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中