ハートに嘘つかない

クラスの終わりは、クロージングサークルで締める。
全員集まって、それぞれの名前を言う時に
「嘘偽りのない、今の気持ちも一緒に言ってください」
と言った。

人は自分の気持ちにフタをし、「つつがない」事を言って和を和ませようとする傾向がある。
日常生活、仕事の上ではそれも大事だと思う。

が、自分と向き合うために踊る5リズムのクラスの場合
自分の気持ちに正直になる事が一番大切だ。

たとえ
「こんなクラスつまらない」
でも、
「ハラが立っている」
でも
「みょうに悲しい」
でも
「お前がキライだ」
でも構わない。

まず、今の自分の気持ちに気づく事。
そして、それを「マーキング」する事。
それが大事だ。

ネガティブなことを言ってはいけない、とか、そういうことはないのだ。

長い間、ウソをつく事を私たちは習ってきた。

「泣いちゃいけません」
「人に迷惑かけちゃいけません」
「人には笑顔で接して」

そうなんだけど、、、

あんまりウソの仮面ばかりかぶっていると、
本当のキモチが痺れてしまって、
わからなくなる。

痺れは立派な感情だ。

たくさん動いて踊って体が開いてくると
そんな見分けは余計に簡単にできるようになる。
本当か、嘘かなんて、言葉以上に皆わかる。
だから、私のウソも全て伝わる。
なんて怖いこと!(笑)

だから私はハラをくくって
「なんでもいいから正直に、偽りない気持ちを言って」
と言ったのだ。

その中で
「楽しかった」
といった人がいた。

ウソ。
楽しそうじゃなかったもの。

だけど、いいのだ。
いった本人が一番ソレをウソだとわかってるから。

「悲しい」

といった人もいた。

「混乱してる」

といった人もいた。

それでいい。
それがいい。

「ハートにウソをつかないで。
それがまず第一歩目。

そして、そこからどう捉えるか、
どうプロセスして、どう変わっていくか。

まず、今の正直な気持ちに気づくこと。
それがゼロ地点。

そこから、どちらへ踏み出すかは、本人次第。

だから、正直に言ってくれてありがとう。
正直じゃない人も、自分のウソに気づいてくれてありがとう」

そう言ってクラスを閉めた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中