今やれることは今やる その1

私は、実は先送り体質だった。
明日やろう、、、明日こそ、明日こそ、、、

それらは先送りするたびに、より多くの「やんなきゃ!」を抱え込む事になる。
あれもしなきゃ、これもしなきゃ、が、整理されずに、なんとなく重い雲みたいになって脳の上にのしかかる。。。
その雨雲がイヤで、一個づつ終わらせようと思い始めた昨今。

昔は平行に10くらいの事が出来たマルチタスクな人間だったので、ダバーっとプロジェクトを一気に10広げて、ダダダっと片付けて行くのが好きだった。
でも今、そんな事したら、間違いなく、死ぬ。
ってか、今、ソレしたら失敗して二度手間になると思うんだよね。
結局、効率がよさそうで、かかる時間は同じ。ストレスだけが倍増。

いっぱいのプロジェクトを抱えている時って言うのは、実は「生きてる感」満載で、すごく好きだった。私ったら、こんなにやってる!こんなにたくさんの事が同時に出来ちゃう自分、ラブ!みたいな。

「問題」も同じだと思う。問題を抱えてると人生が充実してたり、問題のない人がバカに見えたり。
だけど、私はもう「問題」をかかえるのが好きじゃなくなって、片付けていきたいと思うタームに入ったんだ。
年齢もあってたくさんを一気に出来る脳がサビてきたので、仕事であれ、何であれ、一個づつやるんだ、と決めた。

その昔、夫のトムはこう言った。
「君はいつも問題解決ばかり言う。ソリューション(解決策)フォーカスの人間だ!世の中にはねえ、解決したくない人だって居るんだよ!」

そのセリフを聞いた時、時間が、世界が止まった。
え? い、いるんっすか、そういう人間。。。

いや、心理学的にはいると思うけど、それを言う人間はハジメテだったし、しかもそれが自分のオットだという事にビビった。「目からウロコ」どころか、「知らない間に脱腸」「気が付けば早期閉経」クラスの驚きだった。

〜〜〜

問題(または仕事)をかかえてる時は、これが全部終わったら達成感あるかもしれないけれど、全部なくなっちゃったら淋しいんじゃないか。また、「忙しいから」とか「OOXXだから」などという言い訳が出来なくなるから、人は問題(または仕事)を100%終わらせずに持っているのではないか?

なんて思った。

2に続く

===

広告

今やれることは今やる その1」への3件のフィードバック

  1. もーまさよさん、言葉選びがちょいちょいお下劣+ゲイチックで素敵です(笑)
    ストレートのおばちゃん(敬意を込めて)、そんな言い回ししないでしょ?(^^;
    するのかな・・・アメリカのおばちゃんはどうですか?

    僕は介護の仕事をしていて、それこそ仕事始めた時は、
    あれもやっておけばよかったこれも・・・と凹んでばかりいましたが、
    その日の時間いっぱいで出来なかったことを悔やんでも仕方がないので、
    そこはある程度割り切って、今は仕事をしています。

    もちろん、もっと有効な時間の使い方、仕事の仕方はなかったかは常々考えますが、
    とにかく悩んで悔やんで自分の心が疲弊してしまっては、介護の仕事は続かないので、
    言い方は難しいですが、出来なかった過去の自分をとりあえずは許して、
    とにかく体調を崩して休まないこと!をクリア出来るようにしています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中