早よせなあかん2)日本という国

日本の国のいわゆる古い世代は
「早く!」
を信条とし、

早いこと、速いこと = 良い とし
遅いこと = 悪い と考えている。

段取りが悪い
ノロい
仕切りが悪い

を嫌う国だと思う。

時は金なり、を理由に
私も何度か日本で待たされた時にカスタマーサービスにキレたことがあった。
「私の時間をなんだと思ってんのよっ!」って。

私は結構なビッチだった。

が、アメリカへ来た。

それでキレていてはアメリカで生活なんてしてらんない。

待たされて文句言うなら
「じゃあ、あなたが諦めるしかないわね」

そんな国。

そんな国に慣れてきてしまったので、
日本の「早さ至上主義」を なんでだろうな、と考えてみた。

日本て国は、効率を求める。
負けず嫌いも関係があるのだろう。
「勝て!負けるな!頑張れ!」
も影響してるんだと思う。

昔の会社の社長が、コピーの話をして、全員で笑った。
その頃はまだソート機能がなかったので一枚づつ取っていた

「俺はなー、コピー取る時は絶対にコピー機に負けねえように
 必死こいて次のページを差し込むんだ」

負けず嫌いね〜〜〜、と言って笑っていたが、
これも、早く、早く、だと思う。

ゆっくりすることを誰よりも知ってる民族なのにね。

お茶、とか、お花とか、竹筒のコーンという音とか。。。

たぶん今は変わってきているのだろう。

新しい世代が(という言葉を使うこと自体ふるっ)
出てきて
彼らは自分の使命を持ってこの星に生まれてきている
インディゴという種の人間たち。

彼らは実に堂々と、
新しい考え方を持ち込み、
それらを開いていき、
この星、地球を守ろうとする姿勢には感動する。

そして、私たちは、彼らが何かするための
スターシード(彼らを助長してあげる役割)なのだ。

だから、、、

なぜ早くやらなくちゃいけないか

そこがクリアならば早くやればいいけど

早いだけが素晴らしいという価値観ではないことを
大人たちが知り、見守るべきである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中