奇跡をわかる「計り」

私は18年前に脳出血をしたことがあり、
左半身が全部麻痺した。
手を上げて、足を動かして、という「意味」さえ分からなかったことがある。

それが、ヨガをし、ハイキングをして
普通にはハンディキャップだということがわからなくなるまでになった。

そして、8年前に5リズムと出会ってから劇的に足が良くなり(その理由は別な時に、、、)
感動して、そのまま5年かかるのに先生になっちゃって、
現在は週に少なくとも3回は真剣に2時間踊りっぱなしな人生を歩んでいるわけだ。

とはいえ、左側の小指の神経はまだまだ開発途中!
うまく通っていない神経があるので、脳出血前と同じように回復している、というワケではない。
未だに踊っている最中にバランスを失って倒れるときもある。

神経に関して 「回復」 はしないのだ。
神経は切られたら最後、そこの部分はナシになる。
新しい神経が 「新たに開発」されるのだそうだ。
これはお医者さんに言われた時、とてもセンセーショナルだったので良く覚えている。
そっか、亡くなった、と言ってあきらめる必要はないんだ。
また作り出せばいいんだ!と思ったことを覚えている。

  〜 〜 〜

ここ2ヶ月、毎朝決まった時間に起きて、
ストレッチをメインとする運動を再度やり始めた。
実は去年の暮れから早起きをしてずっとチベット体操を続けていたのだが、
手足に湿疹ができたことを理由に、春は休んでいた。

今回は無理をせず、自分なりのルーティンを組んで、やっている。

その中に、左足の小指のリハビリを入れた。
小指のバーベルって自分で呼んでいる。

これ、面白いんだなあ〜〜! 
小指ひとつなのに、体全体が反応する!!!

足の小指と話しながら、もう少しここ、頑張ってごらん?っていうと
小指が頑張るの。
最初は全部の足の指が一緒に頑張ってくれて、
そのうち、小指が別に動き出すようになるの。
それは、ほんのすこしだけれども、
明らかに小指「だけ」が意志を持って動くの。

すると、腰あたりにとても響いて、汗が出るほど。
そして、ほんのすこし、昨日より反応が強くなる。
そして、めっちゃ脳が疲れる!!!

これって忘れていた感覚。
私が一旦足の機能を全部失った後、回復し始めた時の感覚に
とてもよく似ているのだ。

それはとてもとてもミラクルで
うわぁ〜〜、こんなところに響くんだ!とか
うわぁ〜〜、からだってスゴイんだ!とか
うわぁ〜〜、この細胞一つにコンピュータが1億台くらい入ってるんじゃないの!とか
そんな感覚なんだ。

これってさ、変な言い方なんだけど
本当に能力を失ってしまってないと、この感覚を味わえないワケ。

私、一度半身不随になってよかったなあ、って心から思う。
だって、人のできない実験をしてるんだよ?
すごくお得な感覚!

うん、足が悪いのって、奇跡をわかるためのゲージ(計り)だ!

そして、

体って本当にすごい!
脳と体の繋がりって本当にすごい!
体はミラクル以外の何者でもない。

すごいんだ、本当に!

このことを伝えたいから、5リズムの先生になったんだな、と
つくづく思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中