小道具芝居と禁煙

演劇をやったことのある人になら、一発で効く、禁煙の仕方。

知りたい?

 〜 〜 〜 

私は以前、タバコを吸っていた。
もう辞めてからかれこれ15年になる。

それを辞めるためにいろいろ考えた。

「健康に悪い」
「アメリカはタバコが高い」実際一箱8ドルする。

しかし、タバコを辞めるにもいろいろな言い訳が湧いてきた。

「急にやめたらストレスたまる」
「食べ物が美味しすぎる」
「太る」

そして、
「くちがヒマ」

これはうちのじいちゃんが昔言っていた言葉。
じいちゃんは何もかも正当化し、まあ、自分に都合のいいように
当たり前のようにコトを言う人だった。

 〜 〜 〜

前置きが長くなりそうなので、結論へ。

どうやったらタバコを止められるか?

「タバコを小道具だと思うこと」

芝居の下手な人を使うとき、
ペン、鉛筆、メガネ、コーヒー、ほうき、うちわ、本、花、抱っこする動物
などの小道具を使う。

すると、その人物がソチラにフォーカスするので
芝居から嘘が少しだけ消える。
ようは芝居の下手さがごまかせる。

これを
「小道具芝居」
と言う。

小道具を使わないと役者として使い物にならないヤツは
役者として失格だ、とか

また、アイツ、小道具に逃げたな、とか。

「なんだよ、あいつ、小道具芝居しやがってよ」
と、下手な役者を蔑む時によく使われる。

 〜 〜 〜

長い間PCをしていて、ふと一服。
ふう〜〜、っと深呼吸をする。

嫌な相手と話していて、なんと答えたらいいかわからない時
ふう〜、っと一服。

これら全部、間を埋めるための小道具芝居。

小道具なくては間が埋まらないのか?ワタシは?
私は小道具に頼らない、「真の芝居」ができるのか?

そう思ったら、
一発でタバコが止められたのが15年前のこと。

 〜 〜 〜

先日、元役者で
心臓を患っている人がいたので、
タバコやめたら?といった。

わかってるんすけどねー、というので
この話を久しぶりにした。

「やべっ!嫌っす!もう、絶対やめるっす!。。。これ以上の屈辱はナイっす」
と言っていた。

がんばれー!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中