今からだって大学行ける

土曜日に「ダンスセラピー」のワークショップへ行ってきた。

通常、セラピストかダンスセラピストしか行けないのだそうだが
追い返されたら追い返された時のこと、
と LAの南のざあます地域、パロ山(パロスバルデス)まで
行ってきた。

5リズムの先生でありセラピストのクリスティーナと待ち合わせをしてから、会場であるマウントメアリー大学のキャンバスへ行くことにした。

「ねえ、どうやったらダンスセラピストになれるの?」
「まず、セラピストになる必要があるから、こちらで大学4年行くことよね。
 そして、そこでセラピストになれる資格をもらうの」

へえ、そうなのか。

私が5リズムを始めたのは2009年。
かれこれ7年踊っており、教え始めて2年。
あっという間だった。

ということは、
別に本気なら、今からだって大学行ける。

いいなあ、ダンスセラピストかあ〜〜〜。
お金も絶対に入ってくることだし(と、今猛烈信じてる中)
行くかなあ、大学〜〜!

   〜 〜 〜

会場へ入ると
何だかソレっぽい人たちがたくさんいた。

CEU (教育を継続して受けていく人のための単位 Continue Education Unitなんじゃらかんじゃら)がもらえるワークショップらしいので、ホンキなワークショップなんだ、と期待満々で行ったワケだ。

で、すっげえええええええええ長い話のあと、
2回も3回も自己紹介を全員でして
(しかも5リズムを始めとするソーマティックメソッドではよく使うアレを使って)
それに感動している人がいて(え?知らないの?的な)

その上、自己紹介するたびに仲良し系の互いをサポートする波紋が流れて
なんじゃこりゃ!
AA(アルコール&ドラッグ中毒)のミーティングかよ
と思うほどで、超 照れた。

1時〜5時のワークショップなのに、
いざ、ワークショップが始まったのは3時過ぎてから。
だいたい、仕切りが悪い。(と、批判的な私、全開!)

ほんでもってワークショップは、、、

うーーーーーーーーん。。。
うーーーーーーーーん。。。

クリスティーナと二人で

「私たち、5リズムの先生でよかったね」

「しかも、勉強になったよね」

「うん、先生がしゃべりすぎて、流れを止めるのはウザいってこと分かって良かったよね」

と言い合った。

   〜 〜 〜

私たちもソーマティックメソッド(からだを使うプラクティス)をやっているが
ここに集う皆さんと クリスティーナ&私は
何が違うのか?

体現化(Embodyment)だ。

この人たちの半分位以上は、普段踊ってない。
頭でばっかりだ。

私たちは、命かけて踊ってる。
だから、人が踊りでわかる。
本当に5リズムの先生になってよかったよ、と思った。

ただ、後半にやった、ミユキさんという日本人のワークは
コンティニユムと激似だったけれど、
とても面白かったし、スコンと入れた。
また受けたいな、と思ったけれど
別に今から4年かけてダンスセラピストになる必要は
全くない、ということを実感した。

私は現場主義。

でも、
気づいたのは、年齢とか関係ない。

本当にやりたかったら、
今からだって、大学行けるよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中