バッテリーが上がっちゃった!

カルバーシティーのメーソニックロッジでの5リズムのクラスの後、
車に戻ったら、ウンともスンとも言わない。

ゲッ。バッテリーが上がってる。。。

どうしよっか。
この後、一緒にお茶するはずだったリーナとカタリナに電話をして事情を説明したら「AAA(トリプルA:日本でいうJAFみたいなヤツ)を呼べばいいわ。もし、メンバーじゃなかったっら私はメンバーだからすぐ行ってあげる!」と言ってくれたが、私もメンバーなので、大丈夫と言い、AAAに連絡をしようと思って電話をかけたが、なかなか通じない。バッテリーが上がった車を停めたその前のジュース屋さんに入って、ジュースを頼みながらAAAにまた電話をかけようと試みた。

すると、そこのインド人の女性が「私、ジャンパーケーブル持ってるわよ。トリプルA呼ばなくても、ジャンプしたげるわ」と。

一番近くに止まった車がその隣のクリーニング屋さんのだったため、そこへ行き、車のエンジンをかけてジャンプに協力してもらえないか、と頼んだ。
韓国人か中国人っぽいその女性は、表情を一つも変えないで「OK」といった。

ところが、プリウス、どこがバッテリーか一見わかりにくい。
以前、夫がジャンパーケーブルでやった時には、確か前だったと思ったが、通りすがりのインド人の、俺はメカニックだから任しとけ!という人が入ってきて
「プリウスは後ろだ。トランクを開けろ!」

トランクにはスピーカーとかすごい重いものが入っていたが、それらをどけて開けてみても、後ろには末弟リーはなかった。そのおじさんは「チッ!なんて車だ!」と怒っていたが、そんなんいわれてもーーー。

そうこうしているうちに生徒さんの一人、クラウディアが心配して見に来てくれて、おまけに「お腹空いてるでしょう?」とサラダとジュースを持ってきてくれた。もう、嬉し涙。だって、炎天下なんだもん。

夫に電話をかけてもう一度バッテリーのありかを確認し、ようやく見つけた。

が、ちょっと他の車より小さくて、うまく刺さらない。

と、通りすがりの若いお兄ちゃんが
「プリウスだろ?こうやるんだよ」
と、サササとつないでくれて、無事にバッテリーが戻った。

インド人のアイリーンにはすっごいお世話になった。
「ありがとう!あなたのところでもっと何か買いたいけれど、
 今、このままエンジンが動いているうちに帰るね。
 また来週来るから!あなたはエンジェルだわ!!」

と言った後、

隣のクリーニング屋さんに
「どうもありがとう!!」
と叫んでも、例の女性、表情を変えずに
「OK」
と言うだけだったが、
マジありがたかった。

いやーー、本当にみなさんに助けてもらった。

助けてもらう。手伝ってもらう。
私はすごく恵まれていると思う。

ロサンゼルスも捨てたもんじゃない。

Los Angeles 天使のいる場所。
ありがとう、天使たち!!!

今日のロスは、天使だらけだった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中