ダイレクトにお礼が返ってこない理由

この人にこうやってあげたのに
この人ったら何も返してくれないわ。

などのように
ダイレクトに反応が返ってこない時がある。

若い時に私はいろんな人からシコタマご馳走になった。
しかも、比較的高級レストランでばかり。
それはバブリーな時代だったのもあって、
え〜〜〜!みたいな、一晩2人で5万円だと「安く上がったね」というようなそんな店へ
テレビ局の経費だとか、お店の経費だとか、会社の経費で
随分といろんな人に連れて行ってもらった。

その理由は
「笑っちゃうくらいに食いっぷりがいいから」

見てて楽しくなるんだそうだ。
こんだけ食べてくれると気持ちがいい。
見てて元気になる、って言われたこともある。

当時、いくら若くて可愛いかった(?)とはいえ、
連れて歩いて自慢になるようなタイプのオネエチャンじゃなかったので、
多分、単にオモシロかったんだと思う。

当時、どっちがよく食うかということで、二人お呼ばれしたことがある。
私ともう一人は筑波大学の体育学部だった石井(今は国会議員秘書)。

彼と社長の前で食べ比べして
石井が「姉ちゃん、もうやめようぜ、オレ、気持ち悪くなった」
といったほど。

で、私がその方達にお返しできたかというと、
そんなこと、できるわけがない。

で、皆さん、どう言ってくれたかというと

「お前が先輩たちに世話になった分、自分の後輩たちに返していけ」

と。

「俺たちも先輩たちに世話になった。それをお前に返してる。だからお前も、若い奴らで助けが必要な時に、必要な形で返していけばいい」

というわけで、

ウチにはたくさん人が来てくれた時があって、
返すべき時は、ちゃんとご飯を作って返してきたつもりである。
外へ行ってご馳走してあげるような甲斐性は今の所ないので
おうちごはんで申し訳ないのだが、
私が作ったものを食べていただいているわけだ。

「あの人にこうやってあげたのに
 あの人からお礼のひとつもないのよ?」

いやいや、天上を回って、ぐるぐると自分に回ってきた賜り物。
だから、私もあなたも、してもらったことを今度は人にしてあげるだけ。

大きな視野で考えると、
相手が誰でも全く関係ない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中