被害者意識からの脱却

バイロンケイティはアメリカの有名なパブリックスピーカー、
スピリチャルリーダーの一人だが
スピリチャルっつーより、コーチング。
論理的だし、浮ついてないし、

そして、とっても腑におちる。

ザ・ワークという本を始め、沢山の本を出している。

エクハルトトールもそうだし
ジョービタリー(ザ・シークレット 引き寄せの法則)など、
哲学的な人で、引きこもりやホームレスを経験した人は多い。
多分、どん底まで経験して、そこから ふっ と抜けるんだろうな。

確かバイロンケイティも、30代、超ウツで自殺願望と戦い
引きこもってスゴいことになってたが、とある日、
ハッと気づいたらしい。

興味がある人はググってみてください。
または、本読んでみて。

バイロンケイティのことが大好きなのは、
心の自立、すべては自己責任であることを応援してるから。

日本語はないけど、こちらも超オススメ
誰か、そのうち、訳してくれるといいですね。

バイロンケイティの言葉で、すごく心に残っているのは

「相手がどう思うか、何をするかは、相手の領域
 彼が思い通りにしてくれないのは、彼の領域
 何かが起こったり、お天気がいい、悪い は 神の領域
 自分の領域だけをケアしなさい」

というもの。

自分以外の領域と戦うのは、神と戦うようなもの。
だからまず自分の領域だけをケアしてみる。

それをベースに、自分が、自分で、世の中の見方を変えることで
すべて自己責任をとっていく、
このあたりがとてもステキなんだなー。

エサレンでもニアミスをした。
同じ日に同じ場所にいたが、私は別なワークショップに入っていた。
オハイでもニアミスをした。
公開録画のチケット買ったのに急用が入った。

が、そのうち絶対に会いに行く!
バイロン姉さん〜〜っ!(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中