9月、日本の旅2 ルシアpart.1

学んで学んで(フローイング)
決心して動いたら(スタッカート)
色んな流れが変わる。
プロセスなのでここではすべてが出てくる。
それに委ねる、完全に手放して委ねる(カオス)
それがあるからこそ、それを出して空っぽになったからこそ、
次のステージへと移る(リリカル)
そして、一つに融合する(スティルネス)

〜 〜 〜

最初の日、11時間かけてマウイから関空に着いたルシアを
さらに3時間、奈良の柳生まで連れ回して、
車酔いで吐きそうになりながら言っていた言葉が印象的だった。
「OK マサヨ、この旅行スケジュールはとってもF**kだけど、私はサレンダーする(委ねる)わ」

予定を組みながら、確かにルシアにはきついと思ったが、
それがベストと思ったのでやったこと。

だいたい、関空だって名古屋のセントレアだって成田だって、
市街地へ出るのに1時間かかるのは誰のせいでもない。
ひれ伏したりおどおどするのではなく、
「明日の朝起きたら、絶対に感動させてあげるから!」
と、堂々とする事にした。
言っとくけど、私だって疲れてないワケじゃないのだ。

〜 〜 〜

翌日、柳生村起こしのサムライハウスで目覚めたルシアは、
携帯片手に家の中の写真を撮りまくり。
ほら、これだけで昨日の「F**k」が帳消し。

その後、剣術の聖域である道場を見、
日本の原生林へ行き、苔むす岩を見、
雨の田んぼの実る稲を見、感動していた。

「実るほど、こうべたれたる稲穂かな」
という日本の言葉を伝えると、感動していた。

お茶畑を見て、
カントリーサイドを満喫した後、
奈良へ鹿と戯れに行く。

結果、1日観光は大喜びだった。

たとえルシアがワールドワイドに素晴らしい先生でも
私が卑下したり、自分を蔑む必要など1ミリもないのだ。

〜 〜 〜

もし、私が
「どうしよう?ルシアが疲れてる。なんとかしなきゃ」
とコントロールに入っていたとしたら
私が緊張して、
私が萎縮して、
そのエネルギーでネガティブな方を選んでしまったと思う。

それはすぐにルシアに伝わって、
二人して疲れたかもしれない。

が、
よし、流れに任せよう。
自分を信じよう、
というエネルギーの流れになる心の状態の方を選ぶ。

ルシアの「サレンダーするわ」もそうだけど、
5リズムで自分の状況を把握し、
それをシフトしていけていること実感。
それらがますます体に落とし込めてきていると感じる。
人間力のために、私たちは5リズムで学んでいることを日常に反映させ、
人生のプラクティスをする。

〜 〜 〜

さて、その日のルシアの大阪クラスは、
素晴らしいクラスだった。

ルシアも盛り上がったし、
来てくれた人も、たった2時間なのに、いきなりオープン!
終わった後の皆のお風呂に入ったような
何か新しいものが目覚めたような
しかしながら、めっちゃグラウンディングした
その顔を見て嬉しくなった。

浮ついたことではない、しっかりとすべてを受け入れる。
一元論、ノンデュアリティは、闇も全て包括している。
ルシアの美しい全身は、そう語っていた。

私のクラスを受けてくれたリピーターさんがたくさん来てくれ、
しかもお友達を連れて来てくれ、
ますます5リズムの良さをわかってくれたことを実感した。

ここでも、関わってくれた人のエネルギーの反映もあり、
まほちゃんの心遣いとか、正直さとか
そんなものに、ルシアも心を打たれたようだった。

全てに感謝。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

 

広告

9月、日本の旅 1

9月3日、名古屋空港セントレア 夜9:30着。

空港でワイファイを借りた直後に、
名古屋、静岡、神奈川のプロデュースをしてくれる梅ちゃんが迎えにきてくれた。

梅ちゃんがこう言った。

「訳あって、移動が車ではなく新幹線になりました。
 だから、スピーカー、手持ちです。
 今からドンキホーテ行って、荷台買います」

タクシーで飛ばす。
「セントレア直、ドンキホーテ」

おおお!真夜中なのにすごい品揃えだ!
初めてきたぜ、ドンキホーテ!

梅ちゃんガンバる。
すごいねえ、オトコだねえ。

私はかなりハイだったのもあり、
そのまま倒れ込むように寝て、次の日は名古屋でワークショップ。

梅ちゃんのTREとのコラボである。
TREで体をほぐしてから5リズムを踊る。
TREで芯からほぐれてるから、
皆さんの動きっぷりがハンパない。
飛び込んできてくれた若い衆や、ダンスの先生、
TREの他の先生も含めてのワーク。
名古屋発祥の「コメダ」でお茶&サンドイッチで親交会。

静岡では見慣れた顔の皆さんとワークショップの後、
大好きなレストラン&バーで美味しいご飯をいただき、
大山さんの熱海の豪邸で宿泊。
たまたまたバースデーだった大山さんのサプライズで、
豪邸にはたくさんの人!
それはそれはスゴいご馳走があり、
おまけに屋上にある温泉に入れて頂き、、、至福。

大山さんの笑顔を見ていると、
大山さんが愛されているわけがわかった。
そこに入られたことに感謝。

神奈川では、また新しいコアになっていくだろうと思われる人や、
皆さんの紹介できてくださった人も。

そこへSF在住友達@日本へ嫁に行ったナオちゃん登場。
いやーよ、変なダンスはしない、と言っていたが、
おわった後、「シラフ、トランス大会」
って気持ちよさそうに言っていた。
山川夫妻に聞かせたい。(爆笑)

しょせんスピリチャルなんて、シラフ、トランス大会。
覚醒とか、悟りとか、
アホだな。
って、CAブログを書いている友達なら書くと思う。
私は書けないわよー、ムリよーー。根性ナイもの〜〜♪

5リズムは「シラフ、トランス大会」
まさに、そこに落とします。
だから現実的なの。

神奈川ではアンちゃん宅に宿泊。
そこで最高のギフト、梅ちゃんからのロミロミ〜〜〜!
もう、放心状態。最高!
そして、朝はアンちゃんが作ってくれた最高料理。
すげえな、みんな。

〜〜〜

今回の旅は、これらローカルなワークに参加してくれた人が
リピーターとして、いろんなワークに参加してくださったこと!
これって、これって、もしかして成功じゃん!

だけど、成功は私じゃない。
助けてもらわないと何も始まらない。
梅ちゃん、大山さん、あんちゃん、皆さんあっての旅が始まった
2016年の9月。

私はこの夏、エゴを大量に捨て、
自分のできることだけをすることにし、
宇宙の意思の管になる宣言をした。

そしたら、こんな風に、とても素敵な人たちが
私を助けてくれ始めたのだ。

THANK YOU!! LOVE YOU ALL!

村起こしするかおりさん

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

ロサンゼルスに素敵な友達がいる。

かおりさんという人で、
彼女はいろんなことを度返しして、
自分のパッションに忠実に動く人。

その彼女が、奈良県柳生で、小さな「お城」を借りた。

やることがデカい。

なんで、ロサンゼルスに住みながら奈良の柳生でお城を借りたのか?

彼女は、誰かと友達になると、全身で話を聞く人。
その話を聞いているうちに
「それは立ち上がらなければ!」とか
「ここはこうした方がいいのでは?」とか
「私がなんとかする!」とか

そんなことを思っちゃう人のようで、
そのまんま村起こしに参加しちゃったのだそうだ。

そのお城はAirBnBに。

奈良だけでなく、九州にも一つ、
地方自治体と組んで村起こしに絡んでいるらしい。

政治家体質。
政治家気質。

存在そのものがアンカーを下ろせる人。
いいも悪いも、自分が嗅ぎ分けて、それを公平に笑顔で見ている。
そして、立ち上がる時は、何があっても立ち上がる。

そんなかおりさんから
「雅代さん、ファイブリズム、奈良でやりませんか?」
と 声をかけていただいた。

もちろん!

で、彼女が、地方自治体の人たちに頼んでくれて
柳生十兵衛で有名な、柳生坂剣道場を借りてくれ、
そこでクラスをすることになった。

剣の村にふさわしく、スタッカート「侍スピリット」
というふざけた名前のクラスにしたが、
とてもいいクラスになったと思う。
終わる直前、地球に抱きしめられながら横になった途端に
まるで浄化みたいに雨がザーーっと降ってきた。
なんて素敵!

クラス後は、村のお世話をしてくれるクロちゃんの元
バーベキューのディナー。
季節ものの美味しいいちじくをいただき
その美味しさに感動。
木での完熟いちじく。

バーベキュー宴会も、とーーーっても面白い経験ができて、
この後のご飯会でも、また新しいご縁がつながった。

来てくださった方も、お手伝いしてくださった方も
みんなかおりさんが好きだから来る。

かおりさんの良さは
クリアであること。
損得で物事を行わないこと。
フェアであること。
自分の考えをしっかり持っていること。
人に左右されないこと。

そして彼女の中心にあるのは、
「世の中の人を幸せにしたいと思っている」こと。

彼女が言うには
「私が5リズムで、幸せな気分になったから。
他の人もこれをしたら楽になるかなーと思った」
のだそうだ。

彼女は月に一回は必ずクラスに来てくれる。

さすが3人を育て上げている母。
そして、さすがビバリーヒルズにレストランを持つ影の主人。
子供や家族も含めた人を応援しながらも、
絶対に自分の夢をあきらめないのだ。

年齢も、住んでいる場所も、子供も、夫も、仕事も、時差も、
何も言い訳にしないのだ。

一緒にいて気持ちがよくなる人。
見ていてワクワクする人。
大好きな人なのである。

それにしても柳生、素敵なところだった。

ここでの泊まり込みワークショップ、いいかも❤️

 

文句は怒らずに言え

日本のことを書く前に、日々のことが入ってくるので
舞台はアメリカ、日本、入り混ぜつつ。

=====

帰ってきた二日後の土曜日。
夫のトムと久しぶりのデートということで、
ハリウッドのアークライトの映画館へ銀行強盗の映画を見にいった。

バケツサイズのポップコーンを食べながら映画を見て
アメリカへ帰ってきたなあ、という気がしみじみする。

で、外へ出たらバンドが音楽を奏でていた。
楽しかったし、バンドを見ながら少しステップを踏みつつ歩いていた。

したら、3メートルくらいの柱にフラッグのようなのがかかっていて、
(いわゆる縦のバナー)
そのバナーは下に鉄の棒が横に一本、入っていた。
いわゆる縦長のEの字型になってて、
Eの横線の上と真ん中の間に
バナー広告の布がフワフワにかかってるわけ。

私はそのEの真ん中にお腹が引っかかり、
こっぴどく転んだ。
絵に描いたように、まるでマンガみたいに転んだ。

ベンチに座っている人が私を見て目を丸くして、
ストップモーションになっていた。

当の私はというと、
転び慣れているので(ダンスの時に転ぶこともよくある)
そのまま平気で立ち去ったのだけど、
どう考えてもあのバナーは危ない。

だって、街灯で透けてフワフワの旗に見えるのに、
下にガッツリとした鉄棒が入ってるんだもん。
人が映画館から出てきたばかりの時に
あれに引っかかる人はたくさんいると思う。
多分いる。
いるんじゃないかな。
(自分が転んだ正当性を主張するのに弱気が入っている)

車に入ってから、
軽く交通事故にあったようなめまいというか
シビレのようなものがあった。
それが時差ボケなのか
転んだせいなのかはわからない。

でも、妙に文句の電話をしたくなった。

トムに
「私、電話かけて言うわ」
と言うと
「うん、それがいいね」

〜 〜 〜

「はい、アークライトです」

と言う声の後、
私が説明を始めるも、
相手はどうやらバイトちゃんのようで、
私のアクセント入りの
文法目ちゃくちゃの英語では聞き取れないらしく

イライラしながら
「ホワ〜〜〜ッ? (What)」
と言う、
今、絶対顔を歪ませながら発音しただろ!的な音で
何度も、何度も聞き返した。

トムは横でそれを見ながら
私に発音を教えて直してくれたが、
いつものように、電話を横取りしてトムが文句をいうのではなく
すべてを私にやらせた。

私は何度でも説明をし
最終的に私のいうことを理解した相手のバイトちゃんは
「おお!なんてこと!」
と言った。

私は
訴えるつもりもないし、
怒ってもいないけれど
あれは、すこぶる危ない、と、誰か責任者の人に言っておいてくれないかな?
あれ、子供だったら本当に危ないと思うよ。
と言ったら
そのバイトちゃんは恐縮し、

大変申し訳ないことをした、すぐにその危なさを責任者に伝えます、
と丁寧に言ったので
私は電話を切った。

〜 〜 〜

多分、昔の私なら、
「ホワ〜〜〜ッ? (What)」と言われた次点で
カチーーンと怒ってるんだと思う。

〜 〜 〜

ふっふっふ、

人はいくつになっても成長するのだ。

文句は怒らずに言え。

これ、鉄則。

怒るのは私の満足のため。
結果を満足させたかったら
文句は怒らずに言え。

答えは自分が持っている

日本からLAへ帰ってきたというのに、今更ながら日本の回顧録を書こうと思う。
たくさんありすぎて、忘れちゃったらもったいないから。

=====

明日から日本だ、という日に、母に電話した。

母はいつまでも母で、
心配をたくさんしてくれる。

「気ぃつけておいでよ。気ぃ付けてな、飛行機、気ぃつけるんやで」
「うん、パイロットに言うとくわ」

「そりゃそうや。気ぃつけるのはあんたやのうてパイロットやな。
 そやけど、日本着いてから気ぃつけなアカンやろ?」
「うん、でも私、もう大人やし」
「あ、ほんまや」

いつまでたっても親とはありがたい。
私は母の中では、まだウブな小娘なのだ。

「ほな、くれぐれも
 焦らんようにな。焦らんように」
と母。

「・・・ん?」

と聞き返すと

「焦ったらアカンで、焦ったら」

で、私がもう一度聞き返す。

「・・・お母さん、私、焦るか?」

すると

「・・・ううん、あんたは焦せらへん。
 いっつものんびりしとってこっちがヒヤヒヤするくらいや」

私は笑いながら
「じゃあ、誰が焦るん?」

すると母

「私や〜〜。
 言わされてしもた〜〜」

ぎゃははは!
と、二人で爆笑。

皆、答えは自分が持っている。

そして、自分に必要なことを
自分が言うのだ。

これ、最近のテーマ

ハローキティ会議

大阪で、
ハローキティのキャラクターが乗った工事の三角コーンを見た。
工事現場っすよ?いいんすか?大阪。

着物姿のハローキティがなんばウォークに立っていた。

奈良の東大寺でも、ハローキティグッズがいろいろと置かれていた。

大仏とハローキティが一緒に描かれているハンドタオルハンドタオルは、
一緒に行った先生ルシアが気に入りってしまい、
それを購入していたので、姪っ子へのお土産だと思っていたら、
購入後いきなり開けて、大切に大切に、
ハローキティのハンドタオルを使っていた。
マウイに帰るまで、ずっと使っていた。

日本は相変わらずなハローキティーぶり。
ここのところ、加速じゃないっすか?
どうなんでしょう?

私が15歳近辺でハローキティがサンリオから現れたので、
ハローキティはかれこれ40歳の熟女なのに
熟女、ガンバってるなあ。。。。

===

で、ここからは帰ってきてからの話。

木曜の朝、フローのソウルモーションのクラスに顔を出した。
そのまま、仲の良い数人で流れてランチを食べた。

なぜか話がハローキティになったので
「知ってるの?」と聞いたら
「知ってるなんてモンじゃないわよ!学年の女の子、全員持ってたんだから!」

え???

アメリカで???

それは、日本人の多いカリフォルニアだからじゃなくて?

背の高い、とても綺麗で知的な、大学の演劇の先生、リズが、
綺麗な低い声でサングラスを直しながら上品に
「私はボストンだけど、1975年にもうハローキティのペンケースを持ってたわ」
といった。

「私はリボンが欲しくて欲しくて、クリスマスにはハローキティのリボンを買ってもらった」
ネルダは思い出したかのように嬉しそうに言い

「私はニューヨークだけど、ハローキティの消しゴムをそりゃあ大事に大事にしてたのよ。なんて素敵な香りなのかしら、って香りを嗅いで、キティの顔を見てうっとりしてたのに、誰かが”消しゴム貸して”って使ったもんだから、泣きながらつかみ合いの喧嘩をしたわ」
メーガンがそう言って、皆が笑うと
「だって、あれは夢のようなひと時だったのよ!あの消しゴムを眺めながら香りを楽しむのが!」
と言った。

マジか。。。

年代を聞くと、実にオンタイム。1975年くらいから後のようだ。

「ハローキティのテニスのバンダナも買ってもらった」
「サンリオは、なんて素晴らしいマーケティングなんだなろう?」
「そうよね?だって、女の子のハートをガッツリつかんで、素晴らしい商品のラインナップで、すべてのステーショナリーをハローキティで揃えて。。。だって、クリスマスに2つ3つ買ってもらったって、全部を揃えられないのよ!もう必死よ。こんな素晴らしいマーケティングが未だかつてあっただろうかと今になって思うわ」

私はこれを持っていた、
あ、それ知ってる!

などなど、

ランチの時間、いつもは高尚なハナシをするメンバーが
本日ハローキティーで大フィーバー。

ハローキティ会議となったのであった。

三ヶ月坊主

カリフォルニアに戻ってきた。

6月から毎日続けようと決心して書き始めたこのブログが、三ヶ月目にして滞った。
三ヶ月坊主。

これ、私の典型的なパターン。

なんでもかんでも三ヶ月坊主になる。

確かに言い訳はあるのね。
9月2日から日本へ行っていた。

日本へ行っている間は毎日クラスとかワークショップで時間がなかったとか
移動が多くてPC開いてる時間がなかったとか、
実家へ帰った時は親と一緒に過ごしてたからとか、
PCでこのページが開けなかったとか。。。

すべて嘘じゃないけど、
そういう理由がダダっとくるのが三ヶ月目。

そこで辞めるのが今までの私。
だけど、もう一度始めればいんだ、ということがわかって
三ヶ月坊主になっても、またリスタートすることにしたんだな。
とあるプログラム、コミュニティのおかげ。

できなくてもそこで辞めず、
「やり直す」ことを学んでいる。

 〜 〜 〜

日本で、ひろみちゃんやサワちゃんが
「マサヨさんのブログ、地味に読んでますよー」
と言ってくれてアセった。

まず、移動コンピュータ環境を整えることから始めよう。
多分、そろそろ MacBook airを買う時期なんじゃないかと思う。
やっぱiPadじゃ仕事できないなー。
今回持って行った2006年のMacBookはクソ重いだけで、
全然ダメだった。
移動を頭に入れて動くには、iPadも古いMacBookも、デバイスとしては不利だ。
Traktorの導入もあるし、、、

ちょっと考えてみることにする。

3週間空きましたが、また書き始めまーす!
よろしくお願いいたしまーす!

感情を表現するダンス

5リズムは、感情だとか、自分の緊張、思っていること、感じていること、捨てたいこと、喜び、楽しさ、それらを全部「ダンスを使って表現させる」というメソッド。

だから、上手に踊らなくていいし、それより、苛立ちなら苛立ちを、ダンスの中に入れ込める、その演劇的意図の方が、踊りそのものよりも、ずっとずっと大切だ。

以前も書いたが、マドンナのワールドツアーの常連さんのニレアちゃんが、面白いビデオをシェアしていたので、それをここに載っける。(ちなみにこのビデオはニレアちゃん本人ではなく、女優さんです)

これが感情を表現する、ということだ。(特にこのビデオは第二のリズム、スタッカートです)

この人は踊りがウマいけれども、ウマい、ウマくない、関係なく

このように感情を「昇華」させることが大切なのだ。

かっこいいビデオだな〜!

 

ちなみに、ニレアちゃんご本人もかっこいいので、また今度!

5rhythms 5リズム、日本でワークショップ、あります!!

2016_fall

時間がコワイ

ハクション大魔王みたいなもんで、

私はどうやら数字に強くない。

時間に対する強迫観念がすごく強い。

もう、めっちゃ時間が恐ろしいのね。

 

時間も数字だ。

そして、金銭感覚も、ダメなのね。

今も、2015年度のタックスを出すために、経費とか計算してるんだけど、全然進まない。

明日の飛行機に間に合うように終えなきゃいけないのにーー。

余計に楽しくない。

 

でも必死コイてやってて、

今、気付いたことが一つあった。

 

あれ?飛行機。。。

 

明後日じゃん。。。

 

あああーー、

どこまで数字に弱いんだーーーー!