日本の旅4 日本のBGM

日本で
耳について離れないものが一つあった。

ルシアが言い始めたから気がづいた。

それは、いたるところでかかっているBGM

私たち5リズムのティーチャーは
ある意味DJを兼任しているようなもので
音楽探しに糸目がない。
だから、どういうところでも音に敏感になるのだが

小浜ショッピングセンターの
「ランラン、ランラン、暮らし良好♩」
の音楽だけは 屁が出そうになるのね〜。

誰や!作ったの!!!

ショッピングセンターのレジで
「毎日この曲聴いて、気が狂いそうになりませんか?」
と聞いたら、レジの人は爆笑して
「なりました、なりました!慣れましたけど」
と言っていた。

今回の奈良のホテル、駅前のスーパーホテル ロハス。
温泉もついていて、すごく良かったんだけど、
BGMの音楽がずーーーーっと同じ。

「タラリラタラリラ〜♩」

ハープ系の音がずっと流れている。

私の中には日本の血が入っているからさほどひっかからないものが
ルシアには気になってしょうがないらしい。

「なんで日本はこう、どこへ行っても軽いリリカルっぽい単調な曲が流れてるの?」

確かにそうだった!
小浜ショッピングセンターも含め
リリカルでウエイブを作ったらこうなるだろう。

歌謡曲も、Jポップも、日本のロックでさえ
ほぼ全てリリカルに属する。

そして、皆さん気づいてないと思うのね。
でも、いわゆる歌謡曲って、ほとんどが
最後にシンフォニーになっちゃうの、知ってた?

徳永英明のカバーとか中島美嘉も
ああ、いいなあ、このまま使おうかなあ、と思っても
最後にオーケストラが入って、歌い上げちゃうの。

これ、個人的に言わせてもらうと、

・・・困るの。

〜 〜 〜

とまあ、今日はこんなところで。

アディオス。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中