大きなチャレンジ 1)

「あなたは言語を言い訳にしてるし、
 自分もまだだと思ってるでしょう?
 しかもアナタ日曜のクラス、
 あまり好きじゃないみたいじゃない?
 あなたにまだ80人をホールドできるとは思えないの。
 だから日曜はあなたに任せられない」

とジョー先生に言われ続けてきて1年半。

ありがたいのは、5リズムの先生は、
こういうことをしっかりハッキリ言う。

「日曜のクラス、好きじゃないのは確かです。
 だって野放しだから。
 でも、いつになれば80人ホールド出来るようになるの?
 ”今” できなければ、明日も、来年もできない。
 やらなければ上手にもならない。
 一生できない。
 それってフェアじゃないと思う。
 ねえ、いつならできるのでしょう?」

と先生に言ったことがあった。
先生の言っていることは納得できたので、
感情的にはならなかったが、淡々と聞いた。

ジョー先生の答えは
「I don’t know」

「sometime happen, sometime not happen」
いつか起こるかもしれないし、
いつまでも起こらないかもしれない。

〜 〜 〜

ところが、夏頃に
トパンガのクラスの評判が良くなり、
それを聞いたジョー先生から
「日曜、やってみない?」

と。

おおおおお!キタキタキタ〜〜!

ハアハアするとともに
絶対来ることを知っていた。そんな感覚。

今までならビビってた。
だが、ここでビビってはイケナイ。
たかが80〜100人!武道館よりちいちゃいのだ。
もし武道館でやるとしたら(比喩ですよ、ヒユー ヒユー)
こんなステップでつまづいてはイケナイ。
言語がなんだ!英語がなんだ!
ギタリストのMIYAVIくんだって、ブイブイに外国でやってる!
彼も人間。私も人間。違いがあるとしたら覚悟だけだ。

〜 〜 〜

で、今日、それをやってきたワケです。

続きは明日!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中