嫌い から始める

って、もしかしたら前にも書いたかもしれない。
でも、もう一回書いちゃおう。

世の中には「スキ」がうまく見つけられない人がいる。
それはなんでかな。

・・・

私たちは、人の価値観で生きてきた時間が長いため、
自分自身の感覚が少し痺れてしまっていることがあります。

その「自分自身の」感覚を取り戻すには???

それは、

「嫌いから始める」

「ありえない!」「無理!」とかも含む。

なぜなら、絶対的な「好き」は別として
通常の「好き」は案外あやふやなことも多く、
「嫌い」の方がシャープだから、捕まえやすい。

「何になりたいの?」
と聞かれて
ちゃんと答えられなくても
「じゃあ、何にはなりたくないの?」
と聞かれたら
「おまわりさん」とか「カスタマーサービス」とか
案外ハッキリでてくるはず。

それと似てる。

===

あと、「嫌い」をネガティブだと思って見ないようにし、
「好き」ベースでやってる人には
隠された闇(シャドー)が多いのも経験上の事実。

世の中Light & Shadow, 陰と陽、光と影、黒と白、
すべて2つが両方いっぺんにそこにある。
だから、2元でもないんだな。
両方を含んでいる。

ちなみに余談だが、
どこかのお嬢が一元論を唱えているけれど、
それはただの言葉のアヤ的なものであって、
彼女の言う一元も 私が思う二元同一も、
ポイントは結構同じだったりする。
それらを「そうかーー」って鵜呑みにする必要はナイ。

ちなみに私の「感覚」から言うと、
一元を語る お嬢のその「声」に
私は真実を感じられない。

実際に会ってないからわからないけど
・・・ 気持ち悪いんだな。

ようは、「嫌い」なワケで、私はこの感覚を信じる。

この「嫌い」があるから
自分のフィーリングがはっきりする。

「ああ、嫌いも好きもない」
という白昼夢的感覚を一元、非二元と勘違いするのは危険。
こういう人、案外多いよね。スピリチャルな人とかヒッピーに。
それはご自由にセンズリでもコイていていただきたい。

私のポイントは

シャープな「嫌い」からスタートすると
もっと「好き」が見える。

嫌いも好きも、イメージで言うと「同じ球の中」にあるワケだ。
夜空の中に星があるように、
影の中に光が射すように
光の中に影が映るように

すべては包括されている。
わかりやすくレストラン用語で言えば、「コンボ」なわけだ。

「好き」は、結構上級だと思うので、
とても注意が必要だ。
ウソや上辺になることがあるというトリックにはまることもある。

だけど「嫌い」の方が捕まえやすい。
「嫌い」にはウソがない。

自分の感覚に忠実になると、もっとスキが見えてくる。

だから「嫌い」からスタートする。

それだけ。
 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中