瞑想の仕方 その1

瞑想の仕方:

簡単なのをいくつかご紹介します。

足は座禅やヨガみたいに組んでもいいけど、
痛かったら無理なんてする必要はなく、椅子に座ってもいい。
あんまり深く考えないで、自分が心地よい方法を見つけること。

「ザ・瞑想!」みたいに大仰に考える必要はなく
自分と向かい合うことの方が大事なので、
「厳しい訓練!」みたいな考えは捨てて、
あくまでも自分が心地よい座り方、瞑想への向かい方を見つけてください。

そして、基本「背筋まっすぐ」
これは一応守ったほうがいいと思う。

まっすぐにできなかったら、寝転んでもいいけど、
寝転ぶと、私は寝ちゃう。

1)
自分の呼吸に集中する瞑想

少し音を立てて呼吸します。
ヨガで言う「ウージャイ」呼吸が一般的ですが
(*ダースベーダーみたいな音)
鼻呼吸で「少し音立てる」と思ってやれば
そんな程度でオーケー。

そして、耳をすませて、自分の呼吸を聞く。
呼吸は ゆーーーっくりと 吸いながら、
自分のタイミングで
「1、2、3、4、5、6」と数える。
吐くときも
「1、2、3、4、5、6」

吐くとき、吸うとき、同じ長さで
大きくなったり小さくなったりせずに
たえず同じ量(同じ量の音)が出るようにする。

これに集中してると、5分くらいはあっという間です。

この時の呼吸の数え方例:

手のひらを上にして、親指と人差し指でOKマークを作って、呼吸一回目。
次は、親指を人差し指の第1関節に持って行って、呼吸2回目。
次は、親指を第2関節に持っていって3回目。
次は、親指を第3関節に持っていって4回目。

そしたら、次からは、親指を当てる場所を、
中指に、そして、薬指に、そして小指に、と変えていきます。

これで16呼吸、数えることなく呼吸できます。

実はこの数え方は、ビクラムヨガ、ホットヨガなどで有名なビクラム・チョードリー御大がティーチャーズトレイニングで教えてくれたやり方。
ちなみに私はトレイニングはとってませんが、たまたまその場に居合わせて、瞑想1クラス、特別参加せてもらいました。

===

これ、結構「無」になれる呼吸です。

「あ、ダメだ、今、吸うときにブルブルってしちゃった」とか
思っても
その思考を放っておく。

「あ、そう思ったのね」
くらいのノリで。

褒められたり、誰かに勝ったり、
何かを得られたりするものではないし、

「すごいでしょ?私、スムーズに呼吸できるのよ」
って、そんなことで自慢しても
「え?もしもし?」
って言われるのがオチだし、

「そんなことで褒められても、
 そんなことで人に勝っても
 トロフィーもらえないし、
 万が一トロフィーもらっても、
 飾るの恥ずかしいだろう?」

と、パワーヨガのブライアン・ケストも昔、言っていた。

あくまでも自分が、自分と向かい合うための、
という意識でどうぞ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中