スピリチャルデスと再生

写真をやっているので時々エクスチェンジで、と頼まれることがある。
マッサージやヒーリングなど、最近あまりエクスチェンジはやらないようにしているが、時々面白そうな奴があると、やる。

最近エクスチェンジをしたのは、パラシャクティのシャーマニックヒーリング。

パラシャクティはイスラエル生まれで、ブラインドフォルド(目隠し)のダンスをするDance of Librationを作った女性。クンダリーニヨガの先生でもある。
ネイティブアメリカンの儀式のイニシエーションを受けて、ネイティブ風シャーマニックヒーリングを得意とするが、本来からの霊能力がある。

NYに住んでいたが、うちの近所に引っ越してきたため、ジョーのダンスクラスへ行くのに一緒に乗っけてってあげたりしてるうちに、まあ仲良くなったっていうか、なんていうか。

彼女は私のことを「ド正直」だという。
だから、怖がってたのだそうだ。

「あなたが最初に出会った頃
 ”私は集団が嫌い。人間が嫌い。”って言ったでしょ?
 あれはビビったわぁ〜。

 そして、私が車に乗っけてもらう待ち合わせに遅れたら
 私のことを叱ったでしょ?
 誰も私を叱らないのよね〜。

 あなたの正直さは人を見透かすようなところがあって、
 私は自分も本当は人間が嫌いなのに、
 好きなふりしてるのかな、って思ったりして
 しばらく話すのやめようかと思ったもん。

 あなたは皆が思ってるのと違う。
 皆は笑顔のサンシャイン、って思ってるけど
 中はもっと深くて暗くて、いろんなものがある。」

と、ターバンを巻いた彼女が今でも笑い話で言う。

日本人はみんな知ってるわ、そんなこと。
と、ケッ、と思って聞いていた。

〜 〜 〜 〜 〜

さて、そのパラシャクティのシャーマニックヒーリング。

面白かった。

2016年の2月ごろ、
私はスピリチャルデス(精神的に死亡)で、
今、それを抜けて、魂が大きく成長し始めているらしい。

寝転がってソレを受けている時に、手が動いて
手が長くなっているのでちょっとビビってそのことを聞いたら

「ハートが今までよりも大きく、
 ハートの違った場所とかが開いてきてる。
 多分、もう人間が嫌いでなんかいられないはず。
 手はハートの延長だから、
 ハートが大きくなって、手が伸びてるのよ。
 
 この後、いろんな感情が襲ってくるかもよ」

〜 〜 〜

と言われた後から、
最近まで、ずーーっとグダグダしていた。

先生なのに、こんなのでいいのか?と思った。
でも、そうなんだからしょうがない。

悲しい、やら、苦しい、やら、そんなこと。
もうそんな自己探求ごっこは終わっていいはずなのに!

それは私が産道を抜けてくるときに
「こんな世界に来たくない!」と思って、大きく腰を打ってこの世に誕生してきていることと重ねられた。

ということは、この時期、そのグダグダを解放してあげて、
精算して生まれ変わるいいチャンスなんじゃないか。

正直なところ、徹底的にグダグダと向き合わざるをえなかった1ヶ月だった。

そして誕生日をゴールに設定し、
誕生日前日もYukiko Amayaのソウルモーションでそれを私のテーマに踊り
誕生日はフローのクラスで踊った。

頭で考えたってしょうがない。
体の知恵の方がうんと深い。

だから踊る。
踊る。
踊る。

〜 〜 〜

さあ、どうなるのだろう?

何が起こっても、
未知なるものに対し
ハートを開いて、
大きく手を伸ばして進んでいく。

それだけ、だ。

I Love Myself.
I Love Myself.
I Love Myself.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中