スタッカート過多

vitruvian男性性から女性性へのエネルギーに変わったと言われて久しい昨今。

2012年ごろセドナで神聖幾何学、Ayaのセミナーをに受けた時
ダヴィンチの絵をもとに
Ayaはこういった。

男性性はこの絵の中で Tに なってる。
女性性はこの絵の中で 足を開いたYに なってる。
実際にそのポーズをして、エネルギーの違いを感じてごらん?

完璧な男性性的社会であったところから女性性に移り始めたのがアセンションのさきがけであり、
それから時代はもっとしなやかに、もっとカオスに、委ねる方向へ行っているにもかかわらず
相変わらず世の中はどこかしら「やらなくちゃ!せねば」の、「ネバクチャ系」コントロール。
5リズムで言うところの、スタッカートのシャドウ。

だから「動」とともに「静」が必要であり、
しかし、動と静だけではなく
もっとジャイロ的に立体で感じてみたら
もっと縦にも横にも斜めにも広がり、
もっと面白くて楽しい、私たちは無限の空間なのだ。

意志の力はとても大事だが、
「ネバクチャ」系のガンバリになることがある。
そのあとは、ちゃんとシフトをしないと
今までの古いエネルギーのままになってしまって
体が悲鳴をあげる。壊れる。

自分が何かを成し遂げたい時はコミットメントとか覚悟が必要だ。
それはすなわち意志の力。
意志の力は間違いなく炎、Fireのエネルギーであり、
男性性である(オトコって意味じゃないよ。極としての男性性)。

その意志の力を優先すると、
やるぞ、やるぞ、やるぞ!!と
「スタッカート」の、火のパワー過多になっちゃう。
それは男性性のエネルギーであり、絶対に必要だけど、
火はイグニッションであり、
火をつけたら、次にシフトするのが万物の流れ。

火のついたところに留まると、燃え尽きてしまう。

回していこう。
勇気を持って回していこう。
 

全てはリズムの調和。
宇宙のリズムとの調和。
全てのエレメントと全てのリズムのエネルギーが
体とい宇宙の中で、バランスよく流れますように。

だから、踊りの中でそれをやる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中