死ぬときは死ぬんです

夫がビビっている。
血圧が高く、近所のドラッグストアーでオムロンの血圧計を買ってきて、
(世界のオムロン!なのね?)
毎日測っている。

そして、どうしよう? と不安がったので
こんな話をした。

〜 〜 〜

1998年のこと。
私が脳出血で倒れたあと、
それを引きずってパニック障害になった。

そりゃもう怖くて
体が強張り、足を一歩前へ踏み出すことも
足がすくんで ぷるぷる震えちゃうような、
そんな時があった。

自分の担当医だった佐藤先生は
外科の執刀医の名医さんだが
そんな私を見るに見かねて こう言った。
 
 
 
「あのね、僕は別に運命論者ではないけれど
 人間ってね、
 死ぬときは死ぬんです。
 
 だから、死ぬまで怖がって生き続けるも一つ。
 楽しんで生き続けて、ポクっといくも一つ。

 どっちで生きてくか、ってことだよね」
 
 
 
多くの人の生死を見てきた先生の言葉は
私の心に深く響いた。
 
 
何にでも当てはまるよね。
 
何か起こる「かも」しれない日を心配しながら毎日を生きて今を無駄にするか、
心配しないで、それまでは楽しんで、物事が起ったらその時に対処するか。
  
  
  
世界中が平和で、心配や恐怖から
心が自由になりますように。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中