体は嘘つかない:体現化する。

明日、日本へ向けて出発。
最後の準備をしている。

1月21日 川崎、
1月22日 三島、
1月23日 山形、
1月26日 奈良(プライベート)
1月28日 東京
1月29日 名古屋
2月3日  大阪
2月4日  大阪
2月5日  神戸

ぜひ、ご参加ください。
詳しくは www.5rjp.com

私のワークショップのリストはこちら http://5rjp.com/teacher/masayo-benoist/

〜 〜 〜

さて、

5リズムのようなムーブメントにおいて

踊りが上手とか
踊りが下手とか
全く関係ない、というお話をひとつ。。。

その昔、エサレンのワークショプに
ものすごい踊りの巧いブラックの男の子がいた。

それはそれは、一目瞭然プロのダンサーだとわかった。

ところが、彼の踊りはパフォーマンスとしては素晴らしいが
自分の今の気持ちだとか、
自分の今のあり方だとか存在だとかが
踊りに反映されていなかった。

ただの振り付けでしかなかった。

そして、同じワークショップにもう一人
マドンナのツアーを回ったニレアちゃんが参加していた。

彼女は晩年のガブリエル(5リズム創始者)の個人アシスタントをしていたこともあってか
踊りの中に、動きの中に自分の人生を入れ込む人。

踊りの中に感情が入ると、
それはたかが顔を動かす一つの動作でも、
重みが違う。

これは、だからダンサーさんたち、感情を入れましょうね、っつー話ではない。

〜 〜 〜

私は、
5リズムに惚れて踊り始めた最初の頃は
踊りが上手ではないが、
前者のブラックの男の子のようだった。

いわゆる、「上手でしょ?」な 見て見て君。

ブラックの彼はフラストレーションをためていた。

「だって僕、こんなにウマいのに、
 一生懸命踊っっても
 誰も感動してくれないよ。なぜ?」

感動どころか実際、彼を見ているのは痛かった。

私もその部分がわからなかった時って、
ペアを組んでも相手と通じ合わなかったり、
イタい人だったんだと思う。

だから、あまり人が一緒に踊ってくれなかった。
(という被害者意識で捉えていた)

一方、ニレアちゃんは
踊りを踊ったことのない80歳のおじいちゃんと
泣きながら一緒に踊っていて

それは、いっぱい動くスーパーダンサーなニレアちゃんと
ただ、足踏みをしてるだけのおじいちゃんと
それぞれが「今の自分」のまんまで
相手に必要以上にあわせることなく
一緒の空間を共有していて、
そこにはウソが一つもなく、、、

とても美しかった。

二人は自分の今の位置を「体現化」していた。

〜 〜 〜

実はコレがすべての秘密だよね。

人としての存在。
人としてのあり方。
どんだけ自分と向かい合って生きてきたか とか

そんなことを体を通して学ぶ。
アタマじゃないよ。
アタマだと解った気になって
できてるかどうかがわからない。

人生は比喩。
すべては投影。

ダンスフロアーを練習の場だとして
それらを意図的にダンス(というツール)に入れ込んで、
練習していく。

・・・

私はエラそうなことをいえばいうほど
怖いよ。
だって、ウソは体でバレるもの。

だけど、勇気を持って
自分の一番カッコ悪い部分、
いわゆる途中経過をお見せしていく。

あ、カッコ悪いマサヨを見たろ!と思う方、
どうぞ、会いに来て。

Love,

広告

体は嘘つかない:体現化する。」への2件のフィードバック

  1. Masayoさん、今日のメルマガを見てますます参加が楽しみになりました!!
    人生は比喩
    全ては投影

    響きました!!ありがとうございます👍

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中