役割とアイデンティティ

私たちの中には女性性もあり、男性性もある。
私の中のインナーオヤジはかなり強く、そんじょそこらの男より男らしかったり、私の友人の女性たちは、皆こぞって内側がオッサンでありサムライであり(笑)
また、ウエストハリウッドは世界屈指のゲイタウンにつき、柳腰で歩く男性が50%を占める。

これらはとても正直なコトなのだ。
そして、もっともっと増えていくと思う。
なぜなら、魂に性別はないから。

と、性別のことだけを浮き彫りにするつもりなんてないのであって私が伝えたかったことはこれら、オトコ、オンナというものも単なる役割であるということ。

女、男、娘、妻、姉、夫、父、母、祖父母、長男、日本人、部長、係長、会長、社長、先生、弟、応援団の3年(わかる人にしかわからない)、風紀委員長、歌手、自由人、バンマス、水商売、農夫、地主、親方、ダンサー、サーファー、ボクサー、ファイター、サラリーマン、OL、リーダー、生徒、プー太郎、政治家、負け犬、貧乏人、金持ち、遊び人、、、

ゼーーーーンブ役割。
ゼーンブ自分を限定して安心できるアイデンティティ。

これらのアイデンティティは
「母だからこうあるべき。男だから泣いてはイケナイ。社長が払う」
などという社会的な常識と直結している。

そして、人間の中には、役割だけではなく、5リズムで言うところの性格のアーキタイプ(鋳型)もある。
(興味がある方は5リズムのワークショップ、God Sex and the bodyを受けてね)

しかも、これら役割は兼任しちゃうのね。
一個じゃない。
ようは違った顔を持っているということ。

私は
女であり、同時にアメリカ人夫の妻であり、
日本人の父の娘であり、
フォトグラファーであり、
犬のキキの飼い主であり、
5リズムの先生。

どれも私。
「じゃあ、私の実体は何?どれ?」

実は、仮面に寄りかかりすぎると、それを亡くした時の喪失感はスゴい。

私がカリスマOL(自己申請)だった後、
仕事を喪失した時の、羽のもぎ取られ感ったらなかった。

私が日本でブイブイ言わせたCGの会社の、名前の知れた女だなんてアメリカでは誰も知らなかった。
日本では「CGのイマージュの雅代です」と言えば、それこそD通、H報堂などに名前を轟かせていたのに。

その時もいみじくも思ったのだけれど
「私の実体とは、なんだろう?」

私が私でいるために、
役割とは単なる衣装であって、マスク(仮面)であって、
それらは場所ごとに外すのだ。そして付け替えるのだ。

本当の私とは、限定しない、ワクのない、
常に変動するモノ。

本来の自分に出会うと、痛いほどに嬉しく懐かしくなる。
本来の自分に出会うと、自己が空(くう)に消えてしまいそうになる。

本来の自分に出会うということは
ただ、息を吸って、吐く、
その間にあるモノに戻ることなのかもしれない。

どーだっていい大切なモノに帰る。
どーだっていい愛おしいモノ。
どーだっていい透明なモノ。

それでも人間ってさ、
カテゴライズしてラベル貼って、
自分を納得させたいんだよね。

それもまた愛しい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中