自分は誰なのか、に戻る時

ベイエリア記録は、明日から続けます。まず、コチラ。
 
 

私たちは全員、一番ダサい自分から、一番かっこいい自分まで持っている。

私に関していえば、一番かっこいい自分を知っていて、そんな大好きな自分を、あんまりかまってあげてなかったので、久しぶりに服を買いました。しかもカマシ服。

普段の買い物といえば、野菜とか、フルーツとか、鉄骨とか、レンズとか、そんな農家系&ガテン系な私だったのですが、久しぶりに通ったメルローズで、ひょんなことから入ったかっこ良さげなお店の中に、、、
 
あっ!いた!!!

二軒目のお店を出したというコズモちゃん(オネエ)

「オーマイガー、ハニー!どうしてたの?元気だった?」

から始まって

「あんた、私がせっかく昔セクシーにしたのに、このキッチンで鍋洗ってるような体操服スタイルはどうしちゃったワケ?ほら、ここへ入って!」

「ダメダメ、私今、お金ないし!」

「お金の問題じゃないのよっ!まず、入って着てから考えなさいよっ!」

系なことを言われて、早速試着室へ入れられ、上から洋服が投げ入れられ、それを着る。
これが彼(彼女)流のスタイリング。

このスタイリスト、コズモちゃんは、人の体つきを見ただけで上から下までサイズまでぴったりで揃えてくれる。ブリトニーとかスティーブンタイラーのスタイリングもやったことのあるオネエです。
上手に人を持ち上げてくれる。そして自らの仕事を「これは一種のセラピーだ」という。激しく同感。

そして、、、

カマシ服を買ったわけです。
もちろんソコソコ高いです。
しかも、意味のないフリルとかついてる。男前服なクセに。
機能的には全くゼロ。見た目重視のみ。

コズモちゃんにスタイリングしてもらった一式を全部買っちゃった。
だって、この洋服は「私が誰であるか」を思い出させてくれるものだったから。
 
ネギ買いに行くような格好してメルローズを歩く私も間違ってるけど、
それを見事に変身させるコズモちゃんは本当に神業。
 
 
そして髪の毛はまた別なオネエ、ジェームスに(笑) 
私はとてもオネエたちにお世話になっている。
 
それから、その気になって、普段は他人様をとっているスタジオを自分たち用にセットアップして、魂入れて写真を撮る。するとエネルギーが上がる。
撮ったものをみると、またエネルギー上がる。
 
とにかく、
言いたいことは「イエイ、お洋服買っちゃった〜!」とか
「しかも高いのよ〜」ってコトじゃない。
自分の価値を思い出すこと。
それが大切ってこと。

ここまで自分をあげられる、というところを、時々自分自身に教えてあげる必要があると思うのね。
流行りとかじゃなく、自分らしいファッションで。
 
そして、それをFBなどに投稿することによって自分にコミットする。 
そういう効果があるので、みなさん、時々オサレしてこんなこと、しませんか?
 
 
 
フォトセッションも承っています。
自分のめっちゃお気に入りの服を買って、来てください。prf

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中