2デイズと1クラス、どう違う?

 5RJP_newsletter_head_gazo_nomi
 
5リズム。
週末の2デイなどのワークショップと、クラス。
どう効果が違うのか?とか、どっちへ行けばいいか?と聞かれる事がある。

・クラスと週末2デイズの違いは
 
毎日、毎週、一定の時間、
近所の浜辺へ行ってリラックスする事がクラスだとしたら、
 
数泊、根性決めてキャンプ道具を持って、
ビーチへ旅行へ出かけるのが2デイズ・ワークショップ。
 
 
クラスの利点:
気軽に参加できる。
日々の練習にできる。
続けてやる基盤になる。
短いので、前後に予定をいれられる。
5リズム云々を排除してただ楽しく「聖なるディスコ」としてダンスもできる。
 
 
週末2デイズの利点: 
まる1日、まる2日、そこに浸かるので
自分と向き合う時間が長くなる。
「普段、まとめてそれだけの時間を自分にあげられているか?」
「この週末だけ、その時間を自分のためにとってみては?」
というのがウイークエンド・ワークショップ。
 
週末2デイズでは、踊るだけでなく
違った視点からのデモンストレーションや説明、レクチャーもあり、
5リズムとは何かをより深く理解できるように
たっぷりと時間をとって、テーマを掘り下げていく。 
 
そして、連続して5リズム的な考え方にいられる環境の中で
自分を観察し、自分を探すことができる。
 
クラスで、あとちょっとそこにいると、
もう一歩深いところに入れたのに、という手前で
終わってしまう可能性もあるが、
週末ワークの場合は、じっくりと時間がとれる。
 
 
 
というわけで、使い分けてくださいな。
 
 
あと、こんな質問や感想もいただく。

体の調子&辛い
・怪我してるので、休んだほうがいいですよね。
・具合悪いので。。。
・年だから激しく踊れない。
 
・5リズムって結構激しく踊りますよね?
・前やったことあるんですけど、結構辛いですよね。

というご意見について。
 
誤解その1)
激しく踊る踊らないは、皆さん、それぞれの体に聞いていただきたい。
体と対話しながら、体が「それ以上無理」と「まだまだ大丈夫」の範囲内で踊る。

ただし
「明日早いから」とか、
そういうのは体の声とは言わない。

それ(制御、コントロール)は頭の声=思考。

頭の声ばかり聴いている日常から少し離れるためには、
コントロールははずして
体に主導権を渡してみよう。
その頭の声を沈めるのが
瞑想(動く瞑想5リズム)であるはず。
 
あなたの体が大丈夫だと主張する範囲で動くので、
妊婦さんでも、怪我をしていても、車椅子でも、参加できる。
私が最初に5リズムを一週間経験した時、私は左足が不自由だった。
私は、そこからのスタートした人間だ。
ガイドはあるが、こう見えるように踊る、というのはナンセンス。
自分の体に任せる練習である。

 
長い。そんなに踊れない。
2時間のクラスでこんなに辛いのに、これを1日なんて、無理!
ましてや2日は無理!

というご意見について。
 
誤解その2)
1デイ、2デイといっても、1日5〜6時間も
ぶっ続けで踊るわけではないのでご安心を。
文字どおり互いをみつめるワークもするし、
ひとつひとつを腑に落としていくワークもある。
 
いわゆる激しく踊るのは
1時間弱の、「ウエイブ」と呼ばれる流れ中で15〜20分くらい。
それがクラスでは2回。
1デイでは1日のうち、多くて3回。
 
ね?そんなに変わらないでしょ?
 
また、体の思うように動いていると、
不思議と筋肉痛にならない。
 
イジワルに言うならば、
筋肉痛があるということは
「自分から無理やり動きに行った」という証だとも言われている。
 
コントロールしようとするとそこに抵抗がかかって筋肉痛になるが、
5リズムでは、体に本当に委ねていると動いた割に筋肉痛になりにくい。
実際に痛いところがなくなった、という声もよく聞く。
本来はそうであるモノなのだ。
 
ここでもコントロールをはずす練習。
委ねる練習。
 
 
ヒント: 抵抗があるときこそ

抵抗があるときこそ、ぜひ、逆にやってみて欲しい。
 
体は全てを知っている。
だから、抵抗のあるときこそ、実はチャンス。
その大事な抵抗、素通りさせないで、ちゃんと使ってみたほうがいい。
 
(これについては後日、別途投稿する予定) 
 
 
 
 
 
そして、もう一度、
 
5リズムとは
 
「何かのスキルを習う」のではない。
「自分を習う」のだ。
自分という「人生の旅」なのだ。
 
自分が先生。自分のリズムをみつける。

 
 
 
5リズムは自然界のエネルギーとしての、
人間を学ぶために作られた道しるべ。
 
それはまだ探求がはじまったばかり。
とても深い。 いくらでも奥はある。
 
それは、自然の深さであり、人間の深さであり、あなたの深さ。
それは人に言ってもらうことではなく、自分でみつける。
 
自分の「あ!」を体感する。
 
私はそのガイド役。
  
 
どうか、何度も何度も
自分の深みを、奥行きを、
体を使って、探検してみて欲しい。
 
5リズムとは
http://5rjp.com/5rhythms%E3%81%A8%E3%81%AF/
 
10月ワークショップはコチラ
http://5rjp.com/teacher/masayo-benoist/
 


 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中