一人じゃない

top_2017_summer1

遅ればせながら、この夏と初秋の
私の思いを、今頃投稿することにした。
 
私は、一人じゃないんだなあということを
綺麗事じゃなく、マジで感じている。
 
だって私の場合は、
一人だったら
ここまでやってこれなかったもん。
 
 
だけど、
本来「なんでも一人でやる!」系の自分が
一人でなく人に助けられたからこそ
そこに変化が起きたのだ。

エゴの塊だから「こそ」
助けてもらった時の振り幅が大きく、
発見も大きい。
あのエゴの塊がこんなふうに思うなんて
そこが自分でもビックリなのだ。
 
 
7月、10月と、
今年に入ってからの5リズムは
徐々に何かが違ってきた。 
 
私も違ったが、
周りも変わった。
 
なんというか
一緒に成長している。
 
 
今までは、必死でがんばってきた。
が、今年になって、自分の中では
できる限りの手は尽くすと同時に
「委ねた感」があり、
 
全てがセットアップされ
私はただ、そこに乗っけてもらって、
動かしてもらった。
 
 
ーーー
 
 
5リズムとの出会いは2009年、エサレン。
 
トミゾウ先生は私にとって
5リズムへの水先案内人だった。
   
足を向けて寝れないと知ってるくせに
忙しさにかまけて不義理ばかりしている。
 
ーーー
 
エサレンでの通訳がいない
ということで急に探されて、
英語のできなかった私が雇われた。
他に誰もいなかったらしい。
 
トミゾー先生にあったご挨拶の時に
「私、実は、あんまり英語できません」
 
と告白したら
 
「かめへんかめへん。俺らもわかりませんから。
 おらんよりマシ、くらいでもよろしいですから〜」
 
と関西弁で言ってくださって、
ホっとしながら始まった通訳だった。
 
 
2時間後には5リズムに感動し
号泣しながら「先生になる〜〜」と言った。
その根拠はまた次の機会にでも。
 
チャネリングとも言われた
当てずっぽう通訳。
 
ーーー
 
その日から、
私は鬼のように5リズムのワークショップを追いかけ、
人生コレ5リズム、的になり、
アメリカ中、ワークショップをおいかけて旅をし、
(ほぼ家にいなかった)
自分が働いたお金は使い果たし、
 
5年かけて必須科目を全部取りながら
ティーチャートレーニングに入って、
2014年、晴れて認定ティーチャーとなった。
 
 
今までは観光客程度の英語でしのいで来たけど、
数々のワークショップを経て英語も覚えた。
 
それまで、日本語を覚えない夫を罵倒し(すまん!トム!)
のうのうと、メシ、ふろ、ねる、
くらいの英語力でやってきてたが
 
もう、必死だった。
 
ワークショップも、英語も。
 
ーーー
 
 
先生になる直前くらいから
練習クラスを始めるように言われ、
 
東京ではミーちゃんが、
大阪ではマホちゃんが、
プロデュースをやってくれ始めた。
 
 
その二人が撒いてくれた種が実をつけ始め、
新しいステージに来た。
スカイプクラス、大阪は、なんともう2年!
 
そして、3年前に知り合った梅ちゃん。
プロデュース、企画、ウエブ、
いっぱいのことをやってくれている。
 
先生を目指している人、
スペースホルダーさんもまた増える。
さえちゃん、みとちゃん、ゆきみちゃん、ハッシー
スタッフも含め、なんだか最強チームになって、
闇に眩しく輝く(笑)5リズムが好きな仲間たち。
 
グループ単位で応援してくれる人たちもできた。
魔法の教室のタマちゃんチーム。
黄金週間や二人三脚の、チーム佐々木。
奈良の福祉関係は今後もチャリティを続ける。
 
 
そして、
 
私のクラスやワークショップに
リピーターで来てくださる方が少しづつ増え始めた。
ハートに響けば、必要な人におのずから広がる。
 
 
これは、
 
私一人のことではなく、 
私はただ、その一部にいて
旗降らせてもらってるだけなのだ。
実のところ、皆で動いている。
 
 
私の仕事は、
自分をバージョンアップさせること。
それが自分からの提供物となる。 
 
 
私をバックアップしてくれるのは
5リズムの申し子、ルシア・ホランと
超人気のベテランティーチャー、
ケイト・シエラ。
 
彼女たちのメンタリングの元、
私は、自分の魂が太くなるよう、
そこへフォーカスを向けている。
  
  
「誰かのように」なるのではない、
自分自身を育てるのだ。
 
私はそんな自分にコミットした。
自分の役割にコミットした。
 
そして、委ねた。
 
それだけだ。
 
 
 
これを10年間、
先にやってこられたサハジャゆかりさん
(日本人で一人目の先生。私は二人目)
 
すごいなー。
本当にそう思う。
  
いずれ、サハジャさんとも一緒に
ワークショップができる日が来たらいいなと思う。
 
 
 
それぞれが持ち味を生かし、
それぞれが動いて
1+1+1が10にも30にも100にもなる。
掛け算になっていく感じ。
 
 
 
一人でやらないからこそ、
魔法が動いてる。
 
天が動いた。
 
そんな感じ。
 
 
 
感謝!

=====

タイ、チェンマイ・リトリートやります。
お申し込みの締め切りはもうすぐ!!

チェンマイチラシ

*注: チラシ中の 1日目のワーク33時まで、はウソです。冗談です。タイプミスです。

広告

一人じゃない」への2件のフィードバック

  1. 毎週木曜のPracticeはとても楽しくて欠かさず参加してますが 最近ちょっといやだな、と感じることが まわりの人とペアを組まされること、最後に手をつないでAAAミーティングみたいにするのがいや。だからこのまさよのBログにある”ひとりじゃない”って感覚がわからない。。。
    来週から初のWorkShop参加で知らない人と楽しくできるか正直ちょっと憂鬱です。

    1. Great ゆみ! それこそがメディスンです。へんじが遅くなったのでもう答えはでてる頃と思いますが、そういう自分の本当の気持ちを表現することがまず、一番大事。いい、悪いでなく、自分を歪めてみないことが大切。そこから、どうスキルフルに対応するか、そのプラクティス。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中