スピリチャル・ブートキャンプ

金曜日の夜のクラス2時間。
プラス
土曜日は朝から2クラス(4時間)
ケイトのクラスを受けてきた。

「いいこと?
 これは楽しいダンスなんかじゃない。
 プラクティス、いやむしろ
 Fッキン、スピリチャル・ブートキャンプよ」
  
とケイト。
さすが我が師匠。的を得た事をいう。
 
ある意味、限界に挑戦する。
体だけじゃない。
心も、挑戦するのだ。
見たくないところも、
それを嫌というほど、踊りにする。
 
「あなたは何を見てるのだ?
 誰を見てるのだ?
 あなたは何をしゃべっているのだ?
 誰に喋っているのだ?」
 
自問自答をしながら
極限に挑む。
 
 
体は全てを知っている。
体を信じて
骨を、肉を、皮膚を!
足を、膝を、腰を、胸を、背骨を、
肩を、腕を、首を、頭を!
  
気持ちいい、をこえてる。
楽しい、をこえてる。
そこをこえて、もうダメだと思ったとき

「ここから自分を信じるのよ。
 びっくりするくらいの自分のそこ力が出てくるから!」
 
火事場の力が出るんだ。
それを毎週出すんだ(笑)
 
それが自分の力の幅を広げる。
 
 
5リズムやってる人なら
これがどのリズムかわかるはず。
 
そう、カオス。
ながいカオス。
クラスがほとんどカオスだった(笑)
 
 
 
とにかく、
もうダメだ!と思ってからが始まり。
それを超えたときにはじめて
勝手に踊っている「ワタシ」が現れる。
まったく脳が働いていない。
 
そうなったとき、
スピリットが動き出しているのだ。
 
ここが、
「アニマルボディ」
すなわち
「人間が動物になったとき」
なんだな。
 
ここが、
「繋がったとき」
なんだな。  
  
このクラスは、そうなるための
マジ、ブートキャンプだった。
 
 
終わった後は、
空っぽ。
 
空っぽは
ちょっとジリジリして
ちょっと怖いけど
とても純真だ。
 
私は今、何にもない
ビー玉の目をしているだろう。
  
「空 - Emptiness」の体現化
 
幸せも不幸せもない空間。
 
なのに、
ああ、なんて幸せなんだ、と思う。

5rhythms_element
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中