ムーン・チャイルド

「これは、、、一体なんだろう?」

美しいメアリーアシュレイ、25歳は始めた。

「ムーンチャイルド、ってスピリットが言ってるわ。
こんな言葉、私も初めて聞いたけど、、、
あなたには子供が二人いるの。
一人は男の子で、一人は女の子よ。
でも、この世界じゃなく、別次元にいるのね。
その二人の子供が、あなたが人を平和にするときに
いつも手伝ってくれるのよ」

私はこう言った。

「それは、私のインナーチャイルドなんじゃないの?
確かに男の子と女の子、一人づついる気がする。
ただ、”気がする” だけなんだけど、

5〜6歳の女の子と、
もう少し年上の男の子。

男の子は、この世界にやってくるのがいやだって言ったわ。
産道を通る前に、膝を抱えて、座ってた。
ちょうどKindleの男の子みたいな感じ。
出て来たくない、って言ってる。
それ、私なのかな、って思ってた。
でも、私が出て来ちゃったものだから、
どこかで背中をぶつけて背中がS字にカーブしてる。

女の子は、オカッパで、いつも泣いてるの。
いやだーー、いやだーー、って泣いてるの。
だから、私はいつもこの世がイヤなの。
本来、何をするのも、イヤなのだと思う。
だって、あっちに居たいんだもの」
  
  
 
メアリーアシュレイはこう言った

「面白い見解ね。それを正直に認めるのはいいことだわ。
 
いつ頃あなたがその子たちと出会ったかはわからないけど
その子たちは別次元から、もうあなたをサポートするくらい大人になってるわ。
今は16歳から20歳くらいよ。

とにかく、あなたは今後ティーチングだけでなく、コンサルティングもしていく。だって、あなたには人の未来を構築する図が見えるからよ。人をどう配置するか、人の特性を生かして人生をデザインしてあげる力があるのよ。だって、あなたお医者さんか、心理学者でしょ?」

え、違う!というと、そういうエネルギーをしているし、過去世というものの定義はまた論点は別として、過去世があるとしたら、それだけのものはもうすでに勉強して身についているのだから、資格がなくても同じこと以上だと言った。

「そしてそれらの能力で旅をする。ニューヨーク。オレゴン。あら、カナダも見えるわ。。。あと、アジアね。日本という限定ではなく、アジア。これは次の5月くらいから。
あなたの役目は、押さえつけられた心を、自由に解き放ってあげることなの。
そしてムーンチャイルドが、皆を平和にするようにあなたをサポートするの。
だからムーンチャイルドを意識して、彼らに来てもらって」
 
 
ほう。。。
 
 
そっか、もっと旅するのか。
 
使いやすいスーツケース、買おうかな。
 
 
 moonchild
 
 
自慢じゃないが、バシャールが自宅に来たことまであるスピ好き歴の私。
メアリーアシュレイのリーディングは、実にナチュラルで面白かった。

=====

というわけで、イキナリですが、
コンサルティング、始めます。

http://www.masayodance.com

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中